FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    虚構新聞とか「ウェブインスタレーション」

    虚構新聞とか「ウェブインスタレーション」の定義に入ってくるのだけれど、あれ系のメディアを本気で信じて報道としてる人が居てる現実。しかもそれをシェア拡散して皆でワッショイしてる様は非常に面白くて。まるでマルセル・デシュシャンの「泉」の作品を皆で古典彫刻を観ている様に観賞する、あの日の国立国際美術館の「デュシャン展」を観ているようだ。これはまさに「ウェブインスタレーション」が意図している事で、非常にアイロニーに満ちているのだが人間の本質として露呈している現実なのだ。この様な現実を観ていると「ウェブインスタレーション」がこれからもっと面白くなってくる事を確信してしまうのです。
    スポンサーサイト

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/03/30(月) 13:20:36|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    古賀茂明の行った事はテロと同じ

    古賀茂明氏がテレビから追放されたのは当たり前の話
    http://blogos.com/outline/107116/

    まず報道という特性を考えて下さい。これは「報道ステーション」の前の番組「ニュースステーション」時代から言われている事ですが、報道番組という特性を逸脱して一個人の思想信条が介入し強くバイアスを生じさせているという事。これは報道ではありませんショーとでも言いますか、これは久米宏などがニュースに自分の思想信条や自分の偏った意見をのせて、それを報道とする。そのようなスタイルが昨今根付き、報道とみなされている現状があります。しかし今回の古賀の行動はさらにその上をいく言動で。その報道番組という仮面をした番組の中で、さらに一方的に個人の思想信条を厚塗りするという暴挙を行ったのです。この様な暴挙をする人間は他にも山本太郎の様に天皇陛下へ直接手紙を渡すなど、「場」を弁えない姿勢は「この手」の人間に共通します。自分の思想信条を通す為にはどんな方法でも構わないというのは「テロリスト」と同じです。山本太郎や古賀などは「テロリスト」なのです。この様な人間か昨今多くなってきています、これらは「左翼思想」の衰退と非常に密接な関係があり今後このような過激な「テロ」が多くなってくるのではないでしょうか。

    まぁ一つだけ強く言いたいのは「報道ステーション」は「報道」ではありません。
    その事を強く一般の方々に認識して頂きたいと考えています。

    テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

    1. 2015/03/28(土) 13:10:11|
    2. 政治
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    左翼はなぜ衰退したのか

    昨日左翼の人に色々とコメントを頂いて気付いたことを何点か。
    皆様もご存じの通り日本における左翼思想は衰退をたどっています。
    昨今の左翼の衰退が激しい日本で、
    日本の左翼思想の方々は危機意識を大きく抱いているのでしょう。
    僕は保守思想の人間ではありますが、
    保守思想の人間をただひたすら批判するよりも、
    左翼という自らを省みて、真摯に反省するべきです。
    なぜ左翼は日本国民に受け入れられなかったのか。

    僕のような保守思想を叩くのが左翼なのか?
    違いますよね、
    自分たちの思想が今の政治、現実的な政治をどう変えるのか。
    そしてそれを国民に理解してもらうのが道理なのではないでしょうか。

    左翼が衰退したのはこれだなって思ったことが、
    昨日左翼の人と議論して理解することができました。

    左翼の人々というのは非現実的である。
    これがどの人にも共通する点で、
    何か伝統的なユートピア思想でも継承しているのでしょうか。

    政治とは直生活、直現実の話なのですが。
    いつまでも非現実的な話しか出てこない、
    そして理想郷の話を展開し、
    自分の都合のいいように解釈する、
    物語を創作する、
    本当に酷い人たちです。

    そりゃ、国民からは見放される一方です。
    現代日本の左翼という方のレベルは著しく低い。
    それは多くの知識人が理解していることです。

    政治とは現実です、理想を語る場所ではありません。
    そりゃだれだって「理想」を語ることは簡単です。

    共産党や社民党は論外ですが、
    民主党など前回の政権下でのありさまはどうでしょう?
    なにか「理想郷」めいたことを色々言っていましたが。
    結局何もできず、日本を無茶苦茶にしただけです。

    結局「現実に向き合っていない」事が明白にでてしまった。

    僕も保守だからといって左翼の話を聞かないわけではありません。
    真っ当で合理的な話ならそれは賛成するでしょう。

    しかし今の左翼のレベルは低すぎて、
    現実的なリベラルは全くいません。

    これからの日本の政治に必要な事、
    それは、レベルの高いリベラルです。

    老害満載の腐った戦後左翼の残党では無く。

    真っ当な正真正銘のリベラルな人間が今後の日本に必要なのです。

    このような事を昨日の左翼のコメントのやり取りから反省し。
    今後日本がより良い国へなるよう願うのです。

    戦後左翼から真のリベラルへ。
    それが無ければ左翼の未来は無い、
    というか現実に消えかかっているのです。

    テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

    1. 2015/03/26(木) 18:24:11|
    2. 政治
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    安倍政権にNO、の無NOさ


    「安倍政権にNO、の無NOさ」

    NO、NO、NO。
    ダメ、ダメ、ダメ。
    否定、否定、否定。

    ただひたすらアクションに対して否定する人。
    そんな人って身近にいますよねwww

    この人達って「アンチ」にすらなれていなくて。
    ただ何かを否定する事でしか、自分を表現できない。
    「無NO」な人々です。
    そう、この人たちは原理的にNOすら言えていないのです。
    「アンチテーゼ」とは、
    テーゼに対しての反対の意見です、そしてその定義です。

    なんの「論証」もなく「否定」するだけの「無NO」なのです。

    例えば共産党、社民党支持者や党員。
    この人たちのお粗末な妄想平和思想。

    もし日本が他の国に侵略されたらどうするのか?
    という問いに対し、真っ当な答えを未だに提示できていません。

    それ以上に、この人たちは「そんな事はありえない」
    とか「そんな事は想定していない」という頭がお花畑な人たち。

    例えば反原発の人間。
    これはある種の反原発教という宗教と化しています。
    特に、放射能というのは目に見えませんから。
    オカルト化する事が容易であり、
    ある種の新興宗教に近いものがあります。

    一つ例を上げますと、
    皆さんは「マンガ本」と「学会」のどっちの話を信じますか?
    これは放射能に限らずですwww
    冷静に考えれば「学会」と呼ばれる方を信じます。
    しかし、放射脳に犯されカルト信者になると。
    「マンガ本」すら「学会」の発表よりも信用されるのですwww
    http://jrrs.kenkyuukai.jp/special/?id=13900

    本来、放射能特に低線量被爆は科学的にはっきりとした線引き。
    そのような事は非常に難しいのです。
    僕は美術を専門領域にしている人間として、
    日本の美術と放射能の関係性を強く感じます。

    すなわち、一般的に目にみえないものに人間は恐怖を覚えます。
    そこを煽っているのが反原発の人々なのです。

    美術という特殊な世界も同じで、
    ある種目にみえない世界を扱っています。
    そして、日本の悪しき風習が残る美術界が、
    その領域を使ってマネタイズしているのです。

    一般の人は、目に見えませんから。
    見えると言う人の言いなりなのですね。
    なので自己判断を他者に委ねる。
    すなわち自己の判断を他者の判断に委ねるしか無いのです。
    これを日本人は特に無意識に行っています。
    これは人類的にみると先進的な民族で、
    ある意味自己というものがありませんから、
    衝突は極限までなくなります。

    放射能が目に見えないというのは、
    カルト宗教になりやすいと言う事を一つ覚えておいて下さい。

    カルトというのは目に見えないモノを扱います。

    安倍政権をただひたすら否定している人も同義です。
    安倍政権を否定するのではなく、
    具体的に見える世界を提示するのが本質です。

    彼らは目に見えない世界を知らずのうちに扱って。
    カルト化してしまっているのです。
    これらはユートピアと同義です。

    世界的にこのような動きは広がっており、
    日本ではオウム、
    中東や西欧ではイスラム原理主義など、

    現実というものから脱出したい、
    現実と向き合わない、
    現実からかけ離れた空想思想。

    地に足の着いた思考を持つべきでしょう。

    テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

    1. 2015/03/23(月) 19:37:55|
    2. 政治
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    当たり前の美学

    「ふざけんな!金返せ!」古代メソポタミアの粘土板に刻まれた文字の解読を行ったところ、
    顧客のクレームであることが判明

    http://karapaia.livedoor.biz/archives/52186882.html

    アーティストの仕事として、いかに自分の存在を恒久的に未来永劫残すのかというのがありますが。この粘度板でもわかるのですが、結局大層なものより実は凄く身近でその時代ではどうでもいい様なものが残るのですよね。先日「相田みつお」のドキュメンタリーを観ていて、相田みつおの芸術性はその誰も気づかない「当たり前」という空気感を詩や書にしていた事を改めて気づかされた。それはピカソやデュシャンと言った西洋美術の巨匠たちからも同じ芸術性を感じ取る事ができるわけです。よくよく芸術とは何かと考えたりしますと。結局の所「当たり前」すぎてその時代には誰も表現しようとしないものが、芸術になりえるのだと考えています。特に現代アートというものは現代にあるアートですから、現代人が観えていないような事を、この現代に表現する訳です。その評価は実は現代においてなされるべきもので無い事が真実なのです。現代アートの真の評価は最低でも50年先、いや100年200年と言ったタイムスパンを経て正当な評価が生まれるのだと考えています。安易に短期的なタイムスパンでの評価を求めてしまうと、実に皮肉ではあるのですがアートというモノ自身を見失ってしまう事が起こってしまうのです。アートという本質的な部分で評価を求めるのならば、短期的に評価される事で得る地位や名声をすてる事を了承しなくてはならないし。それがアートの本質なのです。ちなみに「当たり前」の反対語は「有難し」らしいですよ。

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/03/12(木) 18:31:48|
    2. 美学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    2015年の韓国経済危機について

    今現在日本は景気が上がってきています。
    それに比べ韓国経済は数年前から危機説が浮上しています。
    その上で2015年は韓国経済の山場となっているようです。

    そもそも韓国経済の構造的な問題が根本にありますが、
    スマートフォンや液晶テレビを主力とした、
    サムスンの衰退が大きな原因となっているようです。

    サムスンなどが得意としている産業は、
    装置産業と言われており、
    ある一定の装置を持っていれば誰でもできる産業です。

    今、その産業の中心地が人件費の安い中国に移っています。

    その上で日本はなぜ生き残っているのかという疑問がありますが、
    日本はその装置産業の装置を作っていると言うと解りやすいでしょう。
    また、素材や高度な精密部品も日本が得意としている分野です。

    しかしサムスン一社が衰退するだけで、
    韓国経済の危機なんて起こるのかという疑問があると思いますが。

    韓国のGDPの20パーセントはこのサムスン一社で賄っているのです。
    非常に産業構造が歪で、財閥一極の経済構造なのです。

    直近では外資系の金融機関が韓国から撤退をはじめています。
    韓国から外資が資金を引き上げて、デフォルトになる。
    そのような見方が強いようです。

    日本は先日日韓通貨スワップ協定を終了させました。
    この影響も大きく、国際的な信用が著しく低下しています。

    2015年は韓国経済の動向を注視し、
    合わせて中国経済の動向も見ていく必要があります。

    テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

    1. 2015/03/07(土) 22:54:28|
    2. 経済
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (263)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (30)
      美学 (5)
      美学・哲学 (55)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (29)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.