FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    ITA(インフォメーションテクノロジーアート)の概要

    先日の言説で、
    私が行っている、
    ウェブアート宣言から産まれた、
    ウェブインスタレーションなどを、
    ITA(インフォーメーションテクノロジーアート)として、
    定義し、
    そこに落とし込むことができる旨を記述したので、
    今回はその美術的構造につてい言説していければと思います。

    まず私のウェブアート宣言は2010年に宣言したもので、
    もう2016年も終わりですので、
    今から考えますと約6年前に宣言しました。

    私がこのウェブアート宣言をなぜ宣言したのか、
    というのは非常に複雑な問題ではあるのですが、
    端的に申しますと、
    インターネット黎明期からのその情報の真偽性です。

    私がインターネットを始めたのは、
    高校を卒業した1997年頃だと記憶しています。
    それこそインターネットの黎明期で、
    ヤフージャパンなども立ち上がって間もない、
    そんな頃です。

    その頃のインターネットの状況と言いますと、
    世間的にもまだまだインターネットは普及しておらず。
    インターネットに書かれていることなど、
    リアルではなくバーチャルで、
    疑いもなくそれは虚偽である。
    そういう認識が一般的でした。

    しかし私はインターネット黎明期から、
    その一般的な認識に疑問を感じていました。

    それは一般的にリアルと言われる空間も、
    インターネットに代表され、
    一般的にバーチャルという空間も、
    真偽性についてそこに差異は無いのだ。

    そのように直感的に感じたわけです。

    それはもっと端的に申しますと、
    物理空間と情報空間の差異と言い換えることが可能です。

    そんな考えを表層化したものが、
    2010年に宣言したウェブアート宣言であり、
    その造形的表現としてウェブインスタレーション、
    それを社会に提示しました。

    そして現在2016年になり、
    様々な分野でこの、
    情報空間と物理空間の真偽性というものが、
    問題になり表面化してきています。

    つまり、
    私が問題定義したものが、
    一般社会でどんどんと現実的に、
    表面化してきたわけです。

    そして現在に渡るそれらの現象を、
    「ポスト真実」(post-truth)として、
    オックスフォード英語辞書が、
    世界の今年の言葉として選びました。

    少し自分でも怖い話ですが、
    僕の考えているように世界は動いています。
    その上で6年前に、
    「ウェブアート宣言」をしたのです。

    ではその上で、
    私が掌握する世界、
    そして、
    このウェブインスタレーションや、
    ITA(インフォメーションテクノロジーアート)、
    に含まれているアイロニーやロジックを、
    少しだけ簡単に解説したいと思います。

    そして、
    最後に私なりの今を生きる提言もさせていただきます。

    まず「ウェブアート宣言」は、
    物理空間と情報空間のバインディングを提示しています。
    つまりそこには差異が無いという事です。
    しかし一般的に我々は、
    情報空間、例えばインターネットには、
    ディスプレイを介して干渉し、
    そのディスプレイの表裏において、
    物理空間との差異を確認しています。

    しかし昨今この差異が非常に縮小化し、
    インターネット黎明期以後、
    その差異が確実に減少しています。

    その上で昨今問題になっている、
    インターネット情報の真偽性の問題として、
    表面化してきています。

    ここは大きな一つのポイントで、
    「ウェブアート宣言」の大きな意図です。

    次にウェブインスタレーションという、
    造形的表層化の解説です。

    私はウェブインスタレーションとして、
    インターネットのWEBやSNSで文章を綴っています。
    なぜ造形的表層なのに、文章なのか?
    という疑問が皆様から寄せられるわけですが。
    ここにも複雑な構造が存在しています。
    この言説や文章を造形としようと、
    私が思い立ったきっかけは、
    「言文不一致」というものです。
    すなわち言い言葉と書き言葉が違う、
    それは日本語そのものが持っている特性でもあり、
    またもともと日本語が「言文不一致」だったわけです。

    そんなところから、
    言説や文章を造形として扱うアイデアを思いつきました。

    そして、
    さらにインターネットで、
    その造形としての言説や文章を扱うと、
    さらに芸術的な作用が産まれる事を発見したのです。

    それがウェブインスタレーションとしての造形です。

    なぜ言説や文章をWEBやSNSに綴る事が、
    ウェブインスタレーションなのか?

    そこについてもう少し解説しますと、
    インターネットが無かった時代の、
    言説や文章を思い出して頂くと、
    理解が容易になると思います。

    簡単にいうと、
    パブリッシング、
    すなわち、
    それまでは言説や文章を、
    他人に見せるには、
    出版という手法が一般的でした。

    簡単に言えば本や雑誌ですね。

    そしてそこには物理的なアーキテクチャ、
    すなわち本という形、
    雑誌という形、

    そういう形が伴い、
    その形を創り、

    多くの人に観てもらう為に、
    物理的な本屋や店舗に並んでいたわけです。

    その出版というプロセスには、
    大きなコストや、
    多大なる信用、
    それらが必要で。

    必然と出版というプロセスを経た、
    そういった本や雑誌は、
    アプリオリに、
    一般の人々は信用していたわけです。

    私たちは本という体裁、
    雑誌という体裁、
    そういう体裁自体に信用を持ち、
    それ以上の思考はエポケーされていたんです。

    すなわち、
    本や雑誌という信用のあるアーキテクチャの、
    一つ一つの言葉や意味を、
    疑うことが無かったわけです。

    ここで二つ目の大きなポイントで、
    本や雑誌の時代は、
    言葉の意味や、
    言葉それ自体には信用があった。
    すなわち言葉がアイコン化されていた時代です。

    そして現在、
    インターネット時代に突入し、
    インターネットも黎明期を過ぎ、
    少しづつ成熟しつつあります。
    そのインターネットは、
    出版というプロセスを経ずに、
    言説や文章をダイレクトに、
    一般の人々へ届く。
    そのような状況になっています。

    ここで、
    インターネット時代の言説や文章の変容が確認できます。
    それまでの本や雑誌という造形的体裁がなくなったのです。
    私はこれは非常に大きな革命だと考えています。

    インターネット以前は、
    その本や雑誌の体裁がある意味、
    信用の担保や価値担保になっていたのですが、
    その造形的担保が一気になくなったわけです。

    そして現在は、
    文章や言説自体が造形的担保になっている、
    それが私の考えです。

    すなわち、
    文章や言説自体のアイコン化の時代なのですね。

    それが顕著に表れているのが、
    グーグル検索での上位検索などです。

    これは明らかに、
    文章や言説を造形的に捉えている根拠となります。

    すなわちインターネット空間、
    情報空間でのパブリッシングが、
    さらに上位概念化され、
    非常に抽象度が上がったのです。

    これは当然の事でして、
    物理空間の本や雑誌、
    という所から、
    情報空間の言説や文章に、
    造形的担保が変わったのですから当然です。

    ここで大きな三つ目のポイントで、
    インターネットの時代は、
    文章や言説そのものに造形的価値や信用が産まれ、
    文章や言説そのものがアイコン化される時代です。

    すなわち、
    インターネットという情報空間で、
    文章や言説という造形、
    それらを配置している。
    または展示している。
    それが、
    ウェブインスタレーションなのです。

    ここまで、
    大きな三つのポイントを言説しました。
    この、
    2016年12月23日(金曜日)
    私の提言として、

    ITA(インフォメーションテクノロジーアート)時代、

    ITA時代の到来であると提言したいのです。
    まず物理空間と情報空間という分離は終焉を迎えます。
    なぜならば、
    物理空間も情報空間であるという原理だからです。

    そして言説や文章は、
    非常に平坦化されます。

    これは今までの既得権益の崩壊でもあります。

    言説の平坦化です。

    すなわちあらゆるものがフラットに扱われます。
    それは上下の権威と民衆や、
    左右の真実や、虚偽。

    それらがすべてバインディングされていきます。

    そして、
    すべての人々が真実を知る事になるでしょう。

    真実とはその人が真実だと思えば真実です。
    また真実と思う人が、沢山集まれば、
    さらにその真実は強固なものとなります。

    これは壮大な革命です。
    これまでは一部の知識人や権力者が、
    真実を創ってきたわけですが、

    これからは、
    真実を我々一人一人が創っていく時代です。

    最後に、
    「真実」とは創られるものなのですね。

    それを多くの民衆が気づき始めている。
    それが今まで世界を掌握してきた、
    エスタブリッシュメントの没落であり、

    「ポスト真実」時代なのではないでしょうか。

    それではこれから、

    ITA(インフォメーションテクノロジーアート)、

    ぜひ期待してくださいね!!!

    美学者母
    スポンサーサイト



    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2016/12/23(金) 15:07:05|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<感情的な社会に投げかける理性としてのアート | ホーム | ポスト真実とウェブインスタレーション>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://machromatic.blog.fc2.com/tb.php/267-6ebde610
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (334)
      映画 (4)
      アート (81)
      日常 (41)
      美学 (6)
      美学・哲学 (71)
      美術作品 (4)
      美術理論 (19)
      政治 (39)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (4)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (39)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.