FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    ありがとう、素晴らしい、良かった。あなたが本当にもらうべき言葉。(本当に貴方を思えば私は貴方を批判するだろう)

    今日もまた、
    私の目の前を、
    「ありがとう」、
    「素晴らしい」、
    「良かった」、
    というなんの気持ちもない言葉が、
    軽快に、当たり障りなく、
    過ぎ去っていくのである。

    私はアート活動をしているので、
    例えばフェイスブックなどでは、
    芸術や文化などの情報が多く流れてくる。

    しかしそこで行われているコミュニケーションは、
    「ありがとう」、
    「素晴らしい」、
    「良かった」、
    定型文で十分な言葉で、
    埋め尽くされている。

    身内や知り合いの中で、
    当たり障りない褒め言葉をやりとりし、
    やりとりにはなんの意味もない、
    ただ単なる社交辞令を繰り返している。

    貴方にとって本当に必要な言葉とは、
    一体なんだろうか???

    この世界というのは、
    そもそもそんな甘っちょろい所なのか???

    まぁよくよく考えてみると、
    身内で当たり障りのない褒め言葉に、
    違和感を抱かない人間は、
    その程度の人間なのだろうがだ。

    常にアップグレードしようとしている人間にとって、
    賞賛の声ほど無意味なものはないのである。

    それはただ単に、
    脳の快楽物質を一時感じる位で、
    それは「気持ちいい」のかもしれないがだ。

    どの世界でもそうなのだが、
    「批判」の言葉こそ、
    常にアップグレードを試みる人間にとって、
    「意味」を持つものはない。

    「批判」され、
    「反省」し、
    それを「フィードバック」して、
    「工夫」し、
    「改善」する。

    この様なフィードバックループを繰り返し、
    アップグレードのベースとするわけです。

    日本っていうのは、
    特に芸術に対しての、
    「批判的精神」というものが無い。

    「芸術」というだけで、
    「批判」することが「タブー」になっている。

    「良い」ことだけ言って、
    「悪い」ことは言わない。

    それはアイデンティティを傷つけるから?
    むしろ芸術家にとって、
    「批判」されない方が、
    危機的な状態だと考える。

    日本では通常芸術において議論が起こらない、
    それは「批判」が無いからだ。

    むしろ世俗的に倫理観を逸脱したものには、
    異常なまでの誹謗中傷が巻き起こる。

    私は日本でも常日頃から、
    芸術に対しての議論が、
    高レベルな領域においてなされるべきであるし、
    それを促進していきたい。

    直近でもヤノベケンジの、
    《サン・チャイルド》という作品が、
    問題になったが、
    世俗的な低レベルな議論を受け入れた、
    ヤノベケンジにも疑問を感じる。

    日本人はそもそも、
    常日頃から芸術の批判的議論さえしないのに、
    少しの倫理的問題を炎上させて追放する。
    それに負けたヤノベケンジが
    芸術家として一番問題である。

    もしかすると、
    私たち日本人は、
    「批判」されることに、
    全く耐性を保持していないのかもしれない。

    それは日本人は「芸術」を、
    「芸術」と聞いただけで、
    それは「素晴らしい」のだ、
    という思い込み、
    というか「洗脳」されているからだ。

    日本人にとって、
    「芸術=神」なのかもしれない、
    「触らぬ神に祟りなし」なのだ。

    これは日本文化と言っても過言ではないが、
    「芸術」を「批判」する、あるいは「議論」する、
    ということは、
    ある意味、
    「神」を「批判」する、あるいは「議論」する、
    のと同じ様に、
    不敬なことなのである。

    少なくともアートの本場である、
    欧米では、
    アートを議論することは、
    アートにとって必須の条件でもあり、
    またそれはアートのエレメントでもある。

    しかしこの様な「批判的精神」は、
    アートに限らず、
    あらゆることに言える、
    日本人はあらゆることの「議論」をしない。

    日本人において、
    「議論を嗜む」という「文化」が無く、
    あくまで「ダメダシ」というのは、
    「格」が違う人間がするものだと、
    思い込んでいるのである。

    これはある種「民主主義」の根幹とも繋がり、
    日本においての大きな問題であると考えています。

    美学者母
    スポンサーサイト

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/09/16(日) 23:39:09|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<美術って枠組みで収まってる奴らに告ぐ(美術という名の避難場所) | ホーム | 脳を扱う人間にとって麻薬は当たり前の考察対象である。(人間にとっての麻薬の役割)>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://machromatic.blog.fc2.com/tb.php/367-4ea3e836
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (260)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (29)
      美学 (5)
      美学・哲学 (53)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (29)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.