FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    アートとビジネス、この二つのバランス感覚(アート系民宿創発の現場から)

    アートとビジネスというと、
    これ非常に難しい問題であり、
    両立が困難であることが自明なのですね。

    それはアートが、
    超個人的な欲動であり、
    超個人的なニーズであるわけです。
    まぁある種の自慰行為。

    そしてビジネスというのは、
    あくまで対象者がおり、
    個人的な欲動を無視する事と引き換えに、
    相手のニーズを満たす事を、
    お金と引き換えに行う。
    つまり社会的ニーズでもあるわけで、
    これは性交的で、
    特に売春に近いと言えます。

    これは理解しやすい様に、
    マスターベーションとプロスティテュート。
    極端に分断しています。
    まぁそれくらい次元が違う話なわけです。

    単純に次元が違う事を、
    一人の中で同時進行させると、
    必ず大きな矛盾が生じますので、
    なかなか続けていく事自体難しいし、
    アートとビジネスを上手くできた、
    著名な芸術家をほとんど知りません。

    しかし、
    科学者や哲学者と芸術家を同時進行で、
    成功させた芸術家というのは、
    わりとたくさんいるのではないかと思います。

    ですからビジネスというのは、
    アートとは全く違う次元のものなんです。

    その上で、
    「アートとビジネスのバランス感覚」を、
    考察していこうと思うわけですが、
    ここでいうアートとビジネスというのは、
    アーティスト本人がビジネスを手がける、
    その様な意味で話していきますので、
    どうぞご理解ください。

    まずアートのビジネスを考える上で、
    「アートの価値」を考えなくてはなりません。

    そもそも西洋美術史上、
    宗教的偶像や権威の象徴など、
    その造形自体に価値をみていた時代が、
    アートの価値として古典だと考えます。
    つまりアートそのものに価値をみていた時代です。

    その様な時代がアートにとって長く続くわけですが、
    テクノロジーの進歩とともに、
    アートそのものに価値を見出せなくなってきた、
    そして産業革命や資本主義経済が進み、
    アートの副次的価値の時代が、
    いわゆる「現代アート」なわけです。

    これはアートを「資産」として扱い、
    資本をベースにした「資産価値」として、
    アートに価値をみている時代です。

    これは簡単にいうと、
    アートを「金塊」の様に扱っています。

    これが今、
    現在取り扱われている「アートの価値」です。

    その上で今私は何を考えているのかというと、
    この「現代アート」の次の時代を考えているわけです。
    つまり「ポスト現代アート」「ポスト現代美術」。
    そしてポスト現代アート、ポスト現代美術を考える上で、
    アートの価値というものを再定義しなければなりません、
    そこで考えたのが「デリバティブアート」という概念です。

    これは金融派生などをいう「デリバティブ」から、
    ヒントを得たものです。

    つまり芸術派生を意味する「デリバティブアート」、
    という意味になります。

    これは何を意図しているかというと、
    アートの実態そのものに価値をみないという考えです。
    今までの私のアート活動の総括にもなるのですが、
    私は「宣言」をアート作品にしてきた事からも、
    私がなぜ「デリバティブアート」を展開するのか、
    その様な振る舞いも理解できると思います。

    もっと踏み込んだ話をすると、
    「アートによるアート外への影響」。
    その様なものにフォーカスする時代だと考えていて、
    私たちが展開する「狭山美学校」というものも、
    それにあたると考え運営しています。

    これはどういう事かというと、
    アートというアウトラインをとる事で、
    アートというアウトライン以外へ、
    インパクトを与えるという事なのです。

    これは例えば、
    民宿狭山美学校というコンフォートゾーンを設け、
    そこに展開しているアートを、
    無意識に体験してもらう事につながります。

    これは言ってしまえば、
    「アート」という実態を放棄する事に他なりません。

    「アートそのものまたは副次的価値を放棄する事により、
    アートによる派生的価値を見いだす」、

    その様な行為に他ならないのです。

    ここで題目の話に戻っていきますが、
    つまり従来はアートそのものとビジネスの、
    ある種の同期を考えたが、
    それは非常に困難であったわけです。

    しかし私は、
    そもそもそのアートを派生的に捉え、
    アートそのものの価値を放棄する事で、
    新たなアートの派生的価値を見出し、
    アートの派生的ビジネス展開で、
    アートとビジネスの同期を可能にしたのです。

    今後この様な考えが広がると考えていますし、
    私たちの考えが、
    アートとビジネスを考える上での、
    ロールモデルになると確信しています。

    そして遂に「デリバティブアートの時代」がくるのです。

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/04/24(火) 16:54:20|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<アートの文脈や理屈とか関係なく自由に表現したい、とか言ってホワイトキューブで展覧会とかしてるやつ、マジ救いようがないって話 | ホーム | アートコミュニティが新興宗教化する理由(反論できないグルに従うな)>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://machromatic.blog.fc2.com/tb.php/327-8fd05ed1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (255)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (28)
      美学 (5)
      美学・哲学 (51)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (25)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.