FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    銀行はもういらない、そしてどんどん潰れていく。(ポスト間接金融の時代へ)

    やっと夏も終わろうとしています。
    毎年夏には腹痛に悩まされております美学者母です。
    お腹が冷えるのでしょうね。。。

    さて今回は金融のお話です。
    フィンテックなどいろいろ騒がれていまして、
    仮想通貨も含めて新しい金融の時代へと、
    少しずつ変わっています。

    具体的には私たち宿泊業をしていますが、
    そもそも現金は90パーセント使用していません。
    私たちはPaypalを使って決済しており、
    基本的に現金での支払いは受け付けていませんが、

    中にはどうしても現金でという方がおりまして、
    確実に宿泊してくれるだろうというお客様には、
    イレギュラーに現金で対応しております。

    特に私たちは海外のお客様も来られるのですが、
    そんな場合でも、
    Paypalでリアルタイムに決済していただけ、
    非常に便利です。

    こうやって日常的に、
    海外からの支払いをインターネットで、
    やりとりしていると、
    まさに銀行や現金の必要性が、
    無いことにいち早く気づくわけです。

    こうやって私たち程度のレベルで、
    こういった現状になっているわけで、
    皆様もご想像が容易につくかと思いますが。

    銀行なんてものはもういらないんですね。

    銀行の大きな役割としては、
    「預金」「預金口座」だと思います。

    つまり会社員の方だと、
    給料の支払いが銀行口座なわけですから、
    銀行口座が必要になってきます。

    それってあくまで給料の支払いが、
    銀行口座に振り込まれるから、
    銀行口座が必要なだけで、
    もし会社が違う方法で給料を支払ったら、
    銀行口座は必要ありません。

    また社会はそういったことに合わせて、
    銀行口座からの支払いを前提に、
    様々なシステムが運用されています。

    しかし大元を辿れば、
    会社自体が銀行から融資を受けてたりするので、
    会社の資金の運用が銀行で回っているので、
    給料も銀行口座に支払うことが合理的だったわけです。

    これは間接金融といい、
    「お金を貸す人」と「お金を借りる人」、
    それを仲介する「銀行」から、
    会社が融資を受けるという、
    銀行が仲介するシステムです。

    つまり「預金者」は「お金を貸す人」、
    「融資を受ける会社」は「お金を借りる人」、

    このような間接金融が、
    旧来の典型的な形です。

    つまり貴方が勤める会社は、
    銀行から融資を受けていて、
    会社はその銀行に口座があり、
    そこでお金を管理しているわけですから、
    銀行口座間で送金が発生するのは、
    合理的ではあります。

    そういった事から、
    みなさんが銀行口座を持っている、
    そのような状態が創発されているわけです。

    しかしこの間接金融のビジネスモデルも、
    どんどんと淘汰されてきています。

    例えば送金という面では、
    私どもの実例を挙げましたが、
    Paypalなどの方が、
    早くて安全に送金できますし、
    海外送金なども便利です。

    その次にもっとも重要な事ですが、
    資本主義において、
    お金を集めるという行為、
    例えば「融資」的な事はというと、

    現在ではクラウドファンディングなどで、
    資金を集める方法がどんどんと生まれています。

    このクラウドファンディングも、
    いってみれば新しい金融システムです。

    そしてこの辺をもっと先鋭化したのが、
    「ONE」や「CASH」などの、
    新しいサービスです。

    例えば「ONE」だと、
    「画像」買取サービスなのですが、
    これもある意味、
    新しい金融サービスなのです。

    これらの新しいサービスは、
    新しい「直接金融」なのです。

    直接金融とは、
    簡単に言えば「株式」がそうです。
    つまり、
    「お金を貸す人」と「お金を借りる人」、
    これが直接やりとりするシステムです。

    このシステムの中には、
    銀行は必要ありません。

    つまり世界はこの方向へ進んでいます。

    そこでこれから重要になってくるのが、
    「評価」をベースにした「信用」です。

    これまで銀行が行なっていた、
    また信用調査会社が担っていたような類の事が、
    インターネット上での「評価」をベースにした、
    「信用」に基づき、
    その「直接金融」は行われるようになります。

    私が以前から「評価社会」「評価経済」の時代、
    そのような言説をしていますが、
    それは、
    「間接金融」から「直接金融」への移行、
    と同じことなんですね。

    おそらくこれからは、
    例えば、
    「フェイスブックランク」とか、
    「ツイッターランク」とか、
    その人の「評価」がランク付けされるでしょう。

    おそらく、
    「評価」が高ければ高いほど、
    様々な恩恵を受けることになってきます。

    つまり私が先日言説したもので、
    「正直者が馬鹿を見ない」社会ということは、
    このようなことをベースに言説しています。

    つまり。
    「間接金融」というのは、
    ある種仮面を被った「信用」が通じる世界でしたが、
    「直接金融」というのは、
    純粋で透明性の求められる「評価信用」の世界なのです。

    今までは銀行に一極集中し、
    銀行に信用されれば世の中を渡っていけましたが、

    これからは個人が個人を評価する世界になり、
    アメーバーの様に評価し合う世界になるのです。

    つまりこの様な背景からも、
    銀行の存在意義はなくなり、
    銀行はなくなるのです。

    そして、
    「正直者が馬鹿を見ない」社会が訪れます。

    しかしその社会は私が予想するに、
    個人の努力や積み重ねが求められ、
    今よりももっと厳しい世界になるのは、
    容易に予想できます。

    もうその時代は来ているので、
    その心づもりを持って、
    日々を生きていってください。

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/08/24(金) 19:51:32|
    2. 経済
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<宗教が信じれない時代に、宗教ではない宗教っぽいものに熱狂する人々(全ての価値はコモディティ化される) | ホーム | 純粋さが価値になる、透明性の時代。(正直者が馬鹿を見ない時代になる)>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://machromatic.blog.fc2.com/tb.php/361-7dd37ac7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (267)
      映画 (4)
      アート (64)
      日常 (31)
      美学 (5)
      美学・哲学 (57)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (30)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.