machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    アートのある場所、近代美術は美術館、現代美術は市場。量子論美術、芸術派生のある場所は・・・(次代のアートのある場所)

    マルクス・ガブリエルの、
    「なぜ世界は存在しないのか」、
    というものを改めて実感したのは最近、
    世間的にも天才と言われている二人の議論を見て、
    やはり「世界は存在しないのだ」と実感した。

    それはその天才二人の議論が全く噛み合わないからである。

    その上で私はこの二人がなぜこんなにも、
    議論が噛み合わないのか、
    明確に理解することができるのです。
    私は天才ではないわけですが、
    この様な横断的認知という能力が、
    自分でもある様に考えています。

    この二人の言っていることは、
    どちらとも全く正しいことを言っていますが、
    アンチノミーを起こしてしまうのです、
    実は物事の真理とは、
    このアンチノミーこそが真理なのです。

    科学的言えば「自発的対称性の破れ」とも、
    捉えることができるのではないでしょうか。

    つまり人間の概念世界というのは、
    「つじつま合わせの世界」であるという事です。
    その様な論理からいうと、
    私たちの概念世界こそが虚像であり、
    概念世界では捉えられない世界が真理である。
    その様な事になるわけです。

    つまり概念世界では捉えられないものが、
    「真理」であるならば、
    人間は真理を捉えることができません。

    そして「世界」というものが、
    「真理」の現れであるのであれば、
    それは「世界は存在しない」、
    その様にも言えるという事です。

    という事でこの辺から本題の、
    アートのある場所という話をしていくわけですが、
    それもこの前述した論考と関係の深い事なので、
    その辺も考慮して読んでください。

    まず「アートのある場所」というのは、
    全く恒久的なものではないわけです。
    それは美術史的な起源的アートもそうですが、
    「アートのある場所」というのは、
    常に変化してきています。

    古典で言えば「権威」、
    近代で言えば「美術館」、
    現代で言えば「市場」、

    そして私が今取り組んでいる、
    ポスト現代アート、ポスト現代美術の概念。
    「量子論美術」「芸術派生」、
    これらの「アートのある場所」はというと、
    これは「情報空間」である。
    その様に考えています。

    これはアートに限った話ではなく、
    必ずアートは社会システムと同期します。
    ですから、

    古典は「権威」(貴族的社会)
    近代は「美術館」(公共的社会)
    現代は「市場」(資本的社会)
    量子論美術、芸術派生は「情報空間」(分散型社会)

    この様に私は定義づけています。

    そしてアートはいつの時代も、
    造形を使って真理にたどり着こうとする行為です。

    しかしこれらは冒頭にも記述した通り、
    アンチノミーな振る舞いなのです。

    それは、
    造形という虚像を通して、
    造形では表層できない真理を、
    造形で表層させる。

    この様なアンチノミーな振る舞いそのものが、
    実は真理であるということを理解することが重要です。

    そしてそれは、
    社会的構造、社会システムなどが変化すれば、
    それを表層させるための造形、
    もっと言えばマテリアルは変化する。
    その社会的構造や、社会システムの、
    変化に合わせて表層が変化しなければ、
    その真理は浮かび上がってこないということです。

    ここまで長々とお話ししましたが、
    簡単に言えば、
    ポスト現代アート、ポスト現代美術である、
    量子論美術や芸術派生のある場所は、
    「情報空間」である。

    その様な事を今回はお伝えしたかったわけです。

    それでは皆さん次回お楽しみに!!!

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/05/21(月) 16:50:32|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アートとビジネス、この二つのバランス感覚(アート系民宿創発の現場から)

    アートとビジネスというと、
    これ非常に難しい問題であり、
    両立が困難であることが自明なのですね。

    それはアートが、
    超個人的な欲動であり、
    超個人的なニーズであるわけです。
    まぁある種の自慰行為。

    そしてビジネスというのは、
    あくまで対象者がおり、
    個人的な欲動を無視する事と引き換えに、
    相手のニーズを満たす事を、
    お金と引き換えに行う。
    つまり社会的ニーズでもあるわけで、
    これは性交的で、
    特に売春に近いと言えます。

    これは理解しやすい様に、
    マスターベーションとプロスティテュート。
    極端に分断しています。
    まぁそれくらい次元が違う話なわけです。

    単純に次元が違う事を、
    一人の中で同時進行させると、
    必ず大きな矛盾が生じますので、
    なかなか続けていく事自体難しいし、
    アートとビジネスを上手くできた、
    著名な芸術家をほとんど知りません。

    しかし、
    科学者や哲学者と芸術家を同時進行で、
    成功させた芸術家というのは、
    わりとたくさんいるのではないかと思います。

    ですからビジネスというのは、
    アートとは全く違う次元のものなんです。

    その上で、
    「アートとビジネスのバランス感覚」を、
    考察していこうと思うわけですが、
    ここでいうアートとビジネスというのは、
    アーティスト本人がビジネスを手がける、
    その様な意味で話していきますので、
    どうぞご理解ください。

    まずアートのビジネスを考える上で、
    「アートの価値」を考えなくてはなりません。

    そもそも西洋美術史上、
    宗教的偶像や権威の象徴など、
    その造形自体に価値をみていた時代が、
    アートの価値として古典だと考えます。
    つまりアートそのものに価値をみていた時代です。

    その様な時代がアートにとって長く続くわけですが、
    テクノロジーの進歩とともに、
    アートそのものに価値を見出せなくなってきた、
    そして産業革命や資本主義経済が進み、
    アートの副次的価値の時代が、
    いわゆる「現代アート」なわけです。

    これはアートを「資産」として扱い、
    資本をベースにした「資産価値」として、
    アートに価値をみている時代です。

    これは簡単にいうと、
    アートを「金塊」の様に扱っています。

    これが今、
    現在取り扱われている「アートの価値」です。

    その上で今私は何を考えているのかというと、
    この「現代アート」の次の時代を考えているわけです。
    つまり「ポスト現代アート」「ポスト現代美術」。
    そしてポスト現代アート、ポスト現代美術を考える上で、
    アートの価値というものを再定義しなければなりません、
    そこで考えたのが「デリバティブアート」という概念です。

    これは金融派生などをいう「デリバティブ」から、
    ヒントを得たものです。

    つまり芸術派生を意味する「デリバティブアート」、
    という意味になります。

    これは何を意図しているかというと、
    アートの実態そのものに価値をみないという考えです。
    今までの私のアート活動の総括にもなるのですが、
    私は「宣言」をアート作品にしてきた事からも、
    私がなぜ「デリバティブアート」を展開するのか、
    その様な振る舞いも理解できると思います。

    もっと踏み込んだ話をすると、
    「アートによるアート外への影響」。
    その様なものにフォーカスする時代だと考えていて、
    私たちが展開する「狭山美学校」というものも、
    それにあたると考え運営しています。

    これはどういう事かというと、
    アートというアウトラインをとる事で、
    アートというアウトライン以外へ、
    インパクトを与えるという事なのです。

    これは例えば、
    民宿狭山美学校というコンフォートゾーンを設け、
    そこに展開しているアートを、
    無意識に体験してもらう事につながります。

    これは言ってしまえば、
    「アート」という実態を放棄する事に他なりません。

    「アートそのものまたは副次的価値を放棄する事により、
    アートによる派生的価値を見いだす」、

    その様な行為に他ならないのです。

    ここで題目の話に戻っていきますが、
    つまり従来はアートそのものとビジネスの、
    ある種の同期を考えたが、
    それは非常に困難であったわけです。

    しかし私は、
    そもそもそのアートを派生的に捉え、
    アートそのものの価値を放棄する事で、
    新たなアートの派生的価値を見出し、
    アートの派生的ビジネス展開で、
    アートとビジネスの同期を可能にしたのです。

    今後この様な考えが広がると考えていますし、
    私たちの考えが、
    アートとビジネスを考える上での、
    ロールモデルになると確信しています。

    そして遂に「デリバティブアートの時代」がくるのです。

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/04/24(火) 16:54:20|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アートコミュニティが新興宗教化する理由(反論できないグルに従うな)

    どうもぉ〜、
    狭山美学校フロント係の美学者母です。
    狭山美学校に電話いただければ、
    いつでもご対応いたします!!!
    「ざやばびがつごうです!!!」

    という事で、
    アート界隈ではよくある事を、
    改めて「キモチワルイ」と言いたくなって、
    この文章を書きますねっ。

    最近狭山美学校の近くのギャラリー?に、
    一度は見に行っとかなぁあかんなぁ〜、
    と行ってきたんですが、
    新興宗教感がすごかったので、
    改めてその辺の論考を書こう!!!
    となりましたwww

    僕の知っている限りでも
    様々なアートコミュニティは新興宗教化しています。

    東京でも大阪でもねぇ。。。

    例えば大阪なら、具体美術関係の作家さんwww
    嶋本さん、堀尾さん、
    嶋本さんは亡くなられたのであれですが。

    東京だったら会田さん、

    あとここまで有名じゃなくても、
    大阪や東京の貸しギャラリーのオーナー、
    特に作家のオーナーは宗教化しますね。

    この様な点を簡単に分析していきますね。

    まずアートというのは非常に理解しがたい、
    理解しようとするとますますわからなくなるし、
    「何がアート?で」「何がアート?ではない」、
    これが実は明確に定義されていないわけですね。

    ここで桜の標準木の様な存在が必要なわけです。
    この桜の花びらが五輪咲いたから「開花」です!!!
    みたいなアートにとって明らかな存在が必要なわけです。

    それが有名なアーティストのコミュニティに入る事や、
    その地域のギャラリーで展覧会をする事、
    またそのコミュニティに属する事。

    そんな事が「アート」を定義づけるものになっています。

    もう少し前の時代だと、
    いわゆる「公募団体」などがその役割を担っていて、
    会友になって会員を目指すぞぉ〜!!!みたいなwww

    つまりアーティストというのは、
    基本的に頭が悪いので、
    自分で「アート」を定義づけられないわけです。

    そこで、
    もうアートというものをすでに定義づけられているモノの、
    アーキテクチャに存在する事で、
    自らも「アート」であることを社会に示すわけです。

    そして社会は、
    そのアーキテクチャを見て、
    「アート」なんだぁって納得するというスキームなのです。

    ですから現代のアーティストというのは、
    非常に社交的であることが有利に働きます。
    いろんな人と交流して、
    いろんな場所に行って、
    いろんな人脈を作って、
    なんなら意味のわからん高額な作品を購入してwww
    う?なんか?MLMのスキームに似てきたぞwww

    つまり私がここで何が言いたいかというと、
    「アートの定義」がうやむやにされていることで、
    この様な弊害が日本のアートには顕著にでている、
    その様なことを言いたいわけです。

    つまり自分を「アート」として定義してくれたものを、
    そもそも批判できないというのが一番問題なのです。

    これはその権威者なりが「グル」化して、
    その「グル」が「アートマン」になり、
    完全なる「洗脳」状態へと導くスキームなのです。

    これは完全に新興宗教と同じスキームです。

    これは少し複雑なロジックなので、
    スルーしていただいても結構ですが、

    つまり現在の「アートコミュニティ」は、
    「新興宗教」と同じスキームだということです。

    そしてそのスキームが間違っている理由は、
    その権威者(グル)に、
    反論や批判ができないということです。
    つまり「盲信」するということです。

    なぜ反論や批判ができないのか、
    それはもはやアートマンだからなのですね。

    このアートマンに対する論考も、
    次回以降書きたいと思っています。

    その上でアーティストには「教養」が必要なのです。
    つまり「人を自由にする学問」が必要です。
    何かにとらわれることなく、
    自由を獲得するにはやはり知性が必要なのです。

    反論や批判できる知性です。

    私の場合、
    自分で自分のアートを定義できる力があります。
    それは非常に自由です。
    どこかの権威者の信者にもならず、
    コミュニティにも属さず、
    利害関係もなく、
    反論や批判も行なっています。

    ちなみに誤解されやすいですが、
    反論や批判というのは、
    知性的なコミュニケーションです。

    否定や侮辱とは全く違うわけですね。

    そういえば少し話は変わりますが、
    今私自身の弟子的な方を探しているんですね。
    でもそれは私がグルやアートマンになるのではなく、
    しっかりとその様な作法を教えたいのです。

    私に対しての反論や批判は歓迎ですし、
    共に考えていく同志ともいえます。

    私がこの言説を通して一番言いたかったこと、
    あなたが一人の独立したアーティストなら、
    まず一番尊敬する人間に、
    反論し批判しなさい。

    そしてあなたがなぜ「アート」なのかを、
    自問自答し、
    自分で自分の「アート」を定義しなさい。

    もしあなたが尊敬している人に対して、
    「反論」も「批判」もできないのなら、
    今すぐその人から離れてください。

    アーティストであるなら、
    常にインディペンデントであることを優先させるべきです。

    最後に、

    反論できないグルに従うな!!!

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/04/18(水) 14:11:05|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    デリバティブアート宣言(芸術派生宣言)" Art Derived Declaration"

    「デリバティブアート宣言(芸術派生宣言)」

    もう芸術に実態は必要無いのである。
    それは美術において造形を否定する事に他なら無い。

    なぜ美術に造形が必要無いのだろうか、
    それは美術において造形が本質では無いからである。

    私たちは概念的差分により芸術を体験するのであって、
    美術における造形はその差分を生み出す装置にすぎず、
    その装置が造形である必要は全く無いのである。

    それは現代美術をみてもあきらかであり、
    インスタレーションアートの登場はそれを確立したのである。

    インスタレーションアートは空間と造形の関係性を、
    明らかに芸術として提示する表現方法である。

    しかしデリバティブアートは、
    そもそも物理空間的アーキテクチャ、ゲシュタルトを否定し、
    情報空間的アーキテクチャ、ゲシュタルトのみを肯定する。

    デリバティブアートは芸術を情報空間のみに集約しようとする企てある。

    では私たちはその芸術を一体どう体験できるのだろうか、
    それは情報空間と物理空間を媒介するあらゆるデバイスを通し、
    私たちは芸術を今までの次元とは違う次元で体験するのだ。

    私たちはもう芸術を芸術として体験でき無いのである。

    デリバティブアートは芸術が終わった後の、
    情報空間のみで体験する概念的差分を新たに定義する事に成功したのだ。

    物理空間の芸術と呼ばれるモノは終焉を迎え、
    情報空間のデリバティブアートが創造されたのである。

    美学者母
    2018年4月14日



    " Art Derived Declaration"

    The entity is no longer necessary for art.
    It is nothing but to deny molding in art(It is nothing but to negate shaping in art.)

    Why do not arts need shaping?
    Because it is not essential element in art.

    We experience art through conceptual differences,
    Shaping in art is merely a device that creates that difference,
    There is not at all need that the device is the shape.

    Even if you see contemporary art, that is clear.
    The appearance of installation art has established that.

    Installation art is a way of expressing the relationship between space and modeling clearly as art.

    However, Art derivative originally denies the physical space architecture, gestalt, affirmes only infosphere architecture,gestalt.

    Art derivative is an attempt to consolidate art into infosphere only.

    So, how can we experience that art?
    We experience art in a dimension different from the previous dimension through all devices that mediate infosphere and physical space.

    We can not experience art as art anymore.

    Art derivative has succeeded in newly defining that conceptual difference that be experienced only in infosphere after the art has ended.
    The physical art is ended,
    art derivative of infosphere was created.

    Mama
    Translator Naoko Yamato
    April 14, 2018

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/04/14(土) 21:43:46|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    馬鹿な質問は軽蔑します

    私に対し「貴方は何をしている人ですか?」
    と聞いてくる方が多いですが、
    私が何をしているのか考察し、
    自らで解釈してから、
    「私は貴方をこう考えるが、どうですか?」
    と質問するのが作法ではないでしょうか。
    私に対し「貴方は何をしている人ですか?」
    と質問して来た時点で、
    僕はその人を軽蔑し馬鹿だと認識します。

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/01/21(日) 17:58:31|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (227)
      映画 (4)
      アート (58)
      日常 (21)
      美学 (4)
      美学・哲学 (43)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (25)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.