FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    古典芸人とネット芸人の諸相による類似性

    皆さんはご存知でしょうか、
    年配の方はご存知の方は多いと思いますが、
    若年者の方はむしろ逆のイメージかもしれません。

    そもそも「芸人」という言葉にどんなイメージを持っていますか。
    ここで私が言う「芸人」とは古典的意味においては、
    「芸能」「芸術」「工芸」などの事を生業としている人の事、
    それを指して「芸人」と言っています。

    そもそも日本では「芸人」とは軽蔑され卑下する仕事だったわけです。
    それは伝統芸能や伝統工芸と言われているものも例外ではありません。
    いまでは尊敬され権威さえ与えられるものとなっていますが、
    そもそもは軽蔑され卑下し、差別的な扱いを受けていたのです。

    なので、そもそも「芸人」になる人たちは一般庶民では無く。
    ある意味昔の差別対象者や差別階層の人々が担っていました。
    それは村八分になった人間や、犯罪を犯したものなど、
    一般社会では馴染めなかった人々が「芸人」となったのです。
    「日本」において「芸人」のルーツとはこのように、
    一般庶民として適正が無く社会に馴染めなかった人々だったわけです。

    では話を現代に向けてみましょう。
    僕は長い年月に渡り、
    「インターネット」を「フィールドワーク」しています。
    そこではインターネットで有名に、
    有名人となる人々が多数生まれています。
    例えば簡単に分類してみますと、
    言語表現としての「ブログ」
    映像表現としての「ユーチューブ」
    造形表現としての「ピクシブ」
    キャラクター表現としての「ツイキャス」

    様々な表現方法、それぞれの表現ジャンルで有名人が生まれいてます。
    しかし彼らは、その「知名度」や「影響力」とは裏腹に。
    所謂「ディス」「アンチ」「誹謗中傷」を大量に受けています。
    彼らは一般社会からいえば、「社会不適合者」だからです。
    「フリーター」、「ニート」、「引きこもり」、「オタク」、「精神病」
    彼らは一般社会では馴染めず、インターネットという場所で、
    ある種様々な表現を通して自らの居場所を確保した、
    また確保しようとしている人間たちなのです。

    ではこの様な文脈から何が読み取れるでしょうか、
    今皆さんが憧れ夢見ている対象、
    それは「アイドル」や「芸能人」、はたまた「芸術家」。
    それらのルーツは先にも記載した様に、
    社会に馴染めない人間達、
    元々は差別対象者や差別階層の人間だったわけです。

    では現代においてのインターネットの状況を、
    そこに観ることはできないでしょうか。
    まさに今インターネットで有名人として活動している人間は、
    「フリーター」、「ニート」、「引きこもり」、「オタク」、「精神病」
    いわゆる一般社会から差別されている人間達です。

    これはまさに「芸人」のルーツ「古典芸人」の様相と同じなのです。
    すなわちいま「インターネット」で「有名人」になった人間は、
    「古典芸人」と同じ構造だという事です。

    現代において憧れ尊敬されている「古典芸人」達と、
    現代において、差別され軽蔑され卑下している「ネットの有名人」、
    いえば「ネット芸人」達はその原理からすれば同じであるのです。

    あとどれくらい先になるかわかりませんが、
    近い未来にはかれら「ネット芸人」たちは、
    ネットがもっと成熟され、
    「現実世界」と「仮想世界」がバインディングされ、
    「情報世界」がある意味優位性を獲得し市民権を得た頃に。

    今とは真逆の評価を得ている事を確信しています。
    それは「古典芸人」達がそうであったように。

    「ネット芸人」は、
    いつしか「憧れ」「尊敬」「夢」「権威」。
    そのような対象になっているでしょう。

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/08/26(水) 17:10:50|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    日本アート社会とインターカラーからみる日産アートアワードという出来レース

    数年前に日産アートアワードというのができまして、
    一回目は確か「宮永愛子」が受賞されました。
    しかし、この日産アートアワード以前から、
    宮永愛子は日本のアート社会で猛プッシュされていたのは、
    僕だけが知っている事実ではありません。
    それに加え、
    宮永愛子はナフタリンの昇華という現象を作品にしたという、
    しょ〜もない作品です。

    その作品が日産アートアワードのグランプリで、
    そもそも、
    日産アートアワードは日本人作家の国際的プレゼンスを、
    高めるためという名目で創設されたものですが。
    僕の目からみれば、
    より日本人作家の世界的プレゼンスを無くすものでしか無い。

    簡単に言うなれば、この日産アートアワードは。
    日本の「アート村社会」「クローズド社会」を、
    いかにも「オープン化」しましたよっていうフェイクなのです。

    これはインターカラーのような構造と非常に良く似ています。
    皆さんはインターカラーをご存知でしょうか?
    インターカラーというより「流行色」と言う方が解りやすい。
    最近はその「流行色」も陰が薄くなってきています。
    インターカラーは国際流行色委員会という、
    まさに「流行色」を決める機関なんですね。
    意外に知られていませんが、「流行色」とは人為的に作られた、
    ただの「規格」なのです。
    これはある一定の「既得権益」を確保する為に行われています。
    それはあらゆる産業、
    とくに繊維業などはその色を大量生産できる様に準備しています。
    この流行色は2年前に決定されています。
    しかし、最近ではその流行色も流行しない色になっています。

    ようは日産アートアワードで選ばれる「作家」は、
    インターカラーの「流行色」と同じなんですね。
    つまり業界の「規格」を作って、
    既得権益を確保し、利益の最大化を計る場所に過ぎません。

    ようは色んな業界のパワーバランスや利益確保などで、
    色々な派閥が集まって話合い「作家」「流行色」を決める。
    このような構造です。

    未だにこんな事をしているのが日本のアート社会です。
    まだ世界のアートマーケットの方が、
    市場原理が働き健全だと思えます。

    というか宮永愛子の作品が。
    世界的なアートマーケットでどれだけの価値があるのでしょうか。
    村上隆より高価に取引されているのでしょうか。
    まったく世界ではプレゼンスなんて発揮できてないわけです。
    もう受賞から2年が経とうとしているのに。

    日産アートアワードなどは出来レースです。
    そしてそれを支えているのは、
    日本の「クローズド社会」であり「日本アート村」なのです。

    世界は、とくにアメリカなどはアートマーケットの成熟とともに、
    アートがオープンソース化されています。
    市場原理というものも一つのアートのオープンソース化です。
    僕はアートのオープンソースを目指していますが、
    少なくとも日本においてはアメリカのような、
    アートマーケットを中心にしたオープンソース化は難しい、
    その様に考えていますが。

    少なくともこのような見せかけの、
    日産アートアワードのようなものは潰していかなければならない。

    今年も日産アートアワードが行われグランプリが発表されます。
    そんなものは糞です。
    作られた「規格」を僕たちはぶっ潰すべきです。

    もっと「オープン」にアートがされるべきであり、
    糞みたいな「権威」「利権」は絶対に許しません。

    日産アートアワードの発表を前に、
    この文章を書かせて頂きます。

    美学者母

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/08/16(日) 17:18:30|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    東京五輪エンブレム問題

    また東京オリンピックでもめ事発生してますねぇ。
    新国立競技場につづきエンブレム盗作問題、
    その上に、その周りの所謂「ムラ」の問題や、
    その「ムラ」の人間の盗用問題。
    これはインターネット時代の「光と陰」でしょうか。
    これ僕からの視点で言いますと、

    「インターネット時代にムラ社会は成立するのか」

    という大きな問題に繋がると思います。
    所謂インターネット時代において、
    クローズド社会は生き残るのだろうかという事。

    実は最近の出来事すべてに言える事なのですね、
    例えばアートの「会田誠」の問題、
    例えば新国立競技場の「ザハ」の問題、
    そして東京オリンピックの「佐野」の問題。

    実は20年以上前なら問題にならなかった事ばっかり、
    これらがなぜ大きな問題になるのかってのは、
    インターネットというものがすべてを、
    「オープンソース化」してしまったからなんですね。

    これは「認知」問題であるのですが、
    そもそも人間は「認知」しなければ「存在」しない、
    という大前提があるわけです。
    すなわち、オープンソース化すると。
    すべての人々に「認知」されるという事です。
    今までは「ムラ」の人間だけで認知されて、
    そこに「決済」する権限があったのですが、
    今はあらゆるモノがオープンソース化されてしまい、
    その「ムラ」の決済する力がなくなってしまっているのです。

    僕自身は「アートのオープンソース化」、
    を目指して活動していますので、
    このような動きは大歓迎なのです、
    なので「アート」の「価値」や「権威」がいかに「幻想」か、
    という事をひたすらロジカルにオープンソース化していきます。

    その上で、
    今回「東京五輪のエンブレム」の問題がオープンソースになり、
    今後この問題がどのように収束するのかというのが注目です。
    ある意味この問題は日本のクリエイティブ社会の方向性を、
    大きく左右します。
    それは「デザイン村社会」だけに留まらず、
    「アート村社会」「クリエイティヴ村社会」全体に波及します。

    既得権益を持っている「村社会」と、
    既得権が無い「オープンソース社会」とのガチンコの戦い。

    これは正直もう勝負はついていて、
    「オープンソース社会」が勝利を収めているのです。

    ここからが注目なのですが、
    この「クリエイティブ村社会」の住人達は、
    この後どう尻拭いをし、どう事を納めていくのかです。

    その象徴的な事象が東京五輪のエンブレム「佐野研二郎問題」。

    今後、このエンブレムがどうなるか。
    また彼らの「ムラ」がどうなるか注目していきたいですね。

    最後に、
    今回東京オリンピックのエンブレム盗用の直接的な説明。
    造形的原理やデザイン原理、
    また二次創作などの制作面については、
    あえて一切触れていません。

    それはそもそもこの問題が造形的原理などの、
    創作、創造といった領域の問題以前の問題であります。

    そのような造形的な見解も私は持ち合わせていますが、
    今回はそのような説明が不要であると判断致しました。

    今後どのような対応や動きを見せるか皆様も注目しましょう。

    美学者母

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/08/16(日) 14:35:05|
    2. デザイン
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    生きるという事は、自分を知りたいという事

    人間というのは、自分を全く知らないんだな。
    自分を少しでも知りたいと言う欲求こそ「生きる」という事だ。
    でもどうしても自分は自分で知り得ないのだ。
    そこで、相対的に自分を知ろうとする。
    身近で言えば、家族や友達、又他人を含めた自分以外の人間から。
    もっと言えば、あらゆる物質や自然現象。
    この世界を完璧に掌握したいと言う欲求は、
    自分自身をすべて知りたいという欲求と重なる。

    科学、哲学など「知の探求」は。
    自分自身をすべてしりたいという欲求の相対的現れなのだ。

    僕たちは結局の所、
    最後まで「自分」が何なのか知れないままに死んでいく。

    それが「生きる」という事だ。

    美学者母

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/08/09(日) 12:35:01|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    岸和田生まれ岸和田育ち、悪そな奴は大体他人

    という事で、
    私「美学者母」は生まれも育ちも大阪府岸和田市でして。
    今も岸和田に住んでいます。
    このように地方に住んで現代アートの活動ができるのも、
    インターネットのおかげでございんすぅ。

    普段は全く地元の話はしないので、
    祭の前くらいは地元のお話でもしませうかぁ〜!!!

    まず「岸和田だんじり祭」を皆さん知ってますか??
    最近は結構有名になって知っている方も多いでしょうね。
    でもまだ生で観た事ない人も多いでしょう、
    なのでどんな感じの雰囲気か動画を添付しておきます。

    僕は直接祭に参加はしていなくて、
    祭の時は凄く混雑するので非難している事が多いですwww
    でも本当にいい祭なので是非是非岸和田にお越し下さい!!!

    テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

    1. 2015/08/07(金) 20:26:21|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    今「戦争反対」という情報弱者及び感情論者


    「戦争反対!」とデモしてる人間の方が、よほど戦争するタイプの人間である
    http://blogos.com/outline/126897/


    凄く正論( ̄▽ ̄)
    今戦争反対言うてる人は感情論者、だから一番危ない。大体近代国家が侵略戦争して国際的に受け入れられるわけもないし、今はある程度国の境界は国際的に定義されていてそれを武力で変えようなんて幼稚すぎる発想で野蛮。彼らの脳みそは武力や軍隊イコール戦争という低次元な脳味噌で、ちょっと時代遅れ。そもそも日本が他国に侵略するなんて国際社会が許さないし日本もする訳がない、だって経済的合理性がないんだから( ̄▽ ̄)本当に今、戦争反対言うてる人はもう少し自分の頭で政治を考えた方がいい。これも戦後レジュームのドグマだろうけどね。

    テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

    1. 2015/08/07(金) 19:50:59|
    2. 政治
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    皆さんは議会制民主主義を理解して政治にコミットしているの

    noabe.jpeg


    こういうの観ていつも思うのですが、
    例えばこの小学生が、
    「将来、国会議員になって、戦争したり核武装して、世界の平和を守りたい」って書いたらそれはOKなの??
    この人たちの言ってる事はそれがOKですよって事。

    どうせ、これをオカシイって言ってる人は。
    そんな小学生がでてきたら、アベの洗脳だってなって批判する。

    おかしな人たちだわなwww
    自分たちの政治思想意外は許さない、それ以外はキチガイだって言う。
    それは根本的に民主主義を理解していない。
    むしろ、今のアベさんを批判するのは、
    そもそも議会制民主主義を否定することと同じだと気づきましょう。

    美学者母

    テーマ:政治 - ジャンル:政治・経済

    1. 2015/08/06(木) 14:40:12|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    だんじりLINEスタンプ(ラインスタンプ)

    main.png



    いやはやいやはや「だんじり」の季節がもうそこに!!!
    皆さん準備はできていますかぁ??
    LINEスタンプ「だんじり君」今年も使ってねっ!!!
    https://store.line.me/stickershop/product/1004139/ja

    テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

    1. 2015/08/03(月) 17:01:46|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (263)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (30)
      美学 (5)
      美学・哲学 (55)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (29)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.