machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    アートのある場所、近代美術は美術館、現代美術は市場。量子論美術、芸術派生のある場所は・・・(次代のアートのある場所)

    マルクス・ガブリエルの、
    「なぜ世界は存在しないのか」、
    というものを改めて実感したのは最近、
    世間的にも天才と言われている二人の議論を見て、
    やはり「世界は存在しないのだ」と実感した。

    それはその天才二人の議論が全く噛み合わないからである。

    その上で私はこの二人がなぜこんなにも、
    議論が噛み合わないのか、
    明確に理解することができるのです。
    私は天才ではないわけですが、
    この様な横断的認知という能力が、
    自分でもある様に考えています。

    この二人の言っていることは、
    どちらとも全く正しいことを言っていますが、
    アンチノミーを起こしてしまうのです、
    実は物事の真理とは、
    このアンチノミーこそが真理なのです。

    科学的言えば「自発的対称性の破れ」とも、
    捉えることができるのではないでしょうか。

    つまり人間の概念世界というのは、
    「つじつま合わせの世界」であるという事です。
    その様な論理からいうと、
    私たちの概念世界こそが虚像であり、
    概念世界では捉えられない世界が真理である。
    その様な事になるわけです。

    つまり概念世界では捉えられないものが、
    「真理」であるならば、
    人間は真理を捉えることができません。

    そして「世界」というものが、
    「真理」の現れであるのであれば、
    それは「世界は存在しない」、
    その様にも言えるという事です。

    という事でこの辺から本題の、
    アートのある場所という話をしていくわけですが、
    それもこの前述した論考と関係の深い事なので、
    その辺も考慮して読んでください。

    まず「アートのある場所」というのは、
    全く恒久的なものではないわけです。
    それは美術史的な起源的アートもそうですが、
    「アートのある場所」というのは、
    常に変化してきています。

    古典で言えば「権威」、
    近代で言えば「美術館」、
    現代で言えば「市場」、

    そして私が今取り組んでいる、
    ポスト現代アート、ポスト現代美術の概念。
    「量子論美術」「芸術派生」、
    これらの「アートのある場所」はというと、
    これは「情報空間」である。
    その様に考えています。

    これはアートに限った話ではなく、
    必ずアートは社会システムと同期します。
    ですから、

    古典は「権威」(貴族的社会)
    近代は「美術館」(公共的社会)
    現代は「市場」(資本的社会)
    量子論美術、芸術派生は「情報空間」(分散型社会)

    この様に私は定義づけています。

    そしてアートはいつの時代も、
    造形を使って真理にたどり着こうとする行為です。

    しかしこれらは冒頭にも記述した通り、
    アンチノミーな振る舞いなのです。

    それは、
    造形という虚像を通して、
    造形では表層できない真理を、
    造形で表層させる。

    この様なアンチノミーな振る舞いそのものが、
    実は真理であるということを理解することが重要です。

    そしてそれは、
    社会的構造、社会システムなどが変化すれば、
    それを表層させるための造形、
    もっと言えばマテリアルは変化する。
    その社会的構造や、社会システムの、
    変化に合わせて表層が変化しなければ、
    その真理は浮かび上がってこないということです。

    ここまで長々とお話ししましたが、
    簡単に言えば、
    ポスト現代アート、ポスト現代美術である、
    量子論美術や芸術派生のある場所は、
    「情報空間」である。

    その様な事を今回はお伝えしたかったわけです。

    それでは皆さん次回お楽しみに!!!

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/05/21(月) 16:50:32|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    芸術でビジネスをするという新しい芸術家論(芸術派生宣言から)

    以前にも書いた問題ですが、
    芸術とビジネスというのは、
    非常に相性の悪いものなわけです。

    なぜなら芸術とは人間そのものである、
    私の美学から言いますと、
    「美とは愛であり 愛とは人である」
    愛とは人間にしかないものであると、
    私は考えていますので、
    その上で芸術とは人間そのものである。
    その様な事を述べているわけです。

    つまり美術という造形芸術を、
    ビジネスとして考えた時に、
    まず作品そのものを販売する。
    その様な事を考えるわけですが、
    それはある種、
    我自身を売り飛ばすのと同様の事なのです。

    特に感傷的である日本人は、
    その様なドラスティックで、
    定量的な評価を嫌う節があります。

    つまり日本人にとって、
    芸術を売買するという事自体に、
    強い嫌悪感を持っており、
    それは魂を売る様な事であり、
    特に、
    資本主義をベースにした現代アート、
    現代美術などは未だに普及しないのも、
    その様な独特な感傷的性質が強いからです。

    そんな中で私も長い間色々と考えてきたわけです。

    純粋芸術としてのアート。(造形芸術)
    資本主義をベースとしたアート。(現代アート、現代美術)

    現在生きて活動している芸術家は、
    この現状をなんとか乗り越えていかなければならない。
    その様な根拠の無い強い使命感を抱いていたわけです。

    そんな中で私が発明したのが、
    「芸術派生」(デリバティブアート)。
    という概念です。

    そもそも、
    人間の他の営みを考えてみると理解できるのですが、
    それぞれの人間の根源的営みは、
    それぞれビジネスとして派生しているのです。
    それは具体的に、

    第一次産業、
    第二次産業、
    第三次産業 、

    しかし芸術、
    特に純粋芸術は、
    まだ第一次産業で止まっているままである。
    私はその事に気づき、
    強い違和感を抱いたのです。

    そしてそれと同時に哲学的な考察も加え、
    現在において造形芸術を、
    純粋芸術たらしめるには、
    造形芸術を第一次産業から解放する。
    それが絶対的に必要であると認識しました。

    それはビジネスとして、
    第一次産業を抜け出す事で、
    芸術そのものの価値を無効化し、
    派生的価値へシフトする事で、
    価値というドグマから抜け出した、
    純粋芸術は、
    やっと本来あるべき純粋芸術を、
    再度獲得できる。

    これは私の考えた、
    純粋芸術再興の提案なのです。

    しかしこの私の提案は、
    非常にレベルの高い新しい芸術家を求めます。
    それはビジネスには定量的な尺度が必要だからです。
    定量的な尺度がなければ、
    多くの人々を納得させることはできません。

    その定量的な尺度ができれば、
    ビジネスとしての大きな間口が広がります。

    ビジネスとしての大きな間口ができれば、
    やっとそこで芸術派生として価値を創造し、
    純粋芸術は再興されるのです。

    今私が具体的なアクションとして、
    狭山美学校というものを運営しています。
    現在のメインの事業は民宿です。

    民宿という大きな間口を創り、
    純粋芸術を体験してもらうレトリックです。

    現在私が日本を見渡し、
    この様な活動を行なっている芸術家は、
    チームラボ位だと考えています。

    基本的なスタンスとして、
    私はチームラボに否定的です。
    それは芸術構造を理解していないからです。

    しかし芸術派生という文脈では、
    非常に評価できると考えています。

    もう純粋芸術の第一次産業は終わりの時代です。
    私たちは芸術派生として、
    新しい価値を創造し、
    純粋芸術の再興を実現しなければならない、
    そう強く考えています。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/05/09(水) 00:24:31|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    私は芸術全般を論理的に理解している。だからダンスも映画も、造形も音楽もファッション、全て批評できる。(今こそ批評性が大切な時代)

    最近の創造者というのは、
    批評される事が非常に少ないのだと思います。
    仲間内や一定のコミュニティの中で、
    持ち上げあいながら、
    全く良くないものが評価され、
    それを無自覚に受け入れている。

    それは良い面もあれば悪い面もあり、
    一概に悪いとは言い難いわけです。
    それはそう言った事実で、
    経済が回ってしまうので、
    一つの形態として機能します。

    しかしそれは、
    もうそれ以上の者になれないというのが、
    一番問題点だと私は考えています。

    それは創造者たる者、
    概念的アウトラインをいかに広げていくか、
    それが創造者たる所以だと考えているからです。

    世界を限定して、
    小さい世界で生きていくのは、
    私は創造者とは呼びません。

    どんな世界にも内向きの世界というのはあります。
    特に私が生まれ育った大阪府岸和田市などは、
    小さな村社会で色々なものが回っていますから、
    それは当然ビジネスやクリエイティブでも同じです。

    いわゆるマイルドヤンキーな世界で、
    スクールカーストが大人になっても有効です。
    つまり、
    小学校、中学校、高校などで、
    人気がありリーダー的な人間は、
    そのまま大人の世界の権力者となるわけです。

    そして、
    岸和田などの地元で、
    色々な活動やビジネスをやっていこうと思えば、
    それなりのスクールカーストの上位者との繋がり、
    また世代間の人脈などで、
    その人の価値は決まってきます。
    それはその人の実力とは無関係に、
    その仕組みがその人のある意味価値を決めるのです。

    この様なコミュニティの仕組みは、
    私はあらゆるジャンルで観てきました。
    ファッション、音楽、アート。

    言ってみればどこも同じ様な構造で、

    実力とは関係なく、
    コネや人脈が一番大切な力です。

    私はその様な事が根っから大嫌いなわけです。
    その様な部分でも、
    私は自分自身の地元である、
    岸和田というコミュニティからは、
    あえて距離を置いて活動しているのも事実です。

    コネや人脈とか糞だと考えているからです。

    実力や才能があるものがちゃんと評価されるべきです。

    私にはそんな根底があるからこそ、
    「批評」という、
    ある一定の尺度を持って客観的に評価する。
    その様な行為を大切にしてきました。

    その上で、
    やはり今まさに批評というものが、
    とても大切だと再認識しているわけです。

    現代はインターネットで色々な表現を、
    写真や動画で観る事が可能です。
    以前ではそのコミュニティで止まっていたものも、
    多くの人に観られてしまう状態なのです。

    先日、弾き語りの前で、
    コンテンポラリーダンスをしている映像が、
    Facebookに流れてきました。

    僕は20年以上コンテンポラリーダンスが好きで、
    長い間観てきていますが。
    とてもじゃないですが、
    語れるレベルにありません。

    しかしFacebookで皆んなに絶賛されている。

    この様な光景は、
    音楽、ダンス、映像、絵画、写真、
    あらゆるもので見受けられます。

    これが小さなコミュニティの「痛さ」です。

    身内に絶賛されて満足している人たちです。

    インターネット時代にこういう人達が増殖しています。

    このインターネット時代だからこそ、
    やはり批評というものが非常に必要な時代だと、
    最近とても強く感じています。

    私はアートを専門としていますが、
    芸術全般を批評する事ができます。
    それは芸術構造というのは、
    造形、音、映像、ダンス、等、
    その構造は芸術構造としては、
    同じ構造を有しているからです。

    例えば僕はファッションの、
    コム・デ・ギャルソンの批評をする事もできるし、

    日本語ラップの、
    ZORNを批評する事もできる。

    コンテンポラリーダンスなら、
    ピナ・バウシュを批評できるし、

    映画なら、
    タル・ベーラも批評できる。

    私はこれらを一つの構造として、
    論理的に説明する事ができます。

    先のFacebookのダンサーの話に戻りますが、
    もしあなたが創造者なのに、
    批判されずに、
    身内に持ち上げられているだけの人だとするなら、
    それは非常に不幸な事だと思います。

    それはあなたを批判的に捉え、
    何がダメで何を良くすればもっと良くなるのか、
    その様な言葉をくれる人が絶対的に必要だという事。

    今回は先述したFacebookのダンスを観て、
    あまりにも寂しく感じた、
    悲壮感が半端なかったので、
    この様な文章を書かせていただきました!!!

    それではっ。

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/05/03(木) 16:46:37|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アートの文脈や理屈とか関係なく自由に表現したい、とか言ってホワイトキューブで展覧会とかしてるやつ、マジ救いようがないって話

    少なくとも、
    今のアートを日本人は早く理解しないといけないし、
    今からアートを志す人は絶対に理解しとくべきな事。

    それは現代アートは文脈や理屈だという事ね。

    すごく基本的な事を言うと、
    現代アートは資産として考えられているわけです。
    つまり資産には価値があるので、
    その価値はある一定の尺度で測られなければならない。
    それが現代アートの文脈やロジックで、
    現代アートの価値というのは、
    その構造や理論、文脈そのものが価値担保になっています。

    その上で今日本でいう現代アート、
    それは僕も含めて現代アートではないという事です。

    それはそもそも市場原理に基づく、
    アートマーケットにのっていないからです。
    いわゆる現代アートとは資産価値がなければ、
    現代アートではないのです。
    それは資本主義をベースにしたアートには、
    自明なのです。

    でも日本では色々な場所で現代アート、
    現代アート、現代美術とか聞きますが、
    それは欧米の現代アートの作品構造を真似ている、
    それだけに過ぎず、
    本来アートマーケットで、
    市場原理に基づいて取引されていないものを、
    現代アートや現代美術と呼ぶのはナンセンスなのです。

    その根底には、
    日本にはアートを資産と認識する素地がないので、
    今のような矛盾する現象が起こっています。

    アートを売買する素地が無い日本だけれども、
    欧米の現代アートのフォームは輸入されている。
    そのようなフォームに則って作品を創る、
    ですので、
    僕も含めてアートマーケットで取引されていなくても、
    現代アートや現代美術と名乗るしか、
    方法がないという、
    なんとも腐った日本アートの現状です。

    という事で、
    僕たちが何を言おうが、
    アートというのは、
    欧米のものであり、
    そのフォームに則り作品を創作するわけです。

    が、そんな基本的な事さえ理解されていない、
    アーティストがゴロゴロといるわけです。

    Facebookなどでよく聞く事なのですが、
    この様にアートを文脈や理屈で考える事を、
    やたらと否定する人が多いわけです。
    「私は文脈とか理屈にとらわれない」
    「文脈とか理屈より大切なものがアートにはある!!!」
    とかね、よく言ってるわけですwww

    それで写真とか見ると、
    ホワイトキューブで普通に展覧会してるわけです。

    ん?ホワイトキューブの意味知ってるのか?
    ホワイトキューブ自体、
    西洋美術の文脈の大きな意味だぞwww

    お前は気づいていないが、
    もうすでに西洋のアートの文脈、フォームだぞ。。。

    本当に「無知」とは怖いのですよね。

    そもそも西洋の文脈や理屈から自由になろうとすれば、
    少なくとも、
    西洋の文脈や理屈を理解していなければならない。

    そんな事さえも知らないで、
    「私は文脈とか理屈にとらわれない」
    「文脈とか理屈より大切なものがアートにはある!!!」
    ってのは身の程知らずでしかない。

    やはり自由になるには「知性」が必要です、
    「教養」が必要です。

    それをわきまえず「自由」を叫ぶのは、
    「救いようのないバカ」

    この様にもう長い間アートの啓蒙活動してますが、
    全く理解が進みません。

    まだまだ地道な努力を続けていくしかありません。

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/04/29(日) 14:57:33|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アートとビジネス、この二つのバランス感覚(アート系民宿創発の現場から)

    アートとビジネスというと、
    これ非常に難しい問題であり、
    両立が困難であることが自明なのですね。

    それはアートが、
    超個人的な欲動であり、
    超個人的なニーズであるわけです。
    まぁある種の自慰行為。

    そしてビジネスというのは、
    あくまで対象者がおり、
    個人的な欲動を無視する事と引き換えに、
    相手のニーズを満たす事を、
    お金と引き換えに行う。
    つまり社会的ニーズでもあるわけで、
    これは性交的で、
    特に売春に近いと言えます。

    これは理解しやすい様に、
    マスターベーションとプロスティテュート。
    極端に分断しています。
    まぁそれくらい次元が違う話なわけです。

    単純に次元が違う事を、
    一人の中で同時進行させると、
    必ず大きな矛盾が生じますので、
    なかなか続けていく事自体難しいし、
    アートとビジネスを上手くできた、
    著名な芸術家をほとんど知りません。

    しかし、
    科学者や哲学者と芸術家を同時進行で、
    成功させた芸術家というのは、
    わりとたくさんいるのではないかと思います。

    ですからビジネスというのは、
    アートとは全く違う次元のものなんです。

    その上で、
    「アートとビジネスのバランス感覚」を、
    考察していこうと思うわけですが、
    ここでいうアートとビジネスというのは、
    アーティスト本人がビジネスを手がける、
    その様な意味で話していきますので、
    どうぞご理解ください。

    まずアートのビジネスを考える上で、
    「アートの価値」を考えなくてはなりません。

    そもそも西洋美術史上、
    宗教的偶像や権威の象徴など、
    その造形自体に価値をみていた時代が、
    アートの価値として古典だと考えます。
    つまりアートそのものに価値をみていた時代です。

    その様な時代がアートにとって長く続くわけですが、
    テクノロジーの進歩とともに、
    アートそのものに価値を見出せなくなってきた、
    そして産業革命や資本主義経済が進み、
    アートの副次的価値の時代が、
    いわゆる「現代アート」なわけです。

    これはアートを「資産」として扱い、
    資本をベースにした「資産価値」として、
    アートに価値をみている時代です。

    これは簡単にいうと、
    アートを「金塊」の様に扱っています。

    これが今、
    現在取り扱われている「アートの価値」です。

    その上で今私は何を考えているのかというと、
    この「現代アート」の次の時代を考えているわけです。
    つまり「ポスト現代アート」「ポスト現代美術」。
    そしてポスト現代アート、ポスト現代美術を考える上で、
    アートの価値というものを再定義しなければなりません、
    そこで考えたのが「デリバティブアート」という概念です。

    これは金融派生などをいう「デリバティブ」から、
    ヒントを得たものです。

    つまり芸術派生を意味する「デリバティブアート」、
    という意味になります。

    これは何を意図しているかというと、
    アートの実態そのものに価値をみないという考えです。
    今までの私のアート活動の総括にもなるのですが、
    私は「宣言」をアート作品にしてきた事からも、
    私がなぜ「デリバティブアート」を展開するのか、
    その様な振る舞いも理解できると思います。

    もっと踏み込んだ話をすると、
    「アートによるアート外への影響」。
    その様なものにフォーカスする時代だと考えていて、
    私たちが展開する「狭山美学校」というものも、
    それにあたると考え運営しています。

    これはどういう事かというと、
    アートというアウトラインをとる事で、
    アートというアウトライン以外へ、
    インパクトを与えるという事なのです。

    これは例えば、
    民宿狭山美学校というコンフォートゾーンを設け、
    そこに展開しているアートを、
    無意識に体験してもらう事につながります。

    これは言ってしまえば、
    「アート」という実態を放棄する事に他なりません。

    「アートそのものまたは副次的価値を放棄する事により、
    アートによる派生的価値を見いだす」、

    その様な行為に他ならないのです。

    ここで題目の話に戻っていきますが、
    つまり従来はアートそのものとビジネスの、
    ある種の同期を考えたが、
    それは非常に困難であったわけです。

    しかし私は、
    そもそもそのアートを派生的に捉え、
    アートそのものの価値を放棄する事で、
    新たなアートの派生的価値を見出し、
    アートの派生的ビジネス展開で、
    アートとビジネスの同期を可能にしたのです。

    今後この様な考えが広がると考えていますし、
    私たちの考えが、
    アートとビジネスを考える上での、
    ロールモデルになると確信しています。

    そして遂に「デリバティブアートの時代」がくるのです。

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/04/24(火) 16:54:20|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (227)
      映画 (4)
      アート (58)
      日常 (21)
      美学 (4)
      美学・哲学 (43)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (25)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.