FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    インターネットが重層化されはじめている。インターネットでの歴史の創発。(インターネット史、インターネット美術史のはじまり)

    この10年余り、
    私はインターネットにおける、
    アートの可能性、
    つまり情報世界でのアートの可能性を、
    模索してきたわけです。

    インターネットが産まれて、
    まだ30年程度なわけで、
    まだまだインターネットの使われ方には、
    私は無限の可能性があると考えています。

    これは私の思考でいうと、
    人間がパラレルプロセシングを獲得したのと、
    人間がインターネット世界と、
    物理世界のパラレルワールドを獲得したのと、
    非常に近しい出来事だと考えています。

    人間は約2万年前に、
    パラレルプロセシングを獲得しました、
    そして人間は「意味」と「形」を同時に、
    認知することができるようになり、
    芸術性を獲得し、
    道具を発明し、
    飛躍的に文明を発達させていったわけです。

    これは「意味」と「形」の並列思考です。

    そして現代、
    インターネットの創発によって、
    「インターネット世界」と、
    「物理世界」というものを、
    同時に体験する「情報世界」というもの、
    つまり「パラレルワールド」を獲得したのです。

    西洋美術史などでは、
    この約2万年前の壁画などを、
    原始美術として定義し、
    そこから西洋美術史は始まっていくわけです。

    その様な観点からも、
    インターネットが創発し、
    パラレルワールドを獲得した、
    現代の「情報世界」において、
    まさに「物理世界」での、
    「原始」という「歴史」が始まっている、
    その様に私は強く感じています。

    その事を最近強く感じているのが、
    「情報世界の重層化」です。
    それは、
    一次情報、
    二次情報、
    三次情報、
    という風に情報が、
    重層化されてきており、
    元情報が観えなくなってきている。

    そしてその事自体が、
    つまり「歴史の創発」と同義であるからです。

    例えば物理世界を振り返れば、
    一次産業、
    二次産業、
    三次産業、
    この様に物理世界でも同じ様に、
    「物理世界の重層化」が進み、
    まさにその産業と歴史は同時的に変遷しているのです。

    現代の若い人たちは、
    「魚の切り身」はスーパーで観ているのですが、
    その「魚自体」は観たことがないのです。

    それと同様に、
    現代の若い人たちは、
    「情報が切り貼り」されたものをインターネット、
    で観ているのですが、
    その情報の「元の情報」は観たことがないのです。

    簡単に例えれば「トゥギャッター」の様なもの。

    その様な背景を逆説的に捉えれば、
    例えば私が定義した「ウェブインスタレーション」、
    などは、
    「物理世界」においての、
    「ラスコー洞窟の壁画」だと言えます。

    私は常に「歴史に残る仕事をする」という事を、
    本気で考え、
    100年、1000年、10000年先にこそ、
    私自身の作品の可能性を考えているのです。

    現代に私がしている仕事は、
    インターネット史、
    インターネット美術史、
    の残るだけのものであると、
    私自身は確信しています。

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2019/01/08(火) 23:06:02|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    堀尾貞治さんが亡くなって。具体美術から嶋本昭三、堀尾貞治を通して関西の美術シーンを考えてみる(金魚の糞の取り巻きはさっさと消えろ)

    具体の堀尾貞治さんが、
    昨日亡くなったという事で、
    私も大阪で生まれ育って、
    具体というものには、
    多少の影響も受けたので、
    何かしらの発言をしておきたいのです。

    私が具体を意識したのは、
    今から二十年ちかく前に、
    嶋本さんの弟子のLOCOさんという作家の、
    作品が気になって、
    その時は具体とかあまり知らなかったのですが、
    LOCOさんが嶋本さんの弟子で、
    そこから嶋本さんの本とか読んだり、
    美術史なんかを調べたりで、
    具体を知っていったのです。

    その後、
    具体が再評価され始めて、
    嶋本さんが色々なメディアに出だしたりしてましたね。

    CMとかにも嶋本さんが、
    クレーンで吊るされて、
    絵の具が入ってる瓶を落とすパフォーマンスとかね。

    堀尾貞治さんは、
    大阪とかで一度は展覧会すると、
    堀尾貞治さんの名前が記帳されてるのは、
    有名な話ですが、
    私が昔した展覧会でも堀尾貞治さんの記帳があって、
    あ〜この人具体の人なんやなぁ〜、
    程度に思っていました。

    そんなこんなで、
    私も20年以上関西のアートを見てますが、
    世界的な具体美術の再評価もあり、
    実際に白髪一雄の作品は、
    サザビーズで5億とかで売れてますね、
    それでそれ以降、
    具体関係の人の取り巻きというのが、
    どんどん増えていってるのを観て、
    私は本当に気持ち悪いなぁ〜って、
    かなりの嫌悪感を抱いていたわけです。

    再評価された具体の人たちも、
    その時にはかなり高齢になっていて、
    みんないいおじいちゃんって感じで、
    色々ちやほやされて嬉しかったのでしょうね。

    具体の人たちも、
    「権威」や「お金」も入ってきて、
    いっぱい人が寄ってくるようになって、
    まぁいい気分だったのでしょう。

    嶋本昭三さんもその取り巻きも、
    堀尾貞治さんもその取り巻きも、
    やっと本人たちが亡くなって、
    私が感じていた嫌悪感ってなくなるかもしれませんが、
    いまだに嶋本昭三さんの名前使って、
    どうにかしようって腐った人間がいますから、
    堀尾貞治さんもそういった腐った人間がいるでしょうね。

    そもそも、
    具体美術協会のリーダー吉原治良は、
    なんて言ってたんでしょうか?

    「人のまねをするな」

    これが具体の根本ですよね。

    私は具体美術やその作家、
    嶋本昭三さん、
    堀尾貞治さん、

    その他の作家はとてもリスペクトしています。

    だからこそ、
    誰とも馴れ合わず我が道を行っています。
    これは「具体」に教わった事です。

    しかし「具体」の現代の取り巻きは、
    嶋本昭三さん、
    堀尾貞治さん、

    そんな人たちの「名前」や「権威」の恩恵を、
    いかに自分に取り込めるかという、
    まさに「具体」が一番嫌った人間たちです。

    それは本人たちは良しとしたかもしれませんが、
    その時の彼らは「いいおじいちゃん」ですから、
    それを鵜呑みにして、
    金魚の糞みたいに取り巻いていた奴らは、
    本当に糞なのです。

    少なくとも私は、
    人一倍「具体」を愛していますし、
    彼らの偉大さも知っています。
    だからこそ、
    この様な文章を書かせていただきます。

    堀尾貞治さんのご冥福をお祈りいたします。

    美学者母

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/11/05(月) 00:23:22|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アーティスト、芸術家、美術家だから馬鹿でいいって誰が決めた?

    「アーティストは馬鹿だ!!!」
    これを感じたのは、
    私が現代アートを始めた頃、
    今から20年以上前の事だ。

    その頃から考えると、
    今は少しだけ、
    「アーティストのあり方」は、
    変わってきたのかもしれない。

    しかしそれから、
    様々なアーティストと直接的間接的に、
    話やその人の思考を聞いてみても、
    頭のいいアーティストに出会った事がない。

    少し頭のいいアーティストはいるが、
    本当に数える程度で、
    99パーセントは「アホ」だ。

    「アート業界」で、
    何か気の利いた話をするのは、
    「批評家」や「評論家」で、
    それらは「気の利いた」言説をするのであって、
    これまた「頭がいい」わけではない、
    それなりに学歴があるので、
    アーティストよりは、
    少しはマシな様に社会では認知されている。

    どちらにしろ、
    「頭がわるい」のである。

    アーティストだから、
    アート作品だけ創ってるアホ。
    アートの批評家、評論家だから、
    アートの批評、評論だけしているアホ。

    これはアートに限った話ではないのだが、
    そもそも歴史的にカテゴリされた領域だけ、
    それだけを馬鹿みたいにやってるのはアホなのだ。

    私が「頭がいい」と言っているのは、
    そのカテゴリーをブレイクスルーする力だ。
    私はこのことを「頭がいい」と言っている。

    つまりこのカテゴリーの壁こそが、
    養老孟司の「バカの壁」そのものである。

    私はアート活動をしているわけだが、
    既存のアートから文脈的に考えれば、
    私がアーティストと名乗っている事自体、
    「おかしな話」なのである。

    なぜならインターネットで文章を書く、
    その様な一般的にはアートとみなされない事、
    それをアートだと言ってるわけで、
    まぁただの理解できない対象にすぎない、
    もっというと、
    私という存在すら見えていない、
    つまりスコトーマの状態である。

    その人にとってみれば、
    印象派やキュビズムがアートで、
    抽象画やポップアートがアートである。

    しかしそれはアートのクラシックなのであって、
    アートそのものは、
    カテゴリーをブレイクスルーしていく事こそ、
    アートなのだと考えている。

    つまりアートとは、
    「アートではあってはならない」のである。

    同時代的にアートが評価される、
    これこそが私から言わせれば異常である。

    ある意味、
    「アートのまがい物」である。

    すなわち、
    現代美術、現代アートの時代というのは、
    その「アートのまがい物」すらも、
    アートに取り込もうとする運動であり、
    現在はアートのまがい物の時代なのである。

    一人のアーティストとして、
    この現状を考えるに、
    現在アーティストは、
    色々な意味で「消費の対象」でしか、
    ないのである。

    この様な状態は、
    アーティストが馬鹿でアホだから、
    資本や経済に完全に取り込まれた末である。

    結局アートも「資本」に媚びてしまったのだ。

    これからのアーティストは、
    もっと知性的でなければならない、
    つまり「頭のいい」人間でなければ、
    カテゴリを逸脱する事が不可能な時代なのだ。

    それは既存のカテゴリに埋没する事が、
    馬鹿でアホであると気づく事が必要である。

    例えば「お金」一つとってみても、
    近いうちに「お金」の概念は変わる。
    つまり「価値」という概念が変わる。
    すれば「社会」という概念が変わる。

    「お金」というカテゴリーをとっても、
    私たちはそのカテゴリに埋没し、
    決して「お金」の「価値」を疑わない。

    だからこそ「現代美術」「現代アート」は成立する。
    こんな簡単なレトリックさえ、
    実際作品を創っているアーティストは、
    理解していないのである。

    つまり私たちアーティストは、
    まず世界を知らなければならないし、
    その世界に無数に存在する、
    あらゆるカテゴリーを知らなければならない。
    そしてそのカテゴリーの壁は、
    常に更新されていて、
    破壊と再生を繰り返し、
    ある種のアポトーシスとして、
    「動的平衡」として、
    私たちは刹那を体験しているのである。

    つまりアーティストは、
    科学、経済、宗教、政治、哲学、経営等。
    あらゆる幅広い知識を有しなければならないし、
    自らそのカテゴリーを体験しなければならない。

    その上でやっとブレイクスルーを起こせるのである。

    なぜなら現在の世界は、
    非常に複雑で、
    非常に抽象度の低い世界なのであるから、
    クラシックが産まれた時代、
    つまり抽象度が高かった時代とは、
    私たちアーティストのスタンスも、
    全く変わっているのである。

    特に現在においても、
    芸大美大でクラシックな芸術や美術を学ぶ、
    それはただ単なる時間の無駄なのである。

    若い人にはそれに早く気づいて欲しいし、
    私はその様な知性を育む場として、
    狭山美学校という私塾を創った。

    私のこの言説を読解できるレベルの知性は、
    最低限必要とするが、
    志高い若人を歓迎する。

    狭山美学校
    https://www.machromatic.biz

    美学者母
    1. 2018/08/06(月) 00:05:12|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    言語や言説と造形や美術は実は同じものである。(造形作家や美術作家の思い上がりはもうやめたほうがいい)

    特に日本の造形作家や美術作家の思い上がりというか、
    その幼児性には、
    本当に嫌気がさすわけです。

    ただ無責任に作品だけ創って、
    他人に観せてどうだって言うわけですね。

    その上、
    言語や言説での論理的説明とか、
    鑑賞者を納得させる言葉を使うことを、
    極端に嫌うわけです。

    むしろ、
    それをする事が作法として、
    無作法だと思い込んでいるくらいです。

    なのに、
    自分の作品には造形を超えた、
    何かを表現している、
    そんなことを言う人たちが、
    たくさんいます。

    これは勘違いも甚だしい。

    その人たちから言うと、
    言語や言説にできないものを、
    作品にしているのだから、
    言語や言説で説明しないのだと。

    あのね、
    この世の中に、
    全てのことを、
    きちっり伝える事ができるものなんて、
    「一つたりとも無い」ですよ。

    科学、数学、物理だって、
    その概念世界での合理性なのであって、
    全てのことは説明できない。

    当然、
    言語や言説だってそうです。

    そしてそれぞれの表現は、
    ただそれだけを表しているのでは無く、
    それ以上のものを表現しているわけで、
    別に造形作品や美術作品だけが、
    それ以上の表現をしているわけでは無い。

    例えば、
    波動方程式を見て、
    恐怖で心臓がバクバクなる人もいるわけ。
    それってどういうことか理解できますか?
    それは方程式以上の何かを、
    感じているからですね。

    それは言語や言説も同じで、
    その言語や言説の形や意味以上の、
    何かを感じるし表現しているわけです。

    ですから、
    美術や造形だけが、
    それ以上の何かを表現できる方法なのだから、
    それを言語や言説することは無作法だというのは、
    一神教的盲目性と同じですし、
    日本のアートがカルト化する大きな原因です。

    私はアートを研究しています。
    その上で言語や言説をアート作品として、
    この様に発表しています。

    これは私なりに研究し、
    行き着いた表現形態なのです。

    その理由として、
    そもそも、
    言語や言説と造形や美術に、
    差異は無いと考え、
    原理的には同じだと考えているからです。

    簡単に説明すれば、
    それはアウトラインを持ち、
    そのラインがゲシュタルトされ、
    概念となる。

    この概念世界において、
    全ての物事に通づる原理です。
    それは、
    絵画だろうが彫刻だろうが、
    象形文字だろうがピクトグラムだろうが、
    絵文字だろうが顔文字だろうがです。

    日本のアートというのは、
    造形作品や美術作品を、
    言説したりすることをタブーにすることで、
    ある種アートというものを、
    神格化し、
    自分たちの特権を守る、
    つまり既得権益化する為の方策に過ぎないのです。

    私は言語や言説をアート作品としています。
    それはある種日本アートへのアイロニーなのです。

    私はアートを論理的に語ることのタブーを、
    一刻も早く取り除きたいと考えています。

    美学者母

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/06/05(火) 17:32:51|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アートがアートであり続けるには、アートがアートで無くなる必要がある。(芸術派生宣言から)

    最近特に物事の本質を考察する時に、
    その物事の安定さと不安定さを考えるわけです。

    私たちが生きている世界の本質とは、
    非常に不安定であり、
    常に不確実なものである、
    それが世界の本質なのです。

    しかし普段私たち、
    特に現代、
    発展した科学や、
    成熟した社会において、
    安定した世界、確実な世界、
    というものが、
    何の疑いもなく存在し、
    それをアプリオリに信じ込んでいる。

    つまり現代において、
    文脈的、演繹的、帰納的、
    その様な概念世界が、
    非常に強化されているわけです。

    現代のその様な状況においては、
    物事の本質、世界の本質は、
    全くみえてこないのです。

    それはどういうことか?
    簡単に日常生活で考えてみると、
    私たちは一年後がある事を疑わない、
    昨日話した知人が、
    今日もまた話せる事を疑わない、
    冷蔵庫に入れたお茶が、
    数時間後には冷えている事を疑わない。

    この様に私たちは自明のごとく思い込んでいる事、
    この全てが不安定で不確実であるという、
    その本質がみえなくなっている、
    その事に全く気づきもしないし、
    そもそもその様な事が無いとされているのです。

    つまりこの様な事から何が言えるのかというと、
    科学が発展し、社会が成熟していくという事は、
    物事の本質、世界の本質から、
    どんどんと離れていく。
    つまり反比例していくわけです。

    その上でアートの役割が重要になってくるわけです。
    アートとはその、
    現在の思い込みと、本質との乖離を、
    その思い込みを不安定に、
    不確実にする事で、
    人間に本質を露呈させる、
    その様な作用を持っているわけです。

    しかし現在、
    物事の本質、世界の本質を、
    露呈させる作用を持っている、
    アート自体が、
    その本質から、
    思い込みの世界へと成り下がって、
    その作用を発揮できないものとなっています。

    それはアートが、
    古典、近代、現代と経て、
    アート自体が、
    非常にコンサバティブなものになってしまった。

    つまりアートというものが、
    人間のアートという思い込みにより、
    本質を露呈させるという作用を、
    失ってしまったという事なのです。

    題目でもありますが、
    この状況において、
    「アートがアートであり続けるには、
    アートがアートで無くなる必要がある。」のです。

    これはまさに私が宣言している。
    「芸術派生」なのです。

    アートがアートであり続けるには、
    アートというものを、
    不安定で不確実なものにしなければ、
    そもそものアート自体の本質が、
    失われるし、
    現在は失われている、
    私はそう考えているのです。

    その上で、
    私は「芸術派生宣言」を宣言し、

    アートそのものを、
    不安定に不確実にする事で、
    アートそのものの本質を、
    露呈させるという行為に他なりません。

    私が尊敬している作家、
    マルセル・デュシャンは、
    芸術を不安定に不確実にする為に、
    「芸術の世界」へ「日常の世界」を仕込みました。

    しかし私は、
    芸術を不安定に不確実にする為に、
    「日常の世界」へ「芸術の世界」を仕込むのです。

    これはマルセル・デュシャンの行為に対し、
    球を裏返す行為に他なりません。

    現在においてアーティストは、
    アートそのものの思い込みを、
    乗り越えなくてはならないのです。

    その上で私は、
    この様な言説を「アート」としています。

    アートとは、
    常にアートで無くなる行為を行い、
    自らがアートである事を、
    不安定に不確実にしていく、
    それがアートの本質なのではないでしょうか。

    美学者母
    1. 2018/06/03(日) 16:04:57|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (279)
      映画 (4)
      アート (65)
      日常 (34)
      美学 (5)
      美学・哲学 (63)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (32)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.