FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    アートはなぜ人を騙し続けるのか

    アート業界というのもこれまた複雑怪奇な業界で、
    偏に「アート」や「美術」とは言いましても、
    活動している領域や専門でこれまた全然違うわけです。

    なので、実際「美術家」や「芸術家」「作家」と、
    名乗っている当人さえもそのアウトラインが解らないという、
    なんとも「へんてこりん」な業界なんですね。

    これも偏にアートがクローズドの業界であり、
    深い深い闇のまた向こうの闇に「ブラックボックス」を抱えている。
    一番解りやすく言うとそういう事なのです。

    そしてその闇の「ブラックボックス」の中味は。。。
    単純に「騙し」なのですねwww

    今回は「アートはなぜ人を騙し続けるのか」というお題。
    それは皆様が知りたい「アートのブラックボックス」の中味です。

    「騙し」と言うと「アート業界」の方々に批判や反感を買うのでしょうが、
    これは真実なのですね、
    このことに「アート業界」の業界人すら気づいていないのが日本です。
    それに僕は「騙し」という言葉をネガティブに考えていません。
    本質的に人間の世界自体が「騙し騙され」の世界ですから。
    「ポジティブな騙し」だと最大限受け止めて下さい。

    このロジックやスキームがアートと同義の分野があります、
    それは皆さんどの分野かわかりますか???
    それは「宗教」です。
    「宗教」とは人間を定義づける為の「ポジティブな騙し」です。
    仏教で密教というのがありますが、あれはまさに「騙す」という事です。
    「密」「秘」「魔」「術」なんてのは基本的に「騙し」という意味です。
    これは古典的な文脈ではそういう原理ですが現代の使われ方とは違います。

    ここでは詳しく触れませんが「宗教」の「ポジティブな騙し」は、
    それはそれなりに「人間の原理」として必要不可欠な要素です。

    では「アート業界」における「ポジティブな騙し」とは一体何か、
    という問題です。

    これは実は欧米と日本では全く違うんですね。
    欧米人は「アートの作法」というものを十分理解しています、
    それは「知性」や「教養」も含まれますが、
    「文化的背景」というものが非常に大きな要素です。
    それに比べて日本人は「アートの作法」をまったく知らないまま、
    西洋美術が輸入され印象派=アートという間違った理解になったのです。
    ではその「アートの作法」の重要な要素とは何かというと、
    一概には言えないのですが、「宗教観」というものが大変大きい。
    これは先にも記述したように、
    「アート」と「宗教」のロジックやスキームが同義だからで、
    「宗教観」がそのまま「アート」に影響するからなんですね。
    その「宗教観」で理解しやすいものを紹介します。
    まず日本人は「宗教を信仰」する姿勢として、
    「救われるから信じる」という基本的姿勢があります。
    それは色々な場面で遭遇します、
    初詣や厄払い、受験や出産。
    まぁ簡単に言えば「困った時の神頼み」的な信仰です。

    しかし欧米の「宗教を信仰」する姿勢は違います。
    欧米は「信じるから救われる」という基本姿勢なのです。
    これは日本の「救われるから信じる」とは対極の信仰です。

    咀嚼しますと、
    日本人は「神様は絶対的に存在する」という姿勢です。
    欧米人は「神様は居るか居ないかわからない、しかし信じる者は救われる」
    という大きな違いがあります。
    これは言い換えると「権威主義」の考え方にも違いが生まれてきます。
    そして、その「権威主義」の姿勢が「アート」へと繋がります。

    僕は「権威主義」は大嫌いですが、
    「健全な権威」というものが人間の営みには必要だと考えています。
    例えば日本の「天皇陛下」は僕は一つの「健全な権威」だと考えています。

    人間には二種類の人間がいます、
    「支配する人間」と「支配される人間」です。
    先にも述べましたが「健全な権威」は人間には必要不可欠です。
    そして人間の99%以上は「支配される人間」であり、
    残りの極僅かな人間が「支配する人間」です。

    僕たちのほとんどの人間は「支配される人間」なのです、
    それをまず理解しておく事が「健全な権威」を可能にします。

    ここまで述べてきた文脈が一連の「アートのブラックボックス」、
    の大きな要素となってきます。

    これは「宗教」「政治」「芸術」などすべてに繋がる「作法」です。

    僕がここで何が言いたいのか、
    そうです「アートはなぜ人を騙し続けるのか」。
    これは「宗教」と同様に「人間に必要な原理」だからです。
    そして欧米では「アートの作法」として、
    その「ポジティブな騙し」即ちハイコンテクストを理解しています。
    そしてそこには「健全な権威」が生成され「アートが成立」しています。

    では日本ではどうでしょうか、
    ワケの解っていない「グループ」や「団体」、
    また「先生」や「権威」、
    「画商」、「キュレーター」、「コミュニティ」。

    そんな人間達が堂々と「アートは騙し」だって言いますか??
    そんな事言いませんよねwww
    そんな人間は原理的、本質的にアートを理解していません。
    変な「抽象的な言葉」とか「権威者の感想」とかで、
    まるで詐欺みたいな「権威付け」してるだけの「脳足りん」。

    それこそ「内向き」で「クローズド社会」の「偽者の権威」なのです。
    日本のアート業界のブラックボックはこれなんです、
    基本的に日本のアートの権威者はアートのロジックを理解していません。
    それなのに権威を持ってしまっていて、
    「脳足りん」だからそのロジックを説明できない。
    だから適当な事言ってごまかしているだけなんですね。
    そこに日本のアートの摩訶不思議、奇妙奇天烈、複雑怪奇という、
    間違った印象を99%以上の人々に与えているのです。

    日本で健全な「アート」を目指す上でこんなものぶっ潰すのです。

    最後にまとめとして、

    アートは「ポジティブな騙し」「健全な権威」からの「アートの成立」。
    これを大前提に「アート」を「理解」し「楽しむ」べきなのです。

    まず「アート」は「騙し事」であると深く理解して下さい。
    そこから「アート」の「理解」は始まります。
    それが「最低限」の「アートの作法」なのです。

    そして「騙される」「騙す」という事を「ポジティブ」に捉えましょう。
    だって世の中「そんなものでしょwww」。

    最後に、「宗教」も「アート」も、

    「信じる者は救われます」美学者母
    スポンサーサイト



    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2015/09/14(月) 18:20:43|
    2. 美術理論
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<日本の〈アートと政治〉の感情論の同義性 | ホーム | 最先端のデザインなんて庶民は解らなくていいんです!!!>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://machromatic.blog.fc2.com/tb.php/188-c02b8950
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (334)
      映画 (4)
      アート (81)
      日常 (41)
      美学 (6)
      美学・哲学 (71)
      美術作品 (4)
      美術理論 (19)
      政治 (39)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (4)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (39)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.