FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    僕が新卒就職した日鉄日新製鋼が実質潰れた事に思いを馳せる。(結局のところ正しさとは自分の中にしかない。)

    今日ある所で、
    日本製鉄のニュースを見ました。
    なかなか製鉄業界に詳しい方はいないと思いますがwww
    日本製鉄は新日鉄と住友金属が合併してできた会社ですね。

    その日本製鉄と僕が何の関係があるのか?
    って感じですが、
    僕は元々新卒で入社した会社が、
    当時の名前で日新製鋼という製鉄メーカーで、
    数少ない高炉メーカーの一つでした。
    まぁ会社としては東証一部上場で、
    しっかりした会社ではあったのですが、
    僕はすぐに辞めてしまったんですね。
    その時に日新製鋼の人事から言われた言葉ってのが、
    かなり僕の人生に影響を与えまして、
    その当時日新製鋼を退社する事に関して、
    まぁ賛成する人は誰もいなくて、
    会社や家族含めて大反対でした。
    特に人事の人間には、
    「お前はもうこの会社以上の会社には入れない」、
    「一生後悔する」、
    「もう一生ここ以上の給料はもらえない」、
    なんて事をいっぱい言われましたwww
    まぁこの言葉があって、
    言われた事が、
    かなり悔しかったので、
    日新製鋼より大きい会社で、
    条件のいいところに転職したりしたんです。

    僕の人生のモットーは、
    「やってやれない事はない」ですので、
    まぁやってやるよって感じでした。

    そんなこんなで、
    今日、日本製鉄のニュースを見まして、
    色々と考える事がありました。

    それは現在は、
    日新製鋼は日鉄日新製鋼という会社になっていて、
    日本製鉄の子会社になっていて、
    近々合併する事になっている様です。

    その上で日本製鉄の再編によって、
    ニュースでは、
    日本製鉄が呉製鉄所を閉鎖するという事が、
    報道されています。
    しかしこのニュースにはカラクリがあって、
    この呉製鉄所は、
    日新製鋼の唯一高炉がある所なんですね。

    つまり日新製鋼の高炉を無くすという事ですね。
    実はこれってかなりやばい事で、
    日新製鋼の製鉄所を閉鎖する、
    つまり高炉を無くすという事は、
    その高炉の後工程が全ていらなくなるわけです。

    日新製鋼の工場は、
    呉製鉄所以外にも工場がありますが、
    結局は呉製鉄所で作られたものを、
    後工程として冷延したり、
    メッキしたり、
    塗装したり、
    その様な表面処理の工場なわけです。

    それはつまり、
    僕が新卒入社したのは、
    日新製鋼の堺製造所だったのですが、
    堺製造所はまさに、
    表面処理の工場で、
    呉製鉄所で作られたものが、
    運ばれてきて表面処理をしているわけです。

    という事は、
    呉製鉄所の閉鎖というニュースは、
    日新製鋼系統の製造工程がいらなくなる、
    というニュースでもあるわけです。

    つまりここから理解できるのは、
    僕が入った日新製鋼堺製造所も、
    いずれは無くなるという事なのです。

    表向きは、
    日本製鉄が呉製鉄所を閉鎖というニュース、
    なわけですが、
    実質的には、
    東証一部上場企業の、
    日鉄日新製鋼が潰れたと言える様なニュースなのです。

    なんとなく色々な闇を感じますwww
    東証一部上場企業が潰れたとなれば、
    社会的インパクトは計り知れないものがあり、
    様々な影響が出てきそうですが、
    日本製鉄が呉製鉄所を閉鎖と言うと、
    かなりインパクトが少なくなります。

    という事で、
    日鉄日新製鋼の呉製鉄所が閉鎖、
    資料では2023年頃には、
    堺製造所も含めて、
    日鉄日新製鋼系統の製造関係は、
    ほとんど閉鎖する様です。
    日本製鉄からすれば、
    営業先だけ引き継げば、
    工場の生産量が増え収益も上がって、
    合理的であるのでしょう。

    この様に僕が新卒で入社した、
    日新製鋼がほぼ潰れてしまうという事。
    僕が退職した時に言われた人事からの言葉。
    色々と思うところがあるわけですが、
    結局の所、
    自分が何かを判断する時には、
    必ず周りには反対する人間がいます。

    しかし本当の正しさというのは、
    自分自身にしかないんですね。
    今回たまたまこの様な形になった、
    その様な話をしたわけですが、
    例えば日鉄日新製鋼が、
    この様な事になっていなくても、
    私は正しい判断であったと考えています。

    僕は今回の話で言いたかった事は、
    他人の正しさを信じずに、
    自分の正しさを信じなさい、
    なぜなら、
    正しさとは自分の正しさの事だから。

    20年以上前の当時、
    まだインターネットも黎明期に、
    東証一部上場の大企業が潰れてしまう、
    そんな事は誰もなかなか考えれなかったわけです。
    しかしもうそんな時代は終わった、
    その様な実感をまさに当事者として体験し、
    特に製鉄メーカー、
    製鉄所の閉鎖というものには、
    ある意味日本における時代の、
    大きな潮目となる事は間違いなく、
    さらに日本の製造業は厳しい時代になり、
    製造業がメインの日本経済の低迷は、
    さらに加速していくのだろうと考えています。

    その上で、
    新しいテクノロジーの産業やIT分野など、
    経済の軸足を早く、
    製造業からシフトさせていかなければ、
    日本は今後衰退していく一方になるでしょう。

    美学者母
    スポンサーサイト



    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2020/02/10(月) 00:59:21|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    野球、ストリートカルチャ、大手企業サラリーマン、最先端アーティスト、それらを横断的に経験してきた私だから言えるダイバーシティ論。(社会や他者の多様性を認めるには、まず自分が多様でなければならない。)

    昨今ダイバーシティだなんだと言われていまして、
    多様である事をポジティブに考え、
    それを生かして、
    より良い方向に進んでいこう!!!
    なんてよく聞くわけです。
    しかしダイバーシティだなんだって、
    よく言っている人間ほど、
    自分自身に多様性は無くて、
    一つの世界観の中で生きていたりするわけです。

    そもそもその様な人間が、
    本質的に本当に、
    社会や他者の多様性を認めていく事が、
    可能であるとは私は思えないわけです。

    なぜなら、
    その様な人間にとってのダイバーシティ、
    つまり多様性というものは、
    あくまで観念的であり理想でしかないのです。
    そして現実は、
    一つの世界観だけを信じて、
    自分自身に対する多様性というものを、
    全く認めていないわけです。

    ですからそもそも自分自身に対して、
    多様性を認めていないわけですから、
    その様な人間が、
    本質的に社会や他人の多様性を、
    認めるわけがなく、
    それはそれらの人間にとって、
    観念的理想でしかありません。

    この様なことから理解できるのは、
    真に多様な社会や他人を認め、
    ダイバーシティを実現するには、
    まず自分自身に対する多様性を認め、
    一つの世界観だけに真理を求めず、
    多様な世界観にある自分の可能性を信じ、
    実際に実践していく事こそが、
    真にダイバーシティを実現させるのです。

    ではどの様にしてそれを可能にしていけるでしょうか。
    一つの世界観だけを信じない事です。
    それは他者を理解する事や認める事、
    それに繋がってくるわけですが、
    まずその一つの世界観という思い込みを、
    全て捨て去る事が必要です。

    それは同時に自分自身が定義される世界、
    という事にも同時に言えるのです。
    それは私たち人間は、
    かなりの強い思い込みによって、
    自分自身をある一つの「人生」という枠に、
    無意識に自分自身で自分を限定しているのです。

    ここで重要なのは、
    自分自身が自分を限定しているという事です。
    つまり逆説的に言えば、
    自分自身のあらゆる可能性は、
    自分自身によって広げる事ができるという事です。

    私は実際にこの事に18歳の時点で気づいて、
    自分自身のあらゆる可能性を否定しませんでした。
    それは私の経歴からも理解できると思います。

    参考までに私の人生の変遷を述べていきます。
    私は小さい頃から本格的に野球をしており、
    小学生の頃から岸和田リトルリーグというチームで、
    硬式野球をしていました、
    中学生では岸和田シニアリーグ、
    高校では野球留学を経験しました。
    その後野球をきっぱりと辞めて、
    大手企業に入社し、
    その後化学に興味を持ち、
    最終的には大手化学メーカーの、
    研究所で働いていました。

    大手企業で働きながらも、
    ストリートカルチャーに興味を持ち、
    グラフィティライターやスケートボード、
    そんな事もしていました。

    それらと同時並行的に、
    18歳からアート活動も始め、
    20代前半に、
    スケートボードショップで、
    初めての個展をしています。

    さらに現在では、
    狭山美学校という事業なども始め、
    インターネットを使った、
    最先端アートを展開しているというのが、
    現在までの流れです。

    もう本当に捉えどころがない経歴なのですが、
    一般社会から裏社会、
    カウンターカルチャからハイカルチャ、
    それらを実際に当事者として経験してきています。

    まさに私は自分自身の可能性を、
    全く限定しませんし、
    むしろどの様な事も可能であると信じています。

    この様に、
    社会や他人のダイバーシティや多様性を認めるという事は、
    まず自分自身の多様性や可能性を限定しない、
    その様な態度が絶対的に必要であると考えています。

    それは真理として、
    人間のあるべき姿というものを限定しない、
    もう少し言うと、
    絶対的な善というものを認めないと言う事です。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2020/02/04(火) 21:55:04|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (354)
      映画 (4)
      アート (81)
      日常 (45)
      美学 (6)
      美学・哲学 (81)
      美術作品 (4)
      美術理論 (21)
      政治 (39)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (5)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (39)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.