FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    日大アメフト問題。日本人全員で日大選手を許そう、そして悪しき日本の組織、日大アメフト部や日大を決して許してはならない。(失敗してもやり直せる社会の実現)

    今回の日大アメフト部の事件ですが、
    とても他人事には思えません。

    なぜなら私も、
    小学校から高校まで野球をして、
    高校へは野球留学という形で、
    他県の高校へ進学したくらい、
    本格的にスポーツに打ち込んでいたからです。

    今から20年以上も前ですが、
    当時は部内での暴力など当たり前ですし、
    監督やコーチの指示は絶対です。

    いわゆる努力根性の世界ですね。

    この努力根性論はスポーツでは顕著ですが、
    日本社会全体にも言える事です。

    いいかげん、
    日本はこの努力根性論から抜け出さなければ、
    日本というのものが、
    どうしようもない国になってしまいます。

    経済的な問題でも、
    日本人の生産性の低さ、
    この努力根性論からきているものです。

    とにかく長時間頑張った方がいい、
    とにかく我慢してやったら素晴らしい。

    この日大アメフト部の問題も、
    最初は、
    「やる気が見えない」、
    というなんとも抽象的な言いがかりで、
    問題は始まっているのです。

    本当ならば、
    どのプレーでどんな問題があったのか、
    指導者なら具体的な問題を提示し、
    それをフィードバックして、
    改善する方法を選手に教える。
    それが普通の指導者なのではないでしょうか。

    しかしそこに私情など、
    個人的な感覚や、趣味趣向がはいるから、
    「やる気が見えない」、
    なんていう抽象的な言いがかりで、
    その選手を潰そうとしてくるわけです。

    それは指導ではなく、
    ただの指導者のイジメです。

    先日選手の記者会見がありました、
    立派な会見だったと思います。
    しかし戦いはこれからでしょう。

    日大アメフト部や日大、
    そして指導者や学校幹部は、
    保身に躍起になるのは間違いないでしょう。

    私から言わせれば、
    こんな組織は解体するほかありません。

    しかしそれ以上に私は、
    今回の選手にもう一度やり直せる機会を与えるべき。
    その様に強く願うのです。

    確かに今回の事件は、
    非常に悪質で、
    もしかしたら死んでいたかもしれない。
    それぐらい危険なものです。

    しかし幸いにも、
    相手選手はそこまでの怪我ではない様です。

    私はこれは不幸中の幸いだと考えています。

    今回の事件は個人、選手の問題では無く、
    組織、指導者にあるのです。

    選手自身には、
    この失敗を未来に生かしてほしい。

    少なくとも日本の社会が、
    その様な失敗を許す社会になるべきだ、
    私は強くそう考えています。

    現在の日本の社会では、
    この様な失敗を許すという文化は、
    全くと言っていいほど無いのが現状です。

    この一人の若人を許す、
    それはこれからの日本のあり方さえも変える。
    それくらい大きな問題であると考えています。

    具体的に私の提案として、
    この問題が起きてすぐに浮かんだことがあります。

    それは関学が、
    この日大選手を関学へ移籍させることです。
    この方法は、
    この選手がやり直していく上で、
    一番最善の方法だと考えています。

    もし関学がダメでも、
    その他のアメフトの盛んな大学が、
    彼を移籍させる。
    それくらいの社会的度量があっていいのでは、
    その様に私は強く考えています。

    人間多くの失敗をします。
    特に若いうちは、
    失敗をして成長していくものです。

    今回日大選手の会見を見て、
    私は彼がこの失敗を糧に、
    成長していくだけの人間だ、
    その様に強く感じたのです。

    日大の腐った組織、腐った指導者によって、
    一人の若者の人生を無駄にしてしまうことは、
    私は絶対に許せません。

    その様な思いで今回書かせていただきました。

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/05/23(水) 12:50:26|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<理不尽なこの世の中をどう生き抜いていくか(美学者母のサバイバル術) | ホーム | アートのある場所、近代美術は美術館、現代美術は市場。量子論美術、芸術派生のある場所は・・・(次代のアートのある場所)>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://machromatic.blog.fc2.com/tb.php/332-c2a08fb0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (267)
      映画 (4)
      アート (64)
      日常 (31)
      美学 (5)
      美学・哲学 (57)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (30)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.