machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    VALUの登場と価値起点の変革

    私が以前から述べていることですが、
    あらゆるものが個人化する。

    この現象は現在少しづつ現れています。
    そもそも価値とはなんなのでしょうか、
    例えば精神的な幸福、承認欲求が満たされる環境、
    これらは目に見えない価値です。
    それとは逆にお金や貴金属など、
    非常に身近でわかりやすい価値で、
    これらは目に見える価値です。

    そしてそれらの価値は、
    民主主義や資本主義の元、
    組織やコミュニティ、
    それらに所属することで、
    アプリオリに得られるものだと思われてきました。
    また、現在もその思い込みは根強いものです。

    例えば、
    国、地域、会社、大学、サークル、宗教、家族、
    それらに属していることで、
    私たちは意識しようとも、せずとも、
    それら組織の価値を享受してきたわけです。

    これは日本のアート界でも同じで、
    僕のようにインディペンデントに活動しているのは、
    非常に珍しく、
    例えば画壇、公募団体、グループ、チーム、
    それらに属し価値を享受している人々が大半です。

    この事で、
    以前に会田誠の独立性を批判したわけですが、
    それは会田誠が組織から価値を享受している限り、
    インディペンデントとは別次元である旨批判しました。

    この様に今までの「価値」というもの、
    またはその価値担保をするものは、
    組織なりコミュニティによる、
    「大きな定義」だったわけです。

    しかしこれからは個人が、
    「価値を享受」するのではなく、
    「価値を提供」する時代なのです。

    これは今までの民主主義や資本主義の崩壊の原理であり、
    組織やコミュニティなどの大きな定義が、
    一律の価値を提供するのではなく、
    一人一人の個人が「小さな定義」を創造し、
    お互いに「価値を提供し合う」時代になるという事です。

    そしてこの新しい時代にもっとも大切なものが、
    「独立性=インディペンデント」であるという事です。

    いかに組織やコミュニティなどの、
    「大きな定義」に定義されないか、
    それが「小さな定義」の「価値」となります。

    実際に世界ではこの様な、
    「個人」にフォーカスした「価値」、
    というものが盛んにトレードされてきています。

    身近なところで言いますと、
    「シェアリングエコノミー」が分かりやすく、
    AirbnbやUberがそれにあたります。

    この様に現在ダイナミックに、
    組織から個人へと価値起点が変革しています、
    そんな中で、
    個人が価値起点となる革命的なサービスが始まりました。
    それが「VALU」です。

    https://valu.is/

    VALUは個人を株式会社に見立て、
    株式会社の株に当たるVAを発行し、
    それを市場に公開し売買できるサービスです。

    私も株(VA)を公開しています。
    https://valu.is/mama

    またこのサービスはビットコインが使用され、
    ブロックチェーンをベースにしているので、
    非常に独立性が高いサービスです。

    このサービスが、
    さらにビットコインの普及を加速させるでしょう。

    では私はここまで述べてきた事で何が言いたいのか、
    それは今までよりも公平に、
    個人それぞれが自らの価値を見える化できる。
    そして誰にでもチャンスがある時代になる。
    という事です。

    私は価値というものは、
    常に市場にさらされているべきだと考えています。

    なぜなら価値は既得権益化しやすいからです。
    既得権となりクローズドの世界になり、
    その既得権のクローズド社会の一部の人間が、
    価値を享受する。
    この様なことは健全ではないと考えるからです。

    価値は常に市場原理でブラッシュアップされるべきで、
    それはあらゆる価値がそうあるべきで、
    もちろんアートも例外ではありません。

    これからの時代、
    間違いなく生き残っていくのは、
    自ら価値を創造していく個人です。
    そして価値を提供していく個人です。

    もう組織やコミュニティに属し、
    価値を享受する時代は終焉を迎えました。

    皆様もどうか、
    「個人の価値」というものを改めて考えてください。

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2017/06/06(火) 14:49:16|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ポケモンGOフィールドワーク近況報告

    さて、皆さん楽しくポケモンGOライフを楽しんでますかww
    僕のポケモンGOフィールドワークも三ヶ月が経ちまして、
    現状僕のスペックをご報告!!!

    レベル29
    相棒 ミニリュウ
    最強ポケモン カイリュウ CP2837
    図鑑 127

    以上ですwww

    まぁ簡単に言うと、
    ある程度極めてしまっています。。。
    今の時点でジムに配置しているポケモンはMAXの10
    なので、
    毎日ほしのすなが5000と、ポケコインが100 入ってきます。

    他のウェブメディアでも書いているのを観たのですが、
    このレベルまでくると、
    だんだんやる事がなくなってくるというのが現状です。

    まぁ僕の場合まだ図鑑がすべて埋まっていないので、
    その分は楽しみはあるのですが、
    基本的に僕のポケモンGOの楽しみ方は、
    ジムの争奪戦だったのですが、
    ジムもある一定のヘビーユーザーで固まってきているので、
    その辺は楽しめないのがちょっと。。。

    といいながらも、
    先日はお台場の騒動でニュースにもなった、
    「ラプラス」を探しに、
    ラプラス漁へ出かけたのですが、
    一日でラプラスを二匹捕まえる事ができました。

    まぁ大阪なのですが、
    場所はまぁ皆さんの想像する場所ですwww

    ちなみにラプラスは天保山ではないですが、
    天保山にも一度足を運んだのですが、
    日曜日に行ったのもあり、
    凄いポケモントレーナーの数でした。
    まだ根強い人気があるのだなぁと関心。

    しかし配信から三ヶ月、
    ここらで一発大幅なアップデートがほしい。。。

    そんな強い希望があります。
    皆さん楽しいポケモンGOライフを!!!

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/10/19(水) 18:21:16|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    レヴィ=ストロースとポケモンGO

    どうもぅお久しびり!!!
    最近ポケモンGOでレベル28になった、美学者母ですwww

    ポケモンGOが配信されて早2ヶ月が過ぎました。
    基本的に僕はなんでも自分で実践するたちなので、
    フィールドワークとして、
    ポケモンGOを行っています。

    今までフィールドワークとして、
    色々な調査を行ってきてました。

    それはストリートカルチャーだったり、
    インターネットカルチャーだったり、
    アウトローの世界だったり。。。

    ポケモンGOもその、
    フィールドワークの一環なのですが、

    フィールドワークと言えば、
    レヴィ=ストロースです。
    構造主義の祖と言われていますが、
    実際に構造主義的に、
    フィールドワークで得られるもの、
    それは大変貴重なものが多いのですね。

    ポケモンGOもある意味特殊な環境です。
    物理空間と情報空間がバインディングされていて、
    物理空間よりも、
    情報空間の方に価値がある状態になり、
    同じ物理空間を共有している他人からは、
    その人たちはとても奇妙に観えるわけです。

    しかし僕は、
    この様な現象は非常に初期段階のものだと考えています。

    今まで私たちは、
    古典物理学をベースに、
    物理空間への価値を疑いませんでした。

    しかしインターネットの普及と共に、
    少しづつ情報空間の価値が見出されてきています。

    そして、現在。
    その特異点となっているのがポケモンGOです。
    同じ物理空間に居ながら、
    その場を共有している人間よりも、
    情報空間を共有し、
    その情報空間にでてくるアイテムやモンスター。
    それらに価値を見出し始めた、
    ある意味の特異点としての、
    概念の反転が起こっています。

    この事は、
    僕がインターネットをアートに昇華し始めた時から、
    考えていたテーマでもあります。
    例えば、
    ウェブインスタレーション、
    ごっこ論、
    情報美術論、
    そして、
    量子論美術。

    これらに共通するコアなものは、
    物理空間の価値から、
    情報空間の価値への移行です。

    まだまだ、
    僕が考えている事が伝わりにくい世界ではありますが。

    あと20年、30年経てば、
    僕の言っている事が概念的に掌握でき。
    意味としてのゲシュタルトができるでしょう。

    なかなかアーティストとして長い道のりですが、
    確実にその世界は訪れます。
    その時まで地道に精進いたします。

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/10/03(月) 16:31:45|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    VR(ヴァーチャルリアリティ)依存症が問題になる時

    遊園地はいつかVRに負ける!リクルート「未来アミューズメントパーク」でVR体験。
    絶叫コースター、テレイグジスタンスで私はペンギン


    http://japanese.engadget.com/2016/03/22/vr-vr/


    今後VR(ヴァーチャルリアリティ)が急速に広まります。
    先般プレイステーションからVRが発売になりましたが、
    これらを布石として、
    過去から現在までネット依存症やSNS依存症などが問題にされた様に、
    VR依存症という問題が世間で騒がれ始めるのも時間の問題です。

    しかしこれはある意味において、
    というかある既得権益者にとって不利益になるという事で、
    「依存症」という名前をつけたがるのは、
    ある意味その裏返しでもあるという事です。

    私は「インターネット」という登場によって、
    ある種の「時空」の扱い方が「革命」を起こしたと考えていますが、

    VRの普及はさらにその「時空」という概念を変えてしまうでしょう。

    ここ数年で「物理的価値」というものが崩壊し、
    新たに「情報的価値」へと移り変わっている過渡期であります。

    私たちは「物」の価値から「情報」の価値へ向かっているのです。
    それらの影響はあらゆるモノに多大な影響を与え、
    既得権益者に多大な不利益を与えます。

    例えば旅行一つ考えてみても、

    もう僕たちは「物理的に移動」しなくてもよい、、、

    そんな世界がもう訪れているのです。

    美学者母

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/03/25(金) 16:31:47|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    名字で個人の尊厳を訴える愚かさ

    みなさんお久しぶり〜!!!
    最近は文章が書けてなかったので、
    久々に書いてみます。
    ちょっと腕が鈍っているかもしれませんwww

    最近気になったニュースで夫婦別姓の問題。
    最高裁判所で夫婦別姓を認めない規定が合憲とされました。

    その裁判の原告が判決後に、
    泣きながら個人の尊厳を訴えこの判決を批判していたわけです。

    僕は安っぽいドラマの茶番劇をみている感覚を覚えました。
    そもそも名字は個人の尊厳を担保する原理なのかと。。。
    僕は全く違うと考えています。
    それは名字というものが、
    「家」制度や「血縁」制度におけるシンボルだからです。
    そもそも名字というものは個人の尊厳の問題ではなく、
    社会システム上の問題であるという事。
    それは社会を構築する上で、
    何を原理的に重要視するのかという事で、
    日本では特に「家単位」や「血縁」を重要視するために、
    社会制度として「作られた」ものなのです。


    名字を大切にしたいという気持ちは否定しません、
    それは「家」や「血縁」を大切にしたいと同義です。
    それは特に日本では非常に強いつながりとして存在しています。
    なので、今でも日本でそのような事を大切にしている家系では、
    女の子しか生まれなかった「家」は、
    婿養子をもらったりしています。
    これは「家」や「血縁」を極度に意識しているものです。

    何度も言いますが、
    「名字」は社会システムの問題です。
    国家なりが国をどう統治するのか、
    どのような社会を形成していくのかという問題です。

    今回原告の女性が「個人の尊厳」として「名字」を訴えているのは、
    完全に間違いなのです。

    その上で、
    現在の「家」制度、「血縁」制度が崩壊してきている、
    それも現実です。

    「家」という単位、「血縁」という文脈も、
    その意識が高いこの日本でさえ薄らいできています。

    僕自身は「名字」はもとより、
    「本名」にもアイデンティティーはありません。
    みなさんご存知の通り、
    このフェイスブックでは「美学者母」です。
    僕を知っているほぼ99パーセントは本名を知りません。

    そもそも「名字」にこだわるのが古いのです。
    それは「家柄」や「血統」にこだわるのと同義です。
    ある意味「差別」に繋がる原理でもあります。

    最後に僕の「夫婦別姓」に対する見解。
    今回の裁判で原告が個人の尊厳を訴えていたことは理解しがたい。
    しかし社会システム上で考えたときに、
    過去の「家」制度や「血縁」制度を見直す時期だと考えます。

    そこで目に止まった記事が「虚構新聞」のこの記事です。
    http://kyoko-np.net/2015121801.html

    これは素晴らしいアイデアではないでしょうか。
    「夫婦別姓」には「子供との別姓」という問題があります。
    それならそもそも「名字を放棄」した方がいい!!!!

    というのが僕の「夫婦別姓」の見解でありますwww
    まぁすぐに現実にはならないでしょうが、
    このような社会が現実に必要になると考えています。

    美学者母

    テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

    1. 2015/12/20(日) 12:59:06|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (227)
      映画 (4)
      アート (58)
      日常 (21)
      美学 (4)
      美学・哲学 (43)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (25)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.