FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    悟りとゼロの関係

    「ゼロ」の概念 サル認識か 東北大院発見
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150523-00000001-khks-soci


    この発見は完全に僕たちの様なアーティストの活動に繋がります。
    特に僕の様なアートに対するアプローチをしている人には必須です。
    僕自身が研究している部分ではある意味確信的なものを得ているのですが。
    この研究はさらにそれを強固にする研究成果です。
    この研究結果から言えるのは、
    「悟り」というものを人間は「細胞レベル」で所持している事になります。
    すなわち、「悟り」とはなんなのかという事を露呈します。
    それは「悟り」が外部依存しない経験であり、むしろ、
    「外部」の刺激にによりそれを阻害している事が理解出来ます。
    すなわち、「悟り」は内部のみに依存する経験であるという事です。
    例えば世界を旅する事や、海外で様々な経験をする事よりも。
    ひたすら、自らの内側との対話こそが「悟り」への近道である事が解ります。
    それは例えば、仏教のお坊さんたちが山で籠ったり座禅したりする事が。
    まさに自らの内側、すなわちそもそも人間が備えている悟りの根源に気づく行為だと、
    この研究成果は露呈させているのです。
    そもそも「悟り」とは「境地」では無く「体験」であり。
    それは「到達」する事ではなく「気づき」だと言えるでしょう。
    非常に素晴らしい研究成果だと思います。
    スポンサーサイト

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/05/23(土) 14:35:53|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    あらゆるモノの外部化の弊害

    凍結精子失い、妻は泣き崩れた 病院が無断で保存中止
    http://news.yahoo.co.jp/pickup/6160597?fr=fb_oa_tpc


    これからの時代の典型的な問題です。
    これからの時代はあらゆるモノが外部化されていく、
    その上で、このような問題が浮彫りになってくる。

    身近な所で言うと、インターネット上のデータ。
    インターネット上にあるデータは実は凄く弱いのです。
    ある日突然無くなってしまいます。
    このフェイスブックもそうですが、
    データを外部で持っているという事は、
    実はそれなりのコストが発生しています。
    この辺はサーバーなどの管理をしていないと、
    全く意識しないのですが。

    あらゆるものを外部化する事のメリットは大きいですが、
    それに付随するデメリットもちゃんと考えておかなければ。

    この様な問題がこれから深刻化していくでしょう。

    テーマ:インターネット関連 - ジャンル:コンピュータ

    1. 2015/05/20(水) 15:23:56|
    2. インターネット
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    泉州魂!!!「やりまわし」Tシャツ発売中です!!!

    皆さん祭も近づいてきましたね!!!
    そこでぜひっ、今年の夏は泉州弁Tシャツはいかがですか?
    これ着てるとかなり目立ちます!!!
    http://www.machromatic.com/items/1585946


    1. 2015/05/19(火) 17:13:25|
    2. だんじり祭
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    大阪都構想に一言

    僕は橋下氏支持、維新支持、都構想支持ですが大阪市民ではない。
    なので全くこの事に触れてきませんでしたが、
    残念ながら都構想は無くなりました。
    それはそれで民意であり民主主義の原則で決まった事です。
    そして、橋下氏もそれを受け政界引退。
    それもまた潔くていいのではないでしょうか。

    大阪市民が示した民意にこれから責任を持つ事が必要です。
    後になって橋下氏待望論なんて話がでてこないようにねwww

    もう大阪市のままじゃ無茶苦茶だって通用しないですよ、
    だって今まで大阪市が無茶苦茶で都構想がでたわけですから。

    大阪市民の方々はしっかり責任を持って生活して下さいねぇ!!!

    テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

    1. 2015/05/19(火) 16:21:03|
    2. 政治
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    なぜ日本人はアートを感じようとするのか

    「なぜ日本人はアートを感じようとするのか」

    はいっど〜も〜。
    今回は日本美術、強いては世界のアートの核心部分のお話。
    そこらの芸大・美大では教えてくれない様な話。
    と言っても僕は大学を卒業していないので解りませんが。
    高卒の僕からアートの核心部分をお届けしたいと思います。
    今回のお話は、
    美学、文化人類学、社会学などを横断した話になりますので。
    少し高度なお話になります、気軽に質問お受け致します。

    それでは本題です。
    まず日本では、「アートを感じる」という事は自明な事です。
    そもそも日本における現代アートの無理解の根源はこの自明性です。
    そもそも「アートを感じる」という自明性がなぜ日本に根付いたのか、
    というのも論理的に導ける解があるのですね。
    なので、これは「アートは感じる」というのが日本人の思い込み。
    だと言える論証となります。

    (日本人が「アートを感じる」ベース その一)
    日本の建国は神話上から紀元前660年と言われています、
    もっと正確に言うと古すぎて解らないというのが本当でしょう。
    つまり世界一古く現存する国家です。
    それは世界中が認めているところです。
    それと「アートを感じる」という事がどう結び付くのか、
    それは人とアートは同義であるからです。
    人の営みは芸術性や美術性と同じです。
    さらに言うと、一定のコミュニティとして単位「国」の中で。
    認識を共有しながら世界一長い時間を経ているのです。
    その上で、
    「自己の認識」と「他者の認識」が、
    同じであるという自明性が生まれます。
    そこで日本でよく言われる、「他者に対する自己投影」などに繋がる。
    「自分がやられて嫌な事は、他人にするな」なんてのもそうです。
    すなわち、「自己の認識」と「他者の認識」は一致するのだ。
    そして長い年月をかけて実際に、
    「自己認識」と「他者認識」は実在社会で一致する文化を生み出した。
    これがいわゆる、日本の「ハイコンテクストな文化」です。
    ここから日本人の特性でもある、
    「感じる事」と「実在性」「現実性」がイコールであるという認識、
    そのような「ハイコンテクストな認識」が自明性を持ったのです。
    「私が感じる事」は「あの人も感じる事」、
    「あの人が感じる事」は「私も感じる事」。
    そのように「感じる事」が共通認識という自明性を持ち、
    私たちの日本社会は「感じて理解する事」を疑わない、
    社会や文化を形成してきたのです。
    その上で私たち日本人は「感じて理解する」事を美徳とさえ思っている。
    それが日本人が「アートを感じる」というベースの一つです。
    また、日本の歪な美術の権威主義もこの事がベースにあり。
    あの権威者がそう感じているのだから素晴らしいんだ。
    私にはそれを感じる能力がないのだ。
    というようなある種カルト的な権威信仰へと繋がります。
    まずここに大きな問題があるのです。
    そもそも、感じたものの「認識のズレ」を意識していないのです。

    (日本人が「アートを感じる」ベース その二)
    その一では感じる事の、
    「自己認識」と「他者認識」一致の日本での自明性と、
    原理的な所での感じる事の「認識のズレ」を記述致しました。
    次はもう少しアートサイドのお話になります。
    ここでは対比的にヨーロッパ、日本、アメリカ、中国を例に考えます。
    まず古典アートが開花したのはヨーロッパです。
    イタリア盛期ルネサンスが1500年代で、
    日本に西洋美術が押し寄せようとしていた頃は1800年代後半。
    それまではアートという西洋的概念は無かったわけです。
    1800年代後半に岡倉天心やフェノロサが西洋美術に対抗して、
    新しい概念として日本画などを定義していったわけです。
    そして1800年代に日本に押し寄せてきた西洋美術が、
    その時に全盛の様式だった印象派だったわけですね。
    つまり日本人のアートのベースは印象派という事になります。
    印象派、皆さんもご存知の通り「感じた事」をコンセプトにしています。
    そろそろ皆さんも解ってきたかと思いますが、
    日本の「ハイコンテクストな文化」の上に、
    さらに西洋から「印象派」という「感じる事」をコンセプトにした、
    アートが入ってきて、日本においてアートは「感じる事」という。
    二重の強化がなされた事となります。
    そしてそして、やがてそれは「アート」は「感じる」という。
    日本においてのアートの自明性が現代までつづいているのです。
    次に少し角度を変えて中国へ、
    皆さんは中国って凄い歴史がある国に思っているかもしれませんが、
    実は中国は1949年建国です。
    ここに中国がアジア現代アートの中心である所以があるのです。
    1949年と言えば、もうアートの中心はアメリカヘ移っています。
    代表する様式で言えばアメリカのポップアートが盛り上がってくる位。
    日本のアートの古典は印象派ですが、
    中国のアートの古典はポップアートなのです。
    もっと言えばアメリカは歴史が浅い国で、
    自国に垂直的なハイコンテクストな文化が無いので、
    水平的なアートのハイコンテクストな文脈を用います。
    実はそれは中国も同じで、
    国としての歴史が浅く、また西洋美術の古典がポップアートですから。
    アメリカと同じく現代アートが花咲く土台があるわけです。

    以上、日本人が「アートを感じる」ベースをお話ししてきました。
    ここまで言ってもまだ日本人には「アートは感じる」のだぁ〜!!!
    と言う人も沢山いると思いますwww
    なのでもう一つ論証として社会学的なアプローチを被せてみます。

    ここまで述べてきた事はアートをターゲットに論考しましたが、
    「公共」という概念にも合わせて言えます。
    日本人が考える「公共」と、西洋人が考える「公共」は違います。
    日本人が考える「公共」とは、
    (日本人が「アートを感じる」ベース その一)でも述べた、
    「自己認識」と「他者認識」が一致する事が自明であるという、
    事がベースに「公共」が成立っています。
    よく言われるのが、日本人の公共とは自宅の延長である。
    例えば、自宅に唾を吐かれたら嫌だから公共でもしないとかwww
    自分がされて嫌な事は他人にしない、
    それって実は「自己認識」に絶対性を見てしまっているのですね。
    しかし西洋では「公共」の考え方は全く違います。
    例えばアメリカはいい例でしょう、
    そもそも、アメリカなどでは。
    「自己認識」と「他者認識」が違うというベースに「公共」があります。
    当然ですよね、人種も民族も宗教も国も違う人間が集まっている国です。
    そもそも「他者」に対する「自己投影」が成立しないのです。
    なのでアメリカなどの「公共」というものは、
    他者を理解する事や尊重する事を重視するのです。
    なので「公共」とは本来「多様性」を包容する事なのですね。
    その多様性を包容するには一定のルールが必要です、
    それが「公共」です。

    これは社会学的な見知ですが、アートも同じです。
    多様性を包容しようとすれば「ルール」が必要なのですね。
    それがアートでアメリカなどが用いている文脈的な手法です。

    最後に、
    「アートを感じる」事自体は否定するわけではないのです。
    そこに絶対性を見出す事が多様性を損なう根源なのです。
    多様性を可能にするには、文脈や文法、作法等。
    共通したルールが必要なのです。
    これが無い日本美術はもう癌の塊と化しているのです。
    目に観えない「感じる事」を悪用し、
    権威や利権の為にある種の信仰を行っている。

    グローバルスタンダード、
    すなわち多様性の波は必ず日本に押し寄せてきます。

    僕は日本がもっと文化レベルの高い国になってほしいと願っています。


    日本と西洋の公共の違い

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/05/09(土) 17:13:02|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アートのグローバル化

    リーダーに必要なのは「認識のズレ」を乗り越える力
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43714


    これ完全にアートの世界と共通しているのですが、
    「グローバルな文脈で求められるのは認識の共有」。

    アートってまず「認識の共有」ができていないのです。

    例えばヨーロッパとアメリカでも違いますし、
    日本とアメリカではもっと認識のズレがあります。

    アートでのグローバルスタンダードを考える時に、
    現在はアメリカがアートの中心である事は間違いありません。

    それがこれからどうなるかは解りませんが、
    少なくとも、アートに関係している人ならば。
    現在においてのアートのグローバルスタンダードを、
    理解しておく事が重要です。

    今日本の製造業などでは、
    数人しか従業員がいない町工場でさえ世界を意識しています。
    経済には既に国境がなくなっているのです。

    その点アートは非常に遅れている。

    未だに日本国内だけの作法や権威で右往左往している人ばかり。

    今後アートのグローバル化は必須です。

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/05/08(金) 19:33:15|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    スマゲーと現代アートにおける愛着


    ドリフトスピリッツ



    最近スマゲー(スマートフォン用ゲーム)のドリスピ(ドリフトスピリッツ)、
    にこの2週間位ハマっておりまして。
    ゲームは基本的に初期のファミコンで止まっておりまして、
    20年以上前のマリオブラザーズ以来ゲームはしていないのですが。
    スマゲーというものを一度フィールドワークがてら初めてみましたw
    ダウンロードは無料で、その後課金制で死んでも課金しないぞw
    と誓って始めたのですが制作側の思惑通り課金してしまいましたw
    素晴らしいプログラム設計ですw

    このドリスピの概要を説明しますと、
    基本ドリフトゲームなのですが操作はゲーム中数回タップするくらいです。
    その他に、自分の車の車種やエンジンやその他部品をアップグレードしていく。
    という本当に簡単なゲームです。
    スマゲーの特徴として操作が簡単な事があげられますが、
    昔のゲームは操作勝負な所が強かった様に思います。
    その上で昔のゲームの楽しみ方と今のゲームの楽しみ方が随分違う様に感じます。
    昔のゲームは単純にテクニックを楽しむ様なものが多かったわけですが、
    今のゲームをやってみて感じた事はある種、現代アートの様な重層性です。
    今回僕がドリスピで育てた車を写真にも添付しますが、
    僕自身このゲームの中の車に非常に「愛着」をもっているのです。
    ではなぜこのバーチャル世界の車に「愛着」を持つのでしょうか。
    それは他でもなく「時間」や「意味」を「重層化」しているからです。
    この「重層化」されたものは、このバーチャルな車の造形から得る情報としては、
    僕一人しかまず理解出来ないもので、個人的な「愛着」です。
    現に、このバーチャルな車を観て皆さんは「愛着」がわかないでしょう。

    この事は「現代アート」を理解する上で重要なキーワードです。
    現代アートを理解出来る人と理解出来ない人のキャズムは、
    先程申した、私がこの車に対する「愛着」が他人には感じられない事と同義です。
    すなわち現代アートではある一定の美術の「時間」や「意味」を、
    追体験しなければ、理解できないのは明白です。
    すなわちその理解出来ないものには、「愛着」は湧かないと言う事になります。

    しかし現代アートで活動している身として残念ながら日本では、
    そもそも現代アートに愛着を持たなくても他に同様のものが沢山あるという事。
    すなわち「愛着」が湧くもの、言い換えればハイコンテクストなもの。
    それが歴史が世界一長い国「日本」には世界一沢山あるんですね。

    所謂「日本的」なものもそうですが「日本文化」そのものもそうです。
    私たち日本人は記憶もそうですがある種ミームのようなもの、
    はたまたDNAレベルで「時間」や「意味」が重層化されており、
    それがハイコンテクストな「国」を生成しているのです。

    今回スマゲーと現代アートを例に出しましたが、
    現代のクリエイティビティは、
    すべてハイコンテクストなものへ移り変わっています。
    それは見た目や操作性は非常にスマートではあるのですが、
    そこにインプットされた情報が膨大であるという特性を持ちはじめています。

    これは一連の「情報弱者」という流れへと繋がっていきます。
    この事は現代アートを理解出来る人と出来ない人のキャズムに非常に近い。
    すなわち「情報弱者」と「情報強者」のキャズムが非常に深くなる。

    この事は未来にどうゆう弊害を生み出すのか、
    それは未来はもっと情報自体のインフラ化が進み、
    本来享受するべき利益を享受出来ないという新しい「格差」を生み出します。

    昨今日本も小学校や中学校で、
    プログラミングを必須にするような動きもあるようです。

    私はこの「情報」による「格差」は自己防衛しか無いと思います。
    「情報収集」「情報分析」「情報発信」。
    それらはこれから必須の能力になってくるのは確実です

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/05/06(水) 21:38:18|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    デジタル時代の行動力の原理

    内向的な人がビジネスの主流になる時代がやってくる?
    http://www.huffingtonpost.jp/ichiro-wada/introverted_b_7177290.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001


    とても共感します。僕自身内向的なのか外向的なのかってより、効率的だと思いますwww それは何故かと言うと、10代20代はとにかく行動力が大事だと思い月に一度は東京に行く様にしてたし、その他の地方も回りまくってました。その時から凄く効率が悪いなぁ〜ってずっと考えていて、たまたまインターネットが普及してきた時代で。こんな時空を超えた空間は素晴らしく効率的だと思ったわけですね。なので今はインターネット中心の活動になっているわけですが、そもそもは自分が実際にその場に行って活動する事をしていたんです。この記事の内容の様な事を少なからず僕自身も10年以上前に感じていたわけです。そもそも少し考えが古い人たちはインターネットなどで活動していると、お前はバーチャルな世界でしか何もできないとか行動力が無いなんて事を言います。しかし僕自身インターネットを始めた時からそうなのですが、ネット世界がバーチャルだという意識はありませんそれを定義したのが「ウェブアート宣言」だったりします。そして行動力というものもそもそも捉え方が違うのですね、では「行動力」とはなんでしょう。そもそも古い考えの人たちは「行動力」=「アナログ」なのです、実際に北海道へ行くとか沖縄へ行くとか、ニューヨークへ行くとかロンドンへ行くとか。それはもう時空を超えた「インターネット」が普及した世界では何の意味も持たないと思います、「行動力」=「アナログ」では無いんですね、「デジタル」でも「行動力」を発揮出来ます。それは「意志決定力」=「行動力」だと僕は考えているからです。何かしらの「欲動」「発想」に対して素早い「意志」の「決定」を行っていく事こそ「行動力」の本質であり、それは「アナログ」「デジタル」というものに起因しません。実際に僕は若い頃から「行動力」があったと思います、それは古い頭の人が考える「行動力」です、その頃に「行動力」のなかった友人や知人はこの時代になっても「インターネット」を有効的に使えていないのです。逆説的ですが、そもそも「インターネット」を有効的に使えない人間がこの時代に「行動力」のある人間だと僕は到底思えないのです。「行動力」とは如何に今ある状況や環境に対していち早く最適な「意志決定」ができるのかという事だと僕は考えています。なのでこの記事の「内向性」と「外向性」がそもそも問題ではなくて、「内向的」だろうが「外向的」だろうが関係なくなった、それは「インターネット」の普及がそれを可能にした。そもそも一昔前に「外向的」だった人も現代では「インターネット」をアクティブに利用していると思う。それは実際の例で言うと「ツイキャス」などのユーザーを観ていると解ると思う。今の若い子たちはそもそも「インターネット」や「デジタル」、「アナログ」を分けて考えていないからね。なのでこの記事の内容自体がもう時代遅れな話題でもあるのだけれど、まぁ分析としては面白いと思う。

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/05/01(金) 18:42:52|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (255)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (28)
      美学 (5)
      美学・哲学 (51)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (25)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.