FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    個人が雑誌を発行している現代(美術手帖宛)

    以前のニュースですが、
    目に留まったので。

    2015年に、
    美術手帖を出版している、
    美術出版社が、
    民事再生で実質倒産し、
    CCCがスポンサーになったニュース。

    昨今あらゆる出版社が倒産しているわけですが、
    この根底には何があるのでしょうか。
    特に僕はアート関係の人間なので、
    美術手帖をベースに論考していきます。

    まず美術手帖の出版部数は60000部、
    美術出版社の売上が12億円との事です。

    まぁ12億円の売上がどの程度かというと、
    大阪で言うと、
    東大阪の小さな町工場でも、
    それ位の売上はあるでしょう。

    端的に、
    収益を効率良く上げる企業としての価値、
    それはほぼ無いと考える事ができます。

    ではメディアとしての価値、
    美術というニッチな業界ですので、
    情報を集約し、編集し、発信する。
    ここに美術手帖や美術出版社の、
    「価値」があるのだと思います。
    すなわち媒介する媒体としての価値です。

    しかし、
    IT革命以後のメディア環境の変貌で、
    この媒体としての価値もほぼ無くなりました。

    現代では昔でいう媒介する媒体を、
    個人が担ってきています。
    それはSNSなどの普及により、
    個人から発せられる情報が、
    大多数の人間に直接届ける事ができる、
    そんな時代になったからです。

    その様な中心的な役割を担う人間を、
    インフルエンサーと呼んでいますが、
    この個人が媒介する巨大なメディアは、
    数万人から数十万人、
    時には数百万人へ情報を届けます。

    先ほど美術手帖の出版部数を60000部と紹介しましたが、
    数字をみればわかる通り、
    わざわざ美術手帖なんてメディアが必要無いのです。
    ここから企業的価値もメディア的価値も無い事が、
    一目瞭然です。

    では美術手帖や美術出版社が唯一価値があるとしたら、
    それは「権威」というものです。
    これは悪しき風習の残りカスのようなものですが、
    美術手帖や美術出版社というのは、
    もう社会的価値の無い、
    残りカスの様な存在なのです。

    日本の美術業界全体がそうですが、
    最終的に権威というものにすがるしかありません。
    具体的に、
    美術手帖にピックアッップされたい人間が、
    おそらく美術手帖の一番の読者層なのですね。

    古い日本の画壇などでも、
    権威者に認められるために、
    その権威者なり、
    師事している権威者の作品を購入するのです。

    「権威」とは盲目的な信仰であり。
    新興宗教と同じで、
    その資本の流れは、
    信徒がお布施するお金で、
    その教団は成立しています。

    美術手帖という雑誌が成立している構造は、
    美術手帖へ掲載されたい、
    またピックアップされたい人たち、
    それが主な購読者であり、
    閉じた系でお金が回っているに過ぎません。

    もうこの辺でお気づきだと思いますが、
    美術手帖、美術出版社の役目は終わったのです。

    そして私の様な、
    無名のアーティストが、
    数千人、数万人へ向けて、
    この様に、
    自分の表現ができている。

    その現実を理解してください。

    もっとラディカルに申しますと。
    現代は私の様な個人が、
    昔でいう雑誌を発行している。
    という事なのです。

    「美学者母手帖」
    発行部数10000部
    美術作品、美術批評、あらゆる言説

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/11/27(日) 12:12:53|
    2. 経済
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    動的平衡としての平和と戦争

    人間とは概念世界に生きているので、
    認識する必要がある。
    認識とは、
    それとそれ以外を判別することで、
    そのものを、
    それと認識できるのである。

    しかし世界の本質とは、
    それが、
    それで有り、
    それで無い、
    という事が本質なのである。

    私たち人間は、
    認識すると同時に、
    その本質を失うのである。

    それはどんなインテリであろうが、
    天才、秀才であろうが、
    概念世界においては、
    誰もが本質を失っている。

    だからこそ、
    インテリ層がオウム真理教に心酔していったのである。

    つまり概念世界では捉えきれ無い本質を、
    私たちは知りたがっているのである。

    ここで言っているのは精神的本質であるが、
    また人間的、生物的本質もまた同じである。

    生物学的には、
    人間は動的平衡を保ち生かされている。
    つまるところ、
    肉体は有ると同時に無いのである。

    この事は、
    細胞の死と、
    細胞の生が、
    常に同時的に起こっている事を示す。

    ではこの様な本質的な考察から、
    平和や戦争を考えてみる。

    日本のリベラルと言われている人、
    特にインテリ層は、
    ここで言っている本質を失っている。

    私たちが平和を意識すると同時に、
    どこかで戦争が同時に起こるのである。

    どうしてそうなるのか?

    それが概念世界の本質だからだ、
    平和というエネルギーが強くなるほど、
    戦争というエネルギーが強くなる。
    お互いを相殺しようとする、
    動的平衡の作用である。

    つまるところ、
    この世の中から、
    平和を願う人が居なくなれば、
    本質的には、
    戦争は無くなるのである。

    これはある種、
    仏教哲学も同様で、
    己を意識すれば、
    己以外が現れる。

    悟りとは、
    己と全体、
    全体と己が、
    同時に存在している事で、

    概念世界では、
    縁起や空と表現される。

    また造形的には、
    曼陀羅として表されている。

    僕が繋がっているインテリ層は、
    どうもリベラルである事が、
    先端的で本質であると、
    西洋思想を盲信している。

    ある意味「カルト」なのである。

    自分が頭脳明瞭だと思っている人間ほど、
    実はバカでアホなのだ。

    それは、
    この文章の本質に記載している通りである。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2016/11/26(土) 16:25:39|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    本当の民主主義が発動したアメリカ大統領選

    日本人がまったく知らないアメリカの「負け犬白人」たち

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50253


    今回アメリカ大統領選挙が行われ、
    次期大統領にドナルド・トランプが指名された。
    これは民主主義の終焉なのか、
    それとも本質的な民主主義のはじまりなのか。

    啓蒙思想やフランス革命以後、
    理性を中心とした、
    人間の倫理や規範を元に、
    この世界は民主主義的に、
    社会を定義づけてきた。

    しかし現代に来て、
    その理性をベースにした、
    社会秩序は危ぶまれてきている。

    そもそも純粋理性や絶対理性などが存在するのか?
    それは、
    現代まで人間にはその様なものがあるとされ、
    その上で社会は秩序立てられてきたのである。

    しかし現代の「大きな物語」の終焉とともに、
    その理性をベースにした、
    倫理や規範さえも多様化してきたのである。

    それは当初啓蒙主義やフランス革命が目指した、
    純粋理性や絶対理性をベースにした、
    その思想を打ち砕こうとしている。

    今世界で何が始まろうとしているのか。
    それは、
    まさに理性というある種の人間らしさ以上に、
    人間の動物としての本質である野性が表層してきたのである。

    ここで根本的に民主主義の根幹が揺るぐのである。
    理性というものがあるのと同様、
    さらに深部には、
    人間の動物的野性がある事を、
    私たち人間は忘れていたのではないだろうか?

    野性とは、
    ある意味、支離滅裂であり論理的ではない、
    しかし動物にとって必要な感性で、
    時に人間的理性よりも、
    瞬発的に正しさを明示してくれるのである。

    つまり人間の根幹は、
    人間的理性よりも、
    動物的野性にあるのだ。

    これは元より、
    アメリカ大統領選の結果を観れば、
    誰も否定する事はできない。

    今回のアメリカ大統領選は、
    一部の知識人では、
    南北戦争のシミュレーションだと言われている。

    そこから考えるに、
    これはある種現代の戦争であって、
    虚像の理性をうたった民主主義から、
    本質の野性を剥き出しにした民主主義が始まった。

    そう考えると、
    この出来事は、
    本当の意味の民主主義の勝利なのである。

    この現象は世界的に広がっていく、
    あの、
    啓蒙主義とフランス革命の様に。

    啓蒙主義とフランス革命で、
    ある意味力を持った、知識人。
    そして論壇や権威。
    そんなものが無力化する。

    それはもう日本において、
    知識人の言説や言葉が何の力も持っていない現代、
    それを体現している。

    これは本当の意味の民主主義の夜明けで、
    マイノリティの知識人よりも、
    マジョリティの一般人。

    すなわち多数であることの力を、
    マジョリティ自身が気付き始めたのである。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2016/11/20(日) 18:59:54|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    川上量生と宮崎駿からみえるポスト現代アート、現代美術

    理性的と感情的の相対性であって、
    例えばクリエイティブで考えると、
    本質を語るより、
    感情を揺さぶる方が、
    多くの人を動員できるというロジックです。

    すなわち宮崎駿は感情的で動員を起こすが、
    川上量生は理性的で本質や原理を言っているが動員は起こらない。

    これは、
    研究者と創造者の違いでもあるのだが、
    結果、これはある種の民主主義の限界とも繋がる。

    それはアメリカ大統領がトランプになったのと同じで、
    感情的なものは動員しやすい、
    すなわち多数派を形成するには、
    感情で動員するのが簡単だという事です。

    つまり本質的な原理、論理などよりも、
    感情が優先されるという事が、
    ある種の民主主義の終焉を告げているのである。

    この事はあらゆる知識人、
    哲学者、美学者、科学者などなど、
    この人間の振る舞いを理解しなければならない。

    しかし僕は、
    この様な文脈のない感情動員を、
    量子論的に理解し、
    ポスト民主主義、
    ポスト資本主義、
    そして、
    ポスト現代アート、
    そう捉えており。

    「量子論美術宣言」を宣言した。

    このある種、
    論理的に矛盾している事こそ、
    ある種のカオスであり。

    実はそこに、
    論理的、演繹的、本質的なものを超えた、
    超越的人間世界があると考えています。

    その意味で、
    宮崎駿の次の作品があるとすれば、
    ぜひ観てみたいと思っています。

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/11/15(火) 14:00:25|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ドワンゴ川上会長が宮崎駿に激怒された件について

    人間は自らの認知により行動を制限されている。
    そこから芸術というものが、
    ある意味その認知を広げるものとして有用で、
    この痛みを感じなくした人体CGは、
    実は極めて人間という本質を宿しているのですね。

    例えば、
    健常者が障がい者と接して、
    初めて気づく事がとても多いのですが、
    それはまさにその本質に気づく事なのです。

    例えばこのCGを観て思い出したのですが、
    僕はコンテンポラリーダンスが大好きで、
    たまにダンスを観に行きますが、
    まさに彼らの動きはそのような、
    人間離れした動き。
    それは身体的能力だけに限らず、
    想定を超えた、ある意味文脈や因果を超えた動き。
    そこに感動を覚えるのです。

    この映像を観て、
    ネットの反応は宮崎駿を支持している人が多いですが。
    僕はこのCGは素晴らしいと感じました。

    まだまだ研究段階で、
    ビジュアル的に未熟な部分が多いとは感じましたが。
    本質的には素晴らしいものです。

    宮崎駿はこのCGを観て、
    一度は引退した長編アニメを創るリビドーとなったようで、

    逆にあのCGを生命に対する冒涜と言った宮崎駿が、
    どんな方法で、
    生命の本質を表出させるのか。

    とっても楽しみです。

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/11/14(月) 21:16:18|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アートっぽさが大量消費される日本(TOKYO DESIGN WEEKのアート殺人事件をうけて)

    2016年11月6日に、
    TOKYO DESIGN WEEKでアート殺人事件が起こり、
    5歳の子供が命を亡くされました。

    まずもって、
    謹んで、お悔やみ申し上げます。

    この事件は、
    私自身は事故ではなく、
    殺人事件だと考えていますので、
    その様に表現させていただきます。

    また、
    現代アート作家、
    現代美術家、
    美学者、
    その様な肩書きで活動している私ですので、
    今回のニュースでは現代アート作品と、
    アナウンスされている事からも。
    他人事では無く、
    一人の創造者として、
    怒りとともに、
    大きな責任を感じている所です。

    今回の事件に対し、
    創造者として正面から受け止め、
    私なりの考えを書かせて頂きます。

    (アートとは何か?)

    まずもって今回イベントで設置されていた展示物が、
    現代アート作品とニュースでアナウンスされていました。
    ではあの展示物がなぜアート作品なのか?
    という根本的な疑問が生まれます。
    これはアートという言葉が、
    現代の日本では大量消費される対象であり、
    それ自体が目的では無く、
    手段としてのアートっぽいもの、
    それをアートとして展示しています。

    今回の事件の根源的な問題とも繋がりますが、
    TOKYO DESIGN WEEK、
    芸術祭、トリエンナーレ、ビエンナーレ。
    現在このような形態のアートイベントが、
    日本では大量に発生しています。

    まずアート作品そのものが目的ではなく、
    そのイベントが目的になり、
    アート作品そのものが手段に成り下がっている。
    それが今回の事件の根源的な問題です。

    アートはそれ自体が目的でなければなりません。

    (大量消費されていくアート)

    かの有名なアーティスト、
    アンディ・ウォホールは、
    大量消費社会をアイロニーに表現し。
    そのコンセプトを芸術へと昇華させました。

    しかし現代の日本のアートは、
    ウォホールがコンセプトにしたもの、
    それは大量消費される、物、イメージなど。
    それ自体にアートがなってしまっている。
    これは大変危険な事です。

    これはアートが、
    一つのコンテンツになってしまっているのと同義です。

    今回の事件でもまた、
    TOKYO DESIGN WEEKというイベントの、
    一つのコンテンツとして、
    アートっぽいものが消費されていました。

    つまり現在のアート的なイベントに必要な、
    アートっぽいコンテンツが枯渇している状態なのです。
    昨今のアートイベントの乱立、
    また、今回のTOKYO DESIGN WEEKでは、
    インタビューで600点もの展示物があったと聞きました。
    その中でも本当にアートと呼べるもの、
    アートの本質を理解しているアーティストは、
    1パーセント以下だと考えています。
    すなわち、
    その他の99パーセントは間に合わせで、
    アートっぽいコンテンツを揃えなければなりません。

    すなわち、
    今回事件を起こした展示物を制作したのは、
    日本工業大学のサークルという事ですが、
    これは誰が考えても、
    コンテンツの間に合わせという印象が拭えません。

    アートが解らない、
    アートの本質が理解できていない、
    大学生という未熟な人間に、
    間に合わせのアートっぽい展示物を制作させた。
    これはある意味、
    この未熟な大学生達も被害者と考えても、
    私はいいと思っています。

    (殺人の加害者は誰か?)

    今回の事件は日本工業大学の建築や工学系の学生が、
    参加し制作した展示物だと聞いています。
    まずアートの素人です。
    そして学生です。
    これがアーティストなら話が違いますが、
    アーティストでは無い人間に、
    何かを作らせて、
    これが現代アートですという、
    その様な価値担保をしたのは、
    そもそも誰かという事が、
    本質的な加害者へと近づく道です。

    TOKYO DESIGN WEEKの組織は、
    様々なジャンルの権威者が集まっている、
    その様な組織です。

    つまり、
    この様な未熟な展示物に、
    現代アートという価値担保を与えた張本人は、
    まさしくTOKYO DESIGN WEEKという組織です。

    今回のアート殺人の加害者は、
    TOKYO DESIGN WEEKの組織に名前を連ねる、
    様々なジャンルの権威者一人一人なのです。

    (アーティストとそうでない者との違い)

    以前に日本の現代アートで死亡事故がありました、
    その時は、
    作品制作中の作家本人が死亡しました。
    それは一酸化炭素中毒です。
    その時にも同じ事を発言しましたが。

    マテリアルへの愛、知識、あつかい。
    これがアーティストにとって大変重要である。
    これはリビドーとしての表現として、
    通常通るべき思考プロセスでありますし、
    素材というものはアートにとって、
    一番大切な表現媒体です。

    すなわち、
    自分が表現を置き換える媒体ですから、
    ある意味、
    アーティストにとって命の様なものです。

    例えば物理的なマテリアルなら、
    どの様な性質や特性があるのか、
    どういった危険性があるのか。
    など、
    基本的にアーティストは素材研究を行います。

    それはコンセプチャルアートでの、
    素材としてのコンセプトでも、
    歴史や時代背景、その意味、解釈など。
    素材としての情報の研究をします。

    私で言えば、
    インターネットをマテリアルとしていますので、
    インターネットの研究はもちろんの事、
    それを媒介するデバイス、
    ハードウェア、ソフトウェア、
    最先端科学まで常に研究しています。

    今回の日本工業大学の学生に、
    その様な知性はあったでしょうか?
    例えば建築を学べば、
    木材建築は学びますし、
    消防法からの難燃・防炎素材など、
    それらは学んでいるはずですが。。。

    つまり素材への愛がなかったわけです。
    彼らにとって、
    その素材であるべき必然性もなかったでしょうし、
    その素材への敬意も無かったでしょう。
    照明一つにしても、
    光の学びが必要です。

    そのようなプロセスが無い、
    ただ形だけを真似した設置物。

    例えばインスタレーションという表現形態は、
    誰にでも行えるものですが、
    本質的にはそんなに簡単なものではなく、
    非常に困難な表現です。

    しかし、
    一見すると、
    その違いは全くわかりません。
    アートっぽくするのは簡単です。

    アートはアーティストが行うべきで、
    アーティストにはそれなりの知性や教養が必要で、
    さらに自分の命を掛けて取り組む姿勢が必要です。

    この学生たちにその気があったでしょうか?
    このサークルのツイッターアカウントは、
    即日削除されたそうです。

    まずアーティストなら、
    今回の事件に真正面から向き合う、
    それが最低条件でしょう。

    彼らはアーティストでも無いし、
    展示物は現代アートでも無い。
    それは明確に示しておきます。

    (最後に・・・ 起こるべくして起こった事件)

    ここまで読んで頂いてありがとうございます。
    今回の事件は、
    昨今の大量消費されるアートっぽいもの、
    それが展示されるイベント、
    それらから導き出された結果です。

    ある意味起こるべくして起こった事件です。

    もう今の日本のアートは腐っています。
    TOKYO DESIGN WEEKを筆頭に、
    芸術祭、トリエンナーレ、ビエンナーレ、

    それに、チームラボやら

    アートっぽさを消費している限り、
    この様な悲惨な事件はまた起こるのです。

    もっと本質的にアートを、
    より多くの人が理解する、
    その様な思いをもって今回執筆致しました。

    本当に今回の事件は悔しいです。
    日本のアートにも飽きあきです。

    僕は自分のやるべき事をやっていきます。
    少しでも本質的なアートを伝えるために。

    美学者母

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/11/08(火) 19:20:25|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (263)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (30)
      美学 (5)
      美学・哲学 (55)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (29)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.