FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    他人のふんどしで相撲をとる

    貴方という人間は何者でしょうか?
    どこかの大学の教授?
    どこかの病院の医師?
    どこかの財団の理事?
    どこかの会社の役員?
    どこかの会社の社長?

    最近やはりインディペンデントというキーワードが、
    僕の頭の中をぐるぐる巡ります。

    例えば美術家、アーティストでも、
    どこかの所属アーティスト?
    どこかで展覧会をさせてもらってるアーティスト?
    どこかのお金で補助されているアーティスト?

    一人の人間というのは、
    社会に出た途端に、
    誰かしらのふんどしを借りているものです。

    誰かのふんどしを借りているから、
    そのふんどしは貴方のものじゃないと言われます。
    それは理にかなった話なのです。

    例えば以前、会田誠さんの展覧会に言及しました。
    それは公立の美術館で、他人のふんどしで、
    何かしらのレギュレーションが入るのが摂理です。
    そこに自由と言う名の、自己を、
    レギュレーションを逸脱して、表すことはできません。

    また報道もしかりです、
    テレビや雑誌などマスメディアも、
    これは他人のふんどしです。
    そのふんどしには、バイアスがかかっているのが摂理です。
    右派的なバイアス、
    左派的なバイアス。
    そのメディアのお金の出所によって違うでしょう。
    それは、公平であること以前の、
    もっと根本原理的なものなのです。

    それは生命維持という、
    存在そのものの証明という本質です。

    この一番大切な原理を、
    私たちはよく見逃しています。
    そして、公平や公正、倫理を語りたがるのです。
    それ以上の本質的な上位概念を見ようとしせません。

    まず私たちは、
    どんな事があろうと、
    自らの生命維持を守り抜くバイアスが働くのです。
    それが人の立場を決めるという本質に気付くべきです。

    これはどういう事を証明しているでしょうか?
    それは生命担保が、その人の思考を決定づける、
    その様な証明です。
    そして、いかに人間にとって、
    生命担保が独立性を有しているか、
    それが、表現の自由と直結しているのです。

    最近、美術館関係者が、
    表現の自由について、議論するような、
    そんな話を聞きました。
    しかしその人たち自身が、
    何かしらに属している、
    その事自身が、
    表現の自由を阻害しいてる、
    その様な自明性に気付くべきです。

    今、表現の最先端は、
    インディペンデントをいかに獲得するか、
    それが問われています。

    ここではっきり言いますが、

    下位概念としての何かに属している限り、
    「表現の自由を獲得できない」
    それがすべての答えであり、
    美術関係者が議論する必要もないのです。

    表現の自由とは何か?
    それは独立性であり、
    自らが自らの生命担保を獲得し、
    自ら自身のアーキテクチャーを生成する事です。

    何かに属する事以上に、
    「表現の自由」を阻害するものはありません。

    「表現の自由」を阻害するものは、
    何かに属する事と同じなのです。
    それは、

    美術館、
    大学、
    学校、
    会社、
    グループ、
    コミュニティ、
    団体、
    組織、
    所属、

    何かに属する事をやめる事、
    そして自らが自らの生命担保の保証、
    それが、

    「表現の自由」

    なのです。

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/05/28(土) 15:14:30|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アートメディア論(アートにとってのメディアの重要性)

    皆様どうもお久しぶりです。
    最近はWEBライターの仕事が忙しくて、
    なかなか文章書けていません。

    といっても、
    毎日かなりの文字数を書いているのですが、
    ここ1年くらいはWEBメディアの方の学びをしています。

    数年前からキュレーションメディアというものが、
    とても注目を集めだしています。
    当初はニュース系キュレーションメディアが、
    かなり世間を賑わせていたのですが、
    最近ではあらゆるジャンルのキュレーションメディアができ、
    大企業のキュレーションメディアの買収など活発です。
    直近ではDeNAなどが、Meryなどを、
    50億円で買収し、DeNAがキュレーションメディアを、
    次の企業の柱の事業にしようとしています。

    僕自身も、現在様々なメディアと契約して、
    様々な執筆を行っています。
    ファッション、芸能、インテリア、文化、、、

    まだオープンされていないメディアの執筆もしていて、
    色々とメディアの学びをさせていただいています。

    そこで強く感じるのは、
    IT企業vsプロパ企業
    という図式です。

    これからあらゆる分野でこの構図は生まれてきます。
    例えば自動車業界でも、
    IT企業vs自動車メーカー

    例えばメディアでも、
    IT企業vs出版社

    この図式は様々な分野で見られます。
    とくに僕は今メディアに関わっていますので、
    特にメディアの紙媒体の時代はもうすでに終わった。
    そう完全に認識しています。

    またIT企業とプロパ企業の認識の差というものが、
    今後、プロパ企業がIT企業に負けていく要素になる。
    そう強く感じます。

    例えば僕たちがWEB上でライティングする時の、
    「質」というものと、
    紙媒体のメディアの「質」というものは、
    同じ執筆でも全く違うという事です。
    これは実は非常に重要な事で、
    アナログ世界で求められている「質」というものが、
    デジタル世界では全く求められていないという事です。
    ここは、「質」に関して詳しく書きたいですが、
    これは企業秘密にしておきますwww

    ただプロパの世界でいた人たちは、
    考え方をパラダイムシフトしないと生き残れない、
    それだけは言えています。

    これは実はアートの世界も同じなのです。
    僕のようにITを駆使して活動している人間と、
    アートプロパの人間とのvsは始まっています。

    IT作家vsプロパ作家

    この勝負どちらが勝つかは目に見えている話なのですが、
    ご想像にお任せしますwww

    ここでもプロパ作家にパラダイムシフトが必要なのです。
    すなわち、アートの「質」が変わったのです。
    プロパ作家の「質」は、
    インターネットを中心としたアートでは求められていない、
    そう簡単に認識してもらえればいいと思います。

    肝心な所は明かすと、僕の利益を損ねるので、
    深くは書きませんが。

    すなわちアートのインターネットでの「質」というものが、
    今既に「生まれている」という事に、
    アートプロパの人たちは気付くべきなのですね。

    この様な事は、
    数十年後には当たり前のアートの話になってきますが、
    現在そのインターネットでのアートの「質」を、
    言及している人、また理解している人は皆無です。

    まぁ、何十年後のアートの常識になって、
    美学者母はやっぱり凄いと言われる様に、
    この記事でも残しておきますwww

    ちなみに僕がメディアを使って、
    どの様な活動をしているのかURLのリンクを貼っておきます。

    おそらくこれ自体が、
    今までのアート自体の作家活動として無かった動きです。
    僕が何をしようとしているのか、
    読み解いてみるのも面白いかもしれませんwww

    https://jooy.jp/42717

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/05/17(火) 14:41:52|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (263)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (30)
      美学 (5)
      美学・哲学 (55)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (29)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.