FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    芸術の古典から現代アート、ペルソナから被り物へのアップデートの持つ意味と芸術構造(ギャラリー椿の作家、山本麻友香の作品を通して見える現代性)

    昨日は久しぶりにIKEA(イケア)、
    に行ってきたのですが、
    凄いお客さんの数で疲れました。

    IKEAのデザインは北欧デザインと言われていますが、
    基本的にはモダンデザインであり、
    色の使い方に少しだけ特徴があります。

    日本でのモダンデザインの一般的受容というのも、
    非常に遅かったわけです。
    それはもう20年以上前には、
    私などはモダンデザインの家具が欲しくて、
    そこら中を探し回っても、
    なかなか販売していなかったのです。

    大阪だと20年以上前だったら、
    オシャレな人の間で、
    ミッドセンチュリー家具が流行って、
    オシャレな服屋さんとかで、
    イームズとか売ってたり、
    そのうち堀江なんかに、
    モダンデザイン家具屋ができたり。

    そこからモダンデザインは広がりを見せて、
    色々な企業のロゴなんかが、
    モダンデザイン化されていきました、
    ユニクロのロゴがモダンデザイン化されたのも、
    大衆がモダンデザインを受容する上で、
    大きな出来事だったと思いますが、
    それに関しては、
    佐藤可士和がすごいというより、
    大衆が遅すぎるという感覚でしたwww

    私にとっては、
    IKEAのデザインが大衆に受け入れられている、
    それを見て何を思うかというと、
    私と20年以上感覚がずれている、
    というのが正直な感想です。

    昔は堀江の小さな家具屋でしか、
    売っていなかったものが、
    量販店で売られるようになった。

    そういう現象っていっぱいあって、
    スケートボード、スノーボード、
    古着、ヒップホップ。

    本当に一部の人が楽しんでいたものが、
    大衆化されて、
    大型量販店に取って代わってるわけです。

    つまり私はこの様なことから何が言いたいのか、
    というと、
    芸術又は芸術の歴史と、
    あらゆるモノのデザインというのは、
    完全に一致するわけなのですね。

    つまり私は20年以上前に、
    モダンデザインを取り入れていたし、
    自分がデザインしていた、
    フライヤーやロゴなどの、
    グラフィックデザインも、
    モダンデザインだったわけです。

    その様なモダンデザインは、
    その時点で、
    どのタイミングかわわかりませんが、
    大衆化されることが自明だったわけです。

    なぜなら、
    芸術、デザイン、文化、政治、経済というのは、
    全て同じ様な表層を表すからです。

    これは私は実践済みで、
    私は仮想通貨、暗号通貨のFXトレードで、
    少しばかり儲けましたが、
    それは表層としてのトレンドが、
    どの様な曲線を描くかわかるからです。

    これがある種の芸術分析なのです。

    その様な私の芸術分析から、
    最近特に注目すべき表層を、
    皆様に紹介したいと思います。
    それは「被り物」です。

    特にここで言う被り物は、
    顔全体を隠している「被り物」では無く、
    顔の一部が露出している「被り物」です。

    例えば、
    顔だけ見えているパンダの着ぐるみとか、
    顔だけ見えているクマの被り物とか、
    よく「驚安の殿堂ドン・キホーテ」なんかで、
    売っていますよね。

    とても可愛くて、
    それを被っている人なんかを、
    たまにオタクの街(大阪日本橋)などで見ると、
    ほっこりなってしまいます。

    しかしそれと同時に、
    現在のオタクカルチャーである、
    コスプレとの相関性を感じずにはいられないのです。

    そしてさらに深い考察を試みれば、
    それは今日本で一般的に頻繁に用いられる、
    「マスク」というものへ行き着くわけです。
    私はある種、

    「マスク」=「コスプレ」

    この様な相関性を考えるわけです。

    ではなぜ現代の民衆は、
    みんながそのコスプレをしたがるのでしょうか?
    その部分を考察する上で、
    「ペルソナ」というものを相対的に扱いたいのです。

    「ペルソナ」とは、
    「パーソナル」の語源です。

    もともとの意味は、
    演劇などで被る仮面の事を「ペルソナ」と言いますが、
    心理学などでは、
    「社会に適応した自我」という意味もあります。

    つまり「パーソナル」の意味は、
    「個人」「私的」という意味で、
    「ペルソナ」というコンテクストを有しています。

    この様に考えると、
    古典的な「ペルソナ」、
    つまり「パーソナル」というのは、
    「ペルソナ」という「仮面」を被りながらも、
    一つの「自我」を「ゲシュタルト」しています。

    しかし現代の「被り物」はどうでしょうか、
    パンダやクマの「被り物」「着ぐるみ」を、
    被りながらも、
    「ある部分」は露出しています。

    これが非常に「現代」を表すエレメントだと、
    私は考えています。

    古典的「ペルソナ」の時代は、
    「ペルソナ」という「仮面」を被りながらも、
    「意識」と「無意識」という、
    「一つの自我」に「ゲシュタルト」されていましたが、

    現代「被り物」の時代は、
    「被り物」を被りながらも、
    「内」と「外」という、
    「二つの自我」に「分裂」している、
    その様な考察を可能にしています。

    そこからどの様なことが理解できるかというと、
    古典では、
    社会的自我と個人的自我は同じであるのですが、
    現代では、
    社会的自我と個人的自我が分裂しているのです。

    これらをわかりやすく例えると、
    サラリーマンなどで例えると理解しやすいです。
    「平日の自分」と「週末の自分」、
    つまり仕事に行っている自分と、
    週末に余暇を楽しんでいる自分。

    この様に現代において、
    私たちはある種「二重の自我」を、
    アプリオリに生成しなくては、
    生きていけない時代になっているのです。

    そんな現代の表層を如実に表現している、
    純粋芸術として、
    最近私が注目しているアーティストが、
    山本麻友香さんです。

    作品の画像は掲載しませんが、
    グーグルなどで検索していただければ、
    すぐに観ることができます。

    この様に現代は、
    「二つの自我」というものを、
    生きる時代になっており、
    街を歩けば、
    マスクを着けた人が、
    当たり前に通り抜けて生きます。

    この様な二重性というものが、
    私にとって良いとか悪いとかではなく、
    私自身は「疲れる」のです。

    ですから私は、
    「仕事」も「プライベート」も分けない、
    その様なライフスタイルで、
    「一つの自我」として生きています。

    少なくとも、
    自分自身が納得するライフスタイルを生きたいですし、
    この様な言説が皆様に何かしらの、
    「気づき」を与える事ができれば幸いです。

    美学者母
    スポンサーサイト



    1. 2018/11/12(月) 20:38:53|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<eスポーツとゲーミフィケーションなどのゲームとゲーム感覚の社会的有用性。(荒野行動を始めて一ヶ月でやっとドン勝つして考えてみた) | ホーム | 中国発のアプリTikTokと、芸術家の彦坂尚嘉さんの展開する切断芸術運動の芸術構造の同義性。(今まさに芸術の民主化が進行している)>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://machromatic.blog.fc2.com/tb.php/376-7ef4a727
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (334)
      映画 (4)
      アート (81)
      日常 (41)
      美学 (6)
      美学・哲学 (71)
      美術作品 (4)
      美術理論 (19)
      政治 (39)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (4)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (39)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.