FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    狭山美学校においてお客様は神様では無い(ウィンウィン win-winの関係)

    先日民宿狭山美学校で非常に揉めた事象がありまして、
    非常に腹が立っているので、
    改めて民宿狭山美学校の経営方針と言いますか、
    その様な事を公共に向けて書き留めておきます。

    まず私たち狭山美学校ははっきり言いますが、
    「お客様は神様」だと一切考えていません。

    あくまで対等な立場だと考えています。

    むしろそう考えているのであれば、
    こちらから宿泊拒否いたします。

    しかし宿泊業というのは、
    宿泊拒否というのは余程のことがないと、
    できないのですね、
    だから予約しないでください!!!

    先日あった事ですが、
    約一ヶ月前に予約があり、
    その予約内容が大人二名子供二名でした。
    なんとなくのイメージで家族連れなどを想定、
    しかし実際当日に来たのは、
    幼い三名が来たのです。

    私たちもこの様なことは初めてで、
    どうなってるのか混乱したのですが、
    とりあえず部屋へ案内してから、
    それぞれの年齢を確認しました。
    20歳、19歳、12歳という三名でした。

    つまり成人は一名いるものの、
    保護者たる人間が一人もいなかったのです。

    その時点でこの様な事は初めてだったので、
    どう対処するか議論し、
    宿泊をお断りする事にしました。

    その理由は、
    例えば20歳の男性と16歳の女性が宿泊に来て、
    その関係性を証明もできなければ、
    それは淫行などの可能性もあり、
    何かしらの犯罪の可能性もあります。

    しかしこの件で、
    ご予約された方とそれを仲介した、
    booking.comと私達の間で意見の相違がありました。

    私たちとの意見の相違は、
    予約された方も、booking.comも、
    20歳の成人がいるから、
    その20歳が保護者だというわけです。

    しかし私たちは20歳の成人は、
    保護者とは認められないという判断で、
    宿泊を拒否しました。

    正直こんな事、
    黙っている方が楽なんですね。

    しかし私たちは、
    プライドを高く持って、
    民宿を運営しています。

    そして、
    狭山美学校というのは、
    美学者母と哲学者大和の作品であり、
    ただ単なる民宿ではありません。

    私たちの作品を体験していただき、
    美的価値を享受していただく、
    逆に私たちもお客様の喜んだ姿を観て、
    自分たちの存在価値を享受する。

    そう言った(WinWin)の関係こそが、
    私たち民宿狭山美学校の、
    運営方針であり、経営方針です。

    ですので、
    今回揉めたお客様もそうですが、
    「お金払ってるんやから泊まれて当然」
    というメンタリティの方は、
    先にご宿泊をお断りいたします。

    なぜなら私たちは、
    「お金儲け」の為に、
    この場所、
    つまり狭山美学校を運営しているわけではありません。

    狭山美学校という場所は、
    「お互いを尊敬しあい」
    「心のやりとりを行い」、
    お互いがお金以上の価値を、
    お互いが享受できる場としています。

    つまり私たち狭山美学校は、
    ただ「お金を払えば泊まれる」という、
    ただ単なる「宿屋」ではありません。

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/08/19(日) 19:23:14|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    私はなぜ貴方を批判するのだろうか?(批判するエネルギーとは何か?)

    現在朝の4時。
    遊びすぎて一昨日から、
    24時間以上ベットで倒れておりましたwww

    何でもとことんやらないと気がすまない、
    そんな性格の私です。

    そんなこんなで、
    今思いつく事を書く事にしますが、
    私の活動の特徴として、
    「批判」というものがあります。

    私はなぜ他人を批判し、
    なぜそれを言説しているのでしょうか。
    他人のことなんてほっといて、
    自分のやるべき事をやれよって、
    しかし私のやるべきことの一つが、
    「批判」なのです。

    「批判」とは何でしょうか?
    「批判」とはお節介や悪口とは、
    次元の違うものです。

    「批判」とは一般的にネガティブな印象、
    しかし「批判」とは、
    非常にポジティブなものです。

    先に世界の本質を考えてみると、
    「それ」だけで「それ」が、
    「存在」することができません。
    つまり「批判」とは、
    「それ」を存在させるための、
    「それ以外」なんですね。

    そんな前置きから、
    私の「批判」の本質について語ります。

    私は昔からより身近な人を批判してきました。

    身近な人間ほどより強く批判して、
    より厳しい眼差しを持って接してきました。
    それを毛嫌いして、
    私から離れていく人間がほとんどですが、
    私はそんなことは気にせず批判します。

    そもそも批判すること自体に、
    膨大なエネルギーを必要とします。

    そもそもどうでもいい人間を批判するでしょうか?

    答えは「NO」です。

    少なくとも私は、
    どうでもよくないから批判するのです。

    そして私にとってどうでもよくない人間は、
    私の身近な人間です。

    私にとってどうでもいい人間に、
    わざわざ私の時間やエネルギーを、
    そもそも使おうと思いません。

    私が批判するということは、
    それが自分にとって興味がある、
    もっというとそこに「愛」がある。

    私は「批判」というものの根底には、
    絶対的に「愛」がなければならない、
    そういったポリシーを持ち、
    そのポリシーは揺るぎないものです。

    私は「美学者母」と名乗り、
    「愛」を真理として活動しています。

    「愛」とは何でしょうか?

    「甘え」でしょうか?
    「妥協」でしょうか?

    私が展開している「批判」そのものが、

    「愛」そのものなのかもしれません。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/08/18(土) 04:45:46|
    2. 美学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    日本人の先見の明と幼児性(マネタイズできない日本人)

    自分のやっている事を、
    上手くアウトライン化できない人って、
    非常に多いなぁと最近強く感じます。
    特に日本人はアウトライン化、
    つまり概念化することがすごく苦手ですね。

    私はそういった日本人の根本的な原因が、
    「ルールは与えられるもの」という認識に、
    あるのではないかと考えています。

    いきなり話が少しずれますが、
    例えば憲法の問題でも、
    やたらと憲法改正を嫌がる日本人が多いのです。
    これもつまり、
    「ルールは与えられるもの」という思想から、
    憲法改正への嫌悪感の様なものを感じるのだ、
    その様に考えるわけです。

    いわばルールというのは、
    神様の様な存在が与えてくれるもので、
    ルールを創る事は、
    自分たちがやってはいけない事である。
    その様なアプリオリな信念の様な、
    またある種信仰の様なものを感じます。

    こういう振る舞いは、
    人間としては非常に幼稚な振る舞いです。

    子供を観れば明らかですが、
    子供は大人にルールを与えられるだけで、
    それを守るか、
    守らなければ大人に叱られるわけです。

    例えば憲法改正一つとっても、
    私は時代とともに改正する部分は、
    色々とあると思います。
    しかし与えられたルールをひたすら、
    守ろうという姿勢は幼稚的で、
    合理的でない振る舞いだと考えています。

    これは憲法といったものだけにとどまらず。
    ビジネスやテクノロジーでも、
    日本人はルールを創ることが、
    非常に苦手なわけです。

    日本人は特に幼稚な国民ですから、
    何か新しい事を発見するのは、
    他の人々よりも非常に早いのです。

    それはビジネスでもテクノロジーでも、
    色々な事例がありますが、
    ここでは割愛します。

    そして日本人は、
    テクノロジーでもビジネスでも、
    ユニークで新しいものを、
    いち早く発見し、
    それを面白がるのですが、
    面白がった後は、
    飽きてしまって忘れてしまうのです。

    そして、
    大人な人間、
    つまり成熟した西洋の人間に、
    それを世の中を便利にするアイデアとして、
    上手くマネタイズされて、
    日本人は何の旨味もなく、
    指をくわえてそれ観ているだけ、
    それが現状です。

    幼稚性こそが日本人の特性だ、
    そういって肯定することもできますが、
    これからは日本人も、
    社会を変革するダイナミズムを、
    私は持つべきだと考えています。

    この様な事に気づいた、
    または知ってしまったなら、
    自分自身のマインドを変える、
    それがまさに自分自身を成長させる、
    また日本をボトムアップさせる、
    その様な事につながっていきます。

    ではその上で、
    私たちは何をしていけばいいのか?

    それは、
    「ルールは与えられるもの」、
    という思考を変える事です。

    「ルールは自らで創っていくもの」、
    という思考へマインドチェンジを、
    しっかりと根本的に変革するのです。

    日本人は与えられた「条件」で、
    動こうとします。
    それは大きな間違いです。
    まず自らで「条件」を創る、
    つまり「環境」を創る、
    「ルール」そのものを創る。

    今世界中の人々は、
    切磋琢磨し、
    自らの「ルール」を、
    標準化しようと動いています。

    これからの日本人は、
    しっかりと成熟した大人として、

    「ルールは自らで創っていくもの」、

    という事を自覚しなければ、
    どんどんと遅れて衰退していくでしょう。

    今の若者たちに私から一言、

    「ルールは守るな!!ルールは創れ!!」。

    この言葉の意味を深く理解し、
    あなたの人生で実践してください。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/08/15(水) 00:13:49|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    資格や肩書きに依存するクソな奴ら(ブラックジャックによろしく)

    「それで貴方は何ができて、何をしているの?」
    私が昔から色んな人に思うし、直接言ってきた事。
    国家資格然り、民間資格然り、学位然り、師事然り、
    私からすればそんな勲章のようなものどうでもいい、
    それで貴方は何ができて、
    今何をしているのかってのが全てである。

    資格や肩書きを前面に押し出して、
    それでどうかしようとしている奴ほど、
    信じれないものはないし、
    そもそも何もできないし、
    そもそも何も知らない。

    大抵その様なものってのは、
    利権の上に成り立っている。

    日本の自動車運転免許なんてその典型であろう。

    そうは言ってる私は、
    何も資格を持っていないわけでもない、
    業務上必要なものは持っている。

    しかしそんなものは、
    基本的に法律上持っていないといけない、
    これこそ利権そのものであるが、
    仕方なく持っているが、
    それをわざわざこんな資格持ってます!!!
    って自己顕示しようとも、
    微塵も思ったことがない。

    私の持っている資格というのは、
    法律上必要な資格で、
    まだ世の中を収める為の資格と考えれば、
    ある種の必要悪なのかもしれないがだ。

    いわゆる民間資格というものは、
    本当に金儲けの資格、
    つまり「資格ビジネス」である。

    この手の「資格ビジネス」は、
    女性がターゲットになりやすい。

    現在は女性の社会進出とか言われる時代で、
    女性が個人でマネタイズする能力が問われている。
    そんな中で、
    いかにも女性が興味がありそうな。。。
    例えば「色彩」とか「食」とか、
    「心理」とか「手芸」とか、
    そんな冷静に見ると、
    マネタイズできるわけない様な、
    民間資格を作ってその当人、
    つまり、
    マネタイズしたい女性を、
    マネタイズするという、
    非常に悪質な「資格ビジネス」が横行している。

    この手の「資格」なんかに興味がある人に、
    ぜひ私の話に耳を傾けてほしい。
    「資格」、
    特に民間資格というのは全く意味が無い、
    あるとすれば、
    貴方自身がその主催者に癒されるくらいだwww
    そして主催者にお金を上納するだけ。
    それで本気でマネタイズしようと考えているなら、
    いますぐマインドチェンジしよう。

    資格や肩書きという幻想よりも、
    今目の前にある問題を、
    解決する為の知恵や知識を、
    いっぱい吸収してください。
    それは古本屋で100円で売っている本で、
    十分に貴方を次のレベルへ引き上げてくれます。

    私も約40年生きてきて強く思うのですが、
    いざという時に必要な能力は、
    本当に自分に何ができるのか、
    それが一番で唯一の必要な能力です。

    本当に真剣に生きている人なら、
    当たり前に理解できる話なのですが、
    最終的に自分を助けてくれるのは、
    自分自身の実力のみで、
    そういった資格は自分を助けてくれません。

    資格や肩書きは、
    時に貴方を等身大以上の存在として、
    社会にプレゼンテーションしてくれるでしょう。
    しかしそれは幻想です。

    最後の最後にその幻想は、
    貴方自身にとってネガティブにしかなりません。

    資格などはお金を出せば、
    ある意味簡単に貰えるものです。
    しかしそんなハリボテを身にまとっても、
    何の意味もありません。

    日々の能動的な学びの積み重ねは、
    非常に大変な事ですが、
    貴方自身をブラックジャックにしてくれるのは、
    貴方自身の信念と積み重ね以外にありません。

    世の中にそんな簡単なものはないのです。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/08/10(金) 21:38:52|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    出る杭は打たれる。(美学者母の圧力をかけてくる組織や人間への処世術)

    えっと、
    「出る杭は打たれる」。
    これは世の常です。

    私も20年以上アート活動をしていますが、
    色々な場面で色々な圧力を受けてきました。
    まぁ怖いことはよくあることで、
    命の危険さえ感じることもありました。

    そんな経験からも、
    冗談ではなく本気で私は、
    常日頃から、
    「アート活動に命を懸ける」、
    その様に言っています。

    その圧力をかけてくるやつら、
    というのは基本的に、
    既得権益を守ろうとして、
    圧力をかけてくるわけです。

    ですので、
    これはアートに限った話ではなく、
    ビジネスではよくある話で、
    政治や、様々なコミュニティにも、
    その様に圧力をかけてくるやつらはいます。

    これは私に限った話でもなく、
    私の知っている限りでも、
    数多くの圧力を観てきました。

    特にビジネスはお金が絡むので、
    その辺は非常にシビアに、
    圧力をかけてきます。

    例えばお店をオープンさせたら、
    同業他社が圧力をかけてくる。
    つまり商圏が被って、
    取り扱いジャンルも被れば、
    自らの売り上げが、
    オープンさせたお店に持っていかれる、
    これはよくあるパターンですし、
    私も何度となく観てきています。

    アートで言うと、
    私は最先端の批評や評論もしていますから、
    既存のアート関係者には煙たい存在。
    できれば居なくなって欲しい存在なわけです。
    なぜなら、
    そもそものアートのカラクリや、
    アートの嘘や詐欺じみた商法など、
    様々なことを表に出し、
    それを批判します。
    当然既存のアート関係者の、
    既得権益に影響しますから、
    私の存在はネガティブです。

    この様に既得権益者には、
    新しく目立つ人間というのは、
    非常に鬱陶しい存在であり、
    実益を損なう存在なのです。

    ですから、
    様々な手段でその様な存在を、
    潰しにかかってくるわけです。

    そんな世の中を渡っていく、
    処世術みたいなものを伝授しようかと、
    思っていますwww

    やはり社会で自分の看板を背負って、
    さらに突出していこうと思えば、
    この様な処世術というのは、
    必ず必要になってきます。
    悲しいことですが、
    それが現実の世界、
    大人の世界なのです。

    まず古典的で一番わかりやすい方法が、
    「ケツ持ち」という方法です。
    簡単に言えば、
    怖い人が安全を担保するという方法ですwww

    実際に現在の社会でも、
    この様な古典的な方法は多く残っています。
    それはいわゆるヤクザの様な存在でなくても、
    その業界で力を持っている人、
    売り上げのシェアを持っている人、
    権威のある人、
    その存在に自らの安全を担保してもらうわけです。

    しかしこの様な方法は、
    もう古いし、
    そもそも自らの自由が奪われます。

    アート関係でも、
    この「ケツ持ち」にぶら下がっている奴ら、
    つまりアートで言う「ケツ持ち」は、
    「権威」にぶら下がっている奴らのことです。
    まぁ想像しただけでいっぱいいますねwww

    権威者だけあげても、
    「村上隆」「東浩紀」「会田誠」「嶋本昭三」「堀尾貞治」。
    うん、いっぱいおるな。
    怖いわぁ〜www

    と言うかこういう「ケツ持ち」は古い。
    と私は考えています。
    しかし実際この方法は、
    非常に強力で実行力のある方法です。

    では私の処世術は何か?
    と言いますと。

    私の圧力に対する処世術は?

    ズバリ!!!
    「個人メディア」です。

    そう貴方がこうして今読んでいる、
    この様なメディアが、
    私の様々な圧力に対する処世術です。

    現在は個人メディアの時代です。
    マスメディアにも大きな力はありますが、
    個人メディアはそれと同等、
    時にはそれ以上の力を持っています。

    こんな私でも、
    数千人、数万人へ情報を届けることができる時代。
    それは非常に革命的であり、
    また個人の力として非常に有用です。

    個人メディアを甘く観てはいけない時代です。
    現在は個人メディアの発信で、
    企業が潰れ、政治家が失脚する時代です。

    私はコツコツとこの様な、
    個人メディアを育ててきました。
    そのおかげで多数のフォロワーがいます。

    その数というのも、
    言ってみれば私の安全を担保するもので、
    私に少しでも圧力をかけてくれば、
    私はすぐさま個人メディアでそれを発信します。

    これは大きな圧力への対抗の力です。

    やはり若い皆さんに知ってもらいたいのは、
    何かで目立つと必ず潰しにくる大人がいます。
    「出る杭は打たれる」のです。

    だからできるだけ、
    自分の個人メディアを育てておきましょう。
    貴方の発言力が、
    貴方自身の身を守るすべになるでしょう。

    そして世界を一緒に変えていきましょう!!!

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/08/08(水) 18:55:37|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (255)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (28)
      美学 (5)
      美学・哲学 (51)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (25)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.