FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    言語のファインアート(美術)としての可能性(対象の独立した立脚による芸術の基底として言語表現は可能か?)

    gengo.png


    まず今回も、
    【言語のファインアート(美術)としての可能性】
    という図を最初にご覧下さい。

    その上で、
    私は言語というものを、
    ファインアート(美術)として、
    捉えることができるのだという前提で、
    この様にアーティストでありながら、
    日々言葉を紡いでいるわけです。

    私がなぜ「言語」というものが、
    ファインアート(美術)として、
    捉えることができると考える様になったのか、
    それは2010年に発表した、
    「ウェブアート宣言」に遡らなければ、
    ならないわけです。

    この宣言では、
    ウェブインスタレーションという、
    私が創り出した全く新しい概念を元に、
    インターネット上に浮遊する情報が、
    カオスさを持ち、
    ディスプレイ越しに、
    新たな秩序として表層している。
    その様な事を宣言したものです。

    それから私は、
    言語そのものに、
    芸術性を見い出し、
    言語そのものを造形として捉える様になりました。

    そしてウェブアート宣言から10年が経過し、
    そろそろもう少し踏み込んだ形で、
    一体言語がどの様に造形として理解できるのか、
    その部分を解説していきたいと思います。

    まず芸術の大前提として、
    芸術は絶対的に何かの投影であってはならない、
    これは簡単な意味での投影ではなく、
    次に話す事を体験するための前提条件として、
    その投影の不可能性は意味をなすわけです。
    それは芸術における絶対的な体験、
    すなわち「芸術体験」を体験する対象は、
    何かの投影では無く、
    それ自体による体験であるから、
    何かを投影したものである事が、
    不可能である。
    その様な上で、
    芸術は絶対的に何かの投影ではあり得ない、
    というわけです。

    すなわち、
    それ自体が私たちに、
    「芸術体験」を体験させる対象であり、
    何かの投影では無いという事です。

    まずこの様な理解の上から、
    「言語」というものが、
    「美術」になりえないのだという、
    ある種の「自明性」を考えていきたいのです。

    私たちが言語を考える上での、
    メディアというものを想像すると、
    本や雑誌、新聞というのが、
    前時代的な自明性を持っています。
    そしてそれらを書いている人たちが、
    そのメディアの向こう側に、
    必ず対象として立脚しているのです。
    それは言語を用いて表現する、
    それらの表現活動が、
    ある一定の著名人や有名人など、
    限られた人間によって行われていた、
    その事実が浮かび上がってくるわけです。

    つまりここから何が理解できるかというと、
    前時代では言語というのは、
    著名人や有名人の「像」として、
    言語は私たちのメディアに、
    表層していたことが理解できるのです。

    つまりこれは同時に、
    前時代において言語は、
    「言語」=「像」
    としての自明性を持っていたことが理解できます。

    そして先にも述べましたが、
    「芸術」とは「投影」であってはならない、
    つまり「像」ではありえないのであって、
    そこからも「言語」が「美術」として、
    成立しない事も理解できるのです。

    では私はここまで理解しているのに、
    なぜ「言語がファインアート(美術)」、
    として捉えることができると言うのでしょうか。
    それは前述の通り、
    言語が表層されるメディアによって、
    「言語がファインアート(美術)」になる、
    それを予見することになります。
    前時代での言語のメディアは紙媒体で、
    本や雑誌、新聞などごく限られた人間しか、
    言語表現を行うことができなかった。

    では現在はどうでしょうか?

    皆さんが私のこの言説を読んでいる様に、
    誰もが言語を用いて、
    言語表現を行うことが可能です。

    私は10年前に「ウェブアート宣言」を宣言し、
    ウェブインスタレーションという、
    新しい概念を定義した動機は、
    この言語というものの大きな変化に気づいた、
    からなのです。


    gengo2.png



    それが理解できるのが、
    【ディスプレイ上の言語と
    紙媒体の本や雑誌上の言語における
    像と対象の独立した立脚の違い】の図です。

    前時代における言語表現のメディアとしての、
    紙媒体は固有名の像として、
    言語が表層されていました。
    しかし現在における言語表現のメディア、
    つまりインターネット上のウェブ、
    さらに言うと、
    パソコン画面のウェブブラウザ、
    もっと言うと、
    貴方の目の前にあるディスプレイ、
    ディスプレイそのものが、
    一つのゲシュタルトとして、
    私たちの眼前に、
    言語が独立し立脚しているのです。

    この部分をもう少し深堀すると、
    このディスプレイは、
    有名人、著名人、匿名、無名、
    具体的には、
    この私の文章も、
    アメリカの大統領の言語も、
    天皇陛下の言語も、
    日本の総理大臣の言語も、
    どこの誰かわからない誰かの言語も、
    同じこのディスプレイに並列するのです。

    そしてもはや私たちは、
    誰の言語なのかということに意味を、
    持たなくなっているのです。

    それは良い意味でも悪い意味でも、
    現在表層されていますが、
    まさに私たちは、

    「像」としての「言語」ではなく、
    「言語」そのものを「対象」にしている。

    それがまさに浮き彫りになるわけです。

    そして芸術の基底を改めて考えてみましょう。
    「芸術」は絶対的に「像」ではあり得ないのです、
    その上でこの様に、
    インターネットに浮遊する「言語」は、
    「言語」そのものが「対象」になっています。

    つまり、
    「インターネット上の言語」は、
    ファインアート(美術)として可能である。
    私はその様に考えているのです。
    だからこそ、
    真贋を見抜く「美学」が必須となり、
    言語に「美が宿り」、
    ファインアート(美術)としての「言語」が、
    ついに私たちの眼の前に、

    対象の独立した立脚による芸術の基底として、
    立ち現れてくるのです。

    とここまでです。
    なかなか難解な文章になってしまった?
    出来るだけ理解してもらえる様に、
    これでも頑張りましたwww

    ということで、
    10年前に発表した、
    「ウェブアート宣言」
    「ウェブインスタレーション」
    それらの簡単な解説をしてみました!!!

    美学者母
    スポンサーサイト



    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2019/05/24(金) 20:41:39|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<実の父親が自宅で孤独死し、遺体が腐敗して運ばれた。腐敗した後の遺体の体液を一緒に掃除してくれた妻に愛を体験した。(本当に貴方の周りに愛がありますか?) | ホーム | 心理カウンセリング(心屋仁之助)とか自己啓発とか、各種セミナーでのトートロジーの悪用と洗脳の関係について(P またはPではない)>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://machromatic.blog.fc2.com/tb.php/426-241ae170
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (331)
      映画 (4)
      アート (81)
      日常 (40)
      美学 (6)
      美学・哲学 (71)
      美術作品 (4)
      美術理論 (19)
      政治 (39)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (4)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (39)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.