FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    本当に世の中を変える事は変わり映えの無い原理

    ポケモンGOはAR/VRの全てを変える(そして何も変えない)

    http://jp.techcrunch.com/2016/08/14/20160812pokemon-go-changes-everything-and-nothing-for-arvr/



    この記事は素晴らしく面白い。
    この記事を読みながら、
    僕が尊敬するマルセル・デュシャンの泉を思い出した。

    マルセル・デュシャンの泉は、
    アートにとっての特異点だったと考えている。

    しかしアート史上もっとも重要な特異点となった作品は、
    「便器」である。

    これは昨今のテクノロジーやアートに投げ掛けている問いである。
    表面上の飛躍というのは実は容易な事なのです。
    僕の言説で度々批判しているチームラボの作品などは、
    表面上の飛躍なのですね。

    最近の話でチームラボとラッセンの同義性を論じている、
    その様な言説もあるのですが、
    この点については私も全く同意するのです。
    これは作品単体としての評価では無く、
    アートマーケットやポピュラリズムとの親和性、
    それらも含めたアーキテクチャ自体を肯定するものです。

    しかしラッセンにしても、チームラボにしても、
    それ自体をアーティストが企てたものかは疑問です。
    実際に起こっている現象としては、
    アートとして価値があるものかもしれませんが、
    それが同時にアーティストの評価には全く繋がりません。

    むしろその様なコンテクストで見るのならば、
    ディズニーランドやユニバーサルスタジオの方が、
    格段に評価できるし、
    同じ土俵で考えると、
    チームラボのショボさが理解できると思います。

    本質的にアートやテクノロジーの飛躍とは、
    実はほんの少しの意識、認識のズレなんですね。

    アートの専門家、特に僕はそうですが、
    その原理的な意識や認識のズレを分析するわけです。

    つまり本質的にアートやテクノロジーが進化した、
    それは現象として、認識としてのズレが生まれた、
    それはある一部の人間に起こったのではなく、
    マスレベルでそれが起こった時に進化したと言います。

    なので、表面的に壮大で、華やかで、圧倒される、
    その様な意味での進化というものは無いのです。

    その様な表面性の演出というのは、
    資本をかければいくらでもできるのですねwww
    それはディズニラーンドやユニバーサルスタジオ、
    さらに言うとアラブのお金持ちの国、
    無駄に高いビルとか無駄に豪華な建物、
    無駄に演出された壮大なショー。

    しかしそれらの表面性は、
    アートやテクノロジーにとっては特異点にはなりません。

    アートで言えば、
    真鍋大度の地味なYOUTUBE動画の作品の方が、
    特異点となる重厚さがあります。

    本質的なイノベーションやパラダイムシフト、
    その様な事が実際に起こっている時というのは、
    普通の人は気づかないわけです。

    なぜならこれらは、
    無意識レベルで起こる、
    認知バイアスの反転が起こっているからです。

    この反転を特異点と言っていいと思いますが。
    この認知バイアスを反転させるという事が、
    どれだけ難しいかという事を理解する事が必要です。

    僕たちアーティストというのは、
    この特異点を自ら認識し、
    社会の人々の無意識レベルに侵入し、
    それをいかに反転させるのかという試みを行っています。

    実際の所ここまで考えて企てしているアーティストは、
    世の中にほとんど存在しません。

    しかしアートの起源から考えても、
    呪術であった頃から、美術である現在まで、
    アートというのは、一つの「術」であるのです。

    その「術」を使う人間がアーティストなのですね。

    その「術」を理解して使っているのが僕で、
    その「術」を理解していないのがほとんどです。

    ただ僕の尊敬しているマルセル・デュシャンなどは、
    その「術」を理解していた人間です。

    これらの理解の違いは、
    ある意味カルト宗教や霊能者の様な人間と関係があるのですが、
    この事はまたの機会に譲ります。

    今回ポケモンGOについての記事への言説ですが。

    今回はARに対しての特異点であると記事ではあります。
    まさに僕もその点に関しては同意します。
    つまり僕たちはARに対しての意識や認識、
    その認知バイアスを反転させられたのですね。

    アート的に言うと、
    事象の地平を広げられたわけです。

    これは我々人類にとって、
    より豊かな世界を創造する事を意味します。

    そして、
    何よりも世の中を変えるという事は、
    実は本当に少しの意識や認識のズレ、
    それが原理であるという事を、
    皆さんに少しでも理解していただければ幸いです。

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

    1. 2016/08/15(月) 13:38:05|
    2. 美術理論
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    年齢と知性、認知の劣化

    すっかり年を取ってすっかり変わってしまった鳥越さんを眺めながら考えていたこと

    http://blogos.com/outline/186772/


    1995年最先端OSのWindows 95が発売された。
    そしてコンピューターは常にアップデートされている。

    人間にもアップデートが必要だ!!!

    さて今回鳥越さんの記事をシェアしての言説ですが、
    この記事の内容は鳥越さんだけの話ではありません。

    とくに僕が感じる所は、
    facebookなどで老害な言説を多く目にする所です。

    私はそういう人を反面教師にしながら、
    37歳になっている自分自身に、
    常にアップデートしろ、
    その様な意識を強烈に与えているのです。

    年齢を重ねていくと、
    過去の自分を否定することが難しくなります。
    自らのアイデンティティとなっているからですね。
    自ら学んだ哲学、思想、
    自ら体験した感動、衝撃。

    これらの老害がアップデートするのは、
    ある種、相当な知性が必要です。
    その時点で、年齢的な知性の劣化、
    認知の劣化を乗り越えなければなりません。

    しかし無事アップデートできたとしても、
    そのOSやハードウェア自体が次元の違いを生み出す事もあります。

    これは、すなわち、
    いくら頭脳明瞭で、知性、認知の優れた人でも、
    その時代のパラダイムシフトやイノベーションに適応する。
    そのような事ができなければ、
    その知性や認知は無意味になるという事です。

    これは実際の僕の経験上からお話しします。
    私は20年以上Macのパソコンを使っています。
    実際Macをずっと使っている方は理解できると思いますが。
    基本的にMacは私が知っているこの20年で、
    何度もパラダイムシフトやイノベーションを起こしています。

    その中でも弊害が大きかったのは、
    マイクロプロセッサの改変です。
    アップルはMacのマイクロプロセッサを、
    2006年にインテルへ変更しました。

    このインテルMacに改変した時は、
    かなりの弊害がユーザーにはあったのですねwww

    この様な大幅な改変は、
    アップデートよりももっとリスキーなものです。

    人間で考えてもこれは人生を真逆に変えるようなものです。
    しかし時として、
    その様なパラダイムシフトを、
    人間自身も起こさなければならない。

    これは、人間なら、
    自分自身の定義そのものを改変する様なものです。
    それは例えば、
    自分自身の学問だったり職業、地位や名誉、肩書き。
    あなた自身を定義している、
    アイデンティティやイデオロギーを、
    総入れ替えする様なものです。

    この様な行動は、学歴が高い人ほど無理なことでしょう。
    それは学問自体が過去から現在への因果、
    つまり演繹的なOSの上に起動しているからです。

    私の様な低学歴でアウトサイダーの人間と、
    まずオペレーションシステムが違う、
    その前にマイクロプロセッサも違うので、
    ハードウェアからソフトウェアまで、
    全く違う方法で表層化しているわけですね。

    私が総じて老害と言っていますが、
    私の老害という意味は、
    ただ単に年をとっているという意味以上に、
    アップデートができていない人間、
    OSが現在に適応していない人間、
    マイクロプロセッサ、
    ハードウェアが骨董化している人間。

    その様な人間を指しているのですね。

    つまり本質的には年齢で老害というより、
    逆に古いハードウェアに、
    最先端のOSが載っかている、
    そんな人に対して、
    僕は老害など絶対に言いませんwww

    実際に、
    私のfacebookの年配の方々の中には、
    その様な人が多数おられる。

    私はそんな人たちの様に年をとっていきたい!!!

    だって、タマゴ型のMacで、
    最先端のOSが起動してたら、
    マジで超クールだと思うんですよねwww

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2016/08/12(金) 17:33:58|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Love Singularity 人工知能(AI)と芸術、美術、アートの未来

    Love Singularity
    人工知能(AI)と芸術、美術、アートの未来


    1. 2016/08/07(日) 16:34:10|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    1978年生まれ、1990年代の黎明期 (フリースタイルダンジョンに寄せて)

    「フリースタイルダンジョン」をもっと楽しむための日本語HIPHOPブックガイド●入門編

    http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20160803/E1470155249496.html

    まさに僕は般若と同い年、
    僕の地元は大阪泉州で、
    ヒップホップよりレゲエがその当時から盛んだった。
    なので日本語レゲエからの影響で、
    日本語ラップを聞いていたわけです。

    僕は当時音楽は聴くもので、
    スケートボードをしていました。
    なので、当時を知っていれば分かる通り、
    メロコアなども聴いていましたwww

    日本語ラップ、日本語レゲエなんてのは、
    当時はダサイものだと99%の確率で言われていました。

    しかしどの世界でも黎明期というのはあり、
    また、それらはほとんど一般受けしません。

    それはインターネットも同じです。
    当時、1997年位はインターネットの黎明期です。
    インターネットももちろん、
    オタクがするダサイものでしたwww

    そんな時代を直に見てきた僕は、
    1978年生まれの37歳です。

    日本語ラップもここまで認知され、
    インターネットは社会インフラとなりました。

    こんな事を書いて何が言いたいのかというと、
    僕は高校まで野球を本格的にしていました、
    高校では越境留学までして、
    本気で甲子園を目指しました、
    そして18歳から、独学でアートを始めました。

    しかし、
    20年近くアートに取り組んでいますが、
    まだ自分がアーティストとして、
    社会に認められていないと考えています。

    認められていないものを、
    社会に認めさせるというのは、
    非常に難しい事です。

    しかし、しっかりと本質を見極め、
    しっかりと地道に続ければ、
    必ず道は開けるのだと、
    日本語ラップやインターネットを見て、
    強く思ったわけです。

    世界は非常に早いスピートで変化しています。
    おそらく、今戯言にしか考えられていないもの、
    全く相手にもされていない人、
    それらが、未来の世の中を創造していくのです。

    それは、
    確かに1997年当時、
    日本語ラップやインターネットが、
    ある意味、一般的に受け入れられていなかった事実、
    それらを観てきたから解ります。

    これを読んでいる人にはぜひ貫いてほしい事、
    本当に自分が信じる道を進む事です。
    何か新しい事をする、又は始まるとき、
    他人は絶対的に認めません。
    しかし己を信じるのです。
    周りに惑わされてはいけません。

    自分の感性、思考、審美眼を信じるのです。

    最後まで自分を信じぬけたものが、
    創造者の創造者たる根源です。

    美学者母

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/08/03(水) 14:59:06|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (263)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (30)
      美学 (5)
      美学・哲学 (55)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (29)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.