FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    脳を扱う人間にとって麻薬は当たり前の考察対象である。(人間にとっての麻薬の役割)

    もともと私はアングラな人間で、
    裏の社会や裏の世界というのも、
    色々観てきたわけです。

    なんとなく、
    アートや芸術、美術の活動を私がする様になり、
    もともとの私の素性を知らない人が、
    大多数になってきてるわけです。

    その上で「麻薬」というものの捉え方は、
    アングラ時代も、
    現在のアート活動している今も、
    全く変わりないわけです。

    以前にも言説していますが、
    私が若い頃、
    幼馴染はヤクザで麻薬の売人でした、
    その様な環境からも、
    色々な事が容易に想像がつくと思います。

    まぁ「麻薬」と言いましても、
    色々あるわけで、
    ソフトドラッグからハードドラッグなど。

    昔の話をすれば、
    昔は「大人のおもちゃ屋」で、
    ラッシュとかマジックマッシュルームが、
    普通に売られていました。

    それが偽物か本物かは知りませんがwww

    そんなこんなで、
    今回は「脳」や「心」「精神」を専門に、
    セミナーやカウンセリングをしている人が、
    「麻薬」の話をしないというのは、
    その人が「偽物」である「証拠」だと、
    私は言いたいわけです。

    さらにアートなどでも、
    アシッド系やトランス系など、
    芸術全般、美術、音楽、文学など、
    「麻薬」は様々なものに影響を与えています。

    「アート」は「脳」の「作用」ですから、
    これまた「アート」と「麻薬」は、
    切っても切れない関係なのです。

    また「ビジネス」や「テクノロジー」でも、
    シリコンバレーなどは、
    アメリカの西海岸のヒッピーなど、
    独特のカルチャーをベースに、
    多種多様な価値観の巣窟になり、
    その最先端の場として君臨し、
    現代でもバーニングマンなど行われています。

    この辺から何が見えてくるのかというと、
    「麻薬」というある種の、
    「通過儀礼」が人間には、
    「大きな意味」を持っているというファクトです。

    しかしあくまで「日本では違法」です。
    しかしその「絶対的体験」はファクトです。

    すなわち人間にとって、
    その「絶対的体験」は、
    「大きな意味を持つ通過儀礼」ではあるが、
    社会としては「違法」である。

    それを踏まえた上で最先端の、
    「脳」や「心」「精神」を扱うもの、
    「アート」や「芸術」「美術」を扱うもの、
    「ビジネス」や「テクノロジー」を扱うものは、
    立ち振る舞っていかなければならないわけです。

    ある種この絶対的体験のイニシエーションを、
    通過したかしていないかという事で、
    「後戻りできない自分になるのか」、
    「後戻りできる自分になるのか」、

    という人生の大きな選択となることは、
    ある一定のレベルの人間にとっては、
    自明のファクトなわけです。

    私は犯罪を助長しているわけではなく、
    あくまで「犯罪」と「ファクト」を分けて、
    皆様にお伝えしたいと、
    今回書かせていただきました。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/09/14(金) 23:08:42|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ブッキングドットコム、booking.com及びブッキングドットコムジャパンの送達受領代理人としての権限の行使に関して(主体は日本にある事の証明)

    どうもぉ〜!!!
    かなり業務連絡に近いですが、
    意味のわからない人はスルーしてくださいwww

    一ヶ月ほど前からブッキングドットコムと、
    色々揉めておるわけなのですが、
    ブッキングドットコムジャパンが、
    booking.comの本社オランダはアムステルダムの代理で、
    送達受領代理人としての権限を行使し、
    主体として判断し、
    私たちが求める補償を拒否しましたので、
    詳細を証拠として残します。

    これは何が問題かというと、
    おそらく税金の問題などで、
    booking.comは、
    本社オランダはアムステルダム以外の拠点に、
    送達受領代理人としての権限を許していません。

    ですから本来、
    私たちが契約書から求める補償に関し、
    ブッキングドットコムジャパンは、
    それに回答する権限はありません。

    しかし2018年9月13日に、
    ブッキングドットコムジャパン、
    大阪支店営業から電話があり、
    それを確認したところ、
    上席に確認するという事で、
    2018年9月14日、
    上席の方から連絡があり、
    やはり契約書に基づく補償はできないと、
    正式な回答をいただきました。

    つまり、
    ブッキングドットコムジャパンは、
    送達受領代理人としての権限を行使し、
    主体的な判断を行う組織であるのです。

    つまり最終決定ができる主体であるわけです。

    booking.comは、
    ウェブサイトで、
    本社以外は送達受領代理人としての権限の行使は、
    本社以外は行使しないと虚偽を掲載しています。

    契約書に基づく請求を、
    本社以外が主体性を持って判断し、
    私たちにそれが最終的判断であると、
    通達してきましたので、
    その事実を記録しておきます。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/09/14(金) 12:47:25|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    人間にとってのアウトラインの大切さ。(リフレーミングという能力)

    いやいやいや。。。
    台風や地震がありまして、
    夏の暑さも異常だった2018年ですが、
    個人的には年末へ向けて、
    少し腰を落ち着けることができる様になってきました。

    しかしまだまだ、
    大阪や北海道など自然災害の爪痕が残り、
    被害の後片付けなど、
    不自由をしている方もたくさんおられます。

    皆んなで協力して頑張りましょう!!!

    そして今回は、
    人間にとってのアウトラインの大切さ、
    その様な事を言説していきたいと思います。

    私はアートが専門で、
    アート活動をしているのですが、
    アートにとってアウトラインというのは、
    原理と言っていいものです。

    そしてアートにとっての原理ということは、
    他の人間の営み全般に、
    関わってくるものなのです。

    それは、
    例えば「災害が多い日本」にも関係しますし、
    数十年前から問題の「ひきこもり」にも関係します。
    「宗教」や「ビジネス」、
    「政治」や「生活」、
    これら全てに関係します。

    それはどういうことか簡単に説明すると、
    人間はアウトライン、
    つまりフレームの中を生きている。
    そういう言い方が一番理解しやすいでしょう。

    そしてそのフレームワークというのは、
    人それぞれ違うということです。

    例えばそれは思想的に言えば、
    「大きな物語」からの、
    「大きな物語の終焉」という言い方もできます。

    つまり現代というのは、
    このフレームワークの偏差が大きくなっているわけです。

    つまり「大きな物語は終焉」して、
    個人それぞれが別々の物語を生きている時代なのです。

    つまりこの辺を考えると、
    前時代的な、
    精神医学自体が通用しない時代なのです。

    それは医学とは、
    「オーダーメイド」の治療はできないわけです。

    つまり「大きな物語」を想定した、
    ある種「一般常識」を想定し、
    その「常識」から逸脱したものを、
    「病気」と診断するわけですが、
    現代ではその定量的な尺度は、
    もう崩壊しているわけです。

    つまり、
    みんなが同じ「精神」を持っている、
    その様な前提条件では、
    つまり「精神医学」では、
    計り知れないのが、
    現在の「人間」なのです。

    少し話が「医学」の方へ逸れましたが、
    つまりこの様な事は、
    先述した人間の全ての営みに言える事で、
    その現状がわかりやすい、
    「精神医学」で説明させていただきました。

    私はこの辺で本当に歯痒いわけです。
    「精神医学」というものは非常に遅れており、
    また社会は「医学」というものを「盲信」する。
    私が知る限り、
    日本の「精神医学」が機能していないのは、
    明らかな現状で、
    その様な「医学」、
    つまり「権威主義」的な、
    「精神の不理解」によって、
    社会全体に弊害を起こしています。

    例えば、
    今話題のスポーツ界での「パワハラ問題」、
    これも「権威主義」の名残であり、
    更に言えば「軍国主義」の名残であるわけです。

    私は小さい頃から高校まで「野球部」でしたので、
    スポーツ界の「暴力」というのは、
    身を以て体験しています。
    この様な「暴力」は、
    非常に「非合理的」なもので、
    全く意味のないものです。

    ここからは「精神」ではなく、
    「脳」と言いますが、
    ここまで述べてきた様な、
    様々な「脳」の問題というのは、
    大抵「リフレーミング」というもので、
    「問題解決」することが「可能」なのです。

    なぜなら「人間」は、
    「アウトライン」つまり、
    「フレーム」の中に生きているわけです。

    それは「私の知り得る概念世界」とも言えます。

    人間はその前提、
    すなわち「私の知り得る概念世界」、
    それは「私の知らない世界」も含まれますが、
    その前提を「絶対的世界」として生きるわけです。

    その「絶対的世界」というのは、
    「私が知らない世界があるのを知っている」、
    その様なことも含めた「絶対的世界」。

    普通人間はその、
    「絶対的世界」でしか生きれないと、
    「思い込んでいる」のです。

    しかし人間はその前提、
    つまり「アウトライン」、
    または「フレーム」を自由に変化させる事ができます。

    それを「リフレーミング」というわけです。

    基本的にアートは、
    このリフレーミングを自分でできないと、
    アートを理解しているとは言えないと、
    私は考えていますし、
    そもそもそれは「アートの原理」なのです。

    なかなか自分自身で、
    自分を「リフレーミング」する能力をつける、
    というのはハードルが高いですが、
    他人から「リフレーミング」してもらうというのは、
    EMDRという眼球運動を使った方法で、
    専門機関に行けば治療を受ける事ができます。

    私は以前からこのEMDRの有効性を訴えていますが、
    あまり広がっていない、
    それは副作用が強く、
    「医学界」などがこの方法を推奨していない、
    その様な側面が大きくあります。

    その他で言えば、
    認知行動療法なども、
    「リフレーミング」には有効です。

    今の「精神医学」は非常に遅れていますが、
    「医学」的に治療を受けたければ、
    探せば「専門機関」があると思います。

    私はアート活動をしていますので、
    「医学」ではなく、
    「美学」的に「リフレーミング」を希望する方は、
    私に直接相談して下さい。

    これは本当に重要なのですが、
    「アウトライン」や「フレームワーク」の、
    「リフレーミング」は、
    すごい力を持っています。

    この辺の事に興味のある方も、
    ぜひ一度美学者母にご相談ください。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/09/12(水) 19:28:10|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    狭山美学校というコンフォートゾーン(インフラとしての狭山美学校)

    2018年の台風21号の被害も大きかったのですが、
    直後に北海道の地震と日本の自然災害の多さを改めて感じ、
    また皆様の不安の解消や、
    災害復旧がいち早くできる様願っています。

    幸いに私たちは、
    それほどの被害はなかったのですが、
    近辺でも屋根が飛んだりと、
    自然災害の爪痕を残しています。

    また大阪では、
    現在でも停電が続いている所もある様です。

    ここまで直近の災害の話なのですが、
    この様な災害も、
    私たちや、
    私たちが運営している狭山美学校と、
    かなり関係している話でもあります。

    私たちは自分たちの作品の延長として、
    「狭山美学校」を立ち上げました。

    そしてプラットフォームとしての側面も、
    ある程度意識して計画しました。

    それはコミュニケーションのプラットフォームとして、
    価値観の違う人々が寄り合える場としての、
    場所の設定でした。

    しかしその様なある種私たちの想定は、
    いい意味で現在裏切られているのです。

    狭山美学校をオープンして2年以上経ちますが、
    その間にも大きな災害が何度もありましたが、
    そのたびに避難場所として、
    狭山美学校に宿泊をされる被災者の方がいます。

    今回の台風でも、
    大規模停電で避難されてこられました。

    この周辺にはほとんど宿泊施設が無いために、
    ようやく狭山美学校を見つけて、
    安堵の表情を浮かべてこられる、
    そんな被災者の方々の顔を見ていると、
    改めて私たちの存在意義を、
    強く感じるのです。

    初めはある種、
    自己表現の形としてスタートした、
    「狭山美学校」なのですが、
    最近は自然災害だけでなく、
    色々な事情で、
    「狭山美学校」をご利用いただいています。

    例えばこの様な感覚は初めてなのです。

    私はサラリーマンもしていましたし、
    アーティスト、批評、評論、
    色々なことをしてきました。

    それはある側面においては、
    全て社会貢献しているわけですが、
    その様なものとは全く違う、
    もっと人間の根本的な魂に、
    何か感じたことのない感覚を抱きます。

    ある意味独我的に創った「狭山美学校」が、
    この地域の、
    いや日本のインフラとなっている、
    その様な意味の反転が、
    私の心を大きく揺さぶっているのです。

    人間の世界とは不思議なもので、
    自分の為にと思ったことが、
    他人の大きな助けになったり、
    他人の為にと思ったことが、
    他人の大きな迷惑になったりします。

    基本的に私の人生の哲学は、
    「自分の為」に「最善を尽くす」ことです。

    私は強く思うのです。

    自分の為にできないものが、
    他人に何ができるのかと。

    私は確信していますし、
    この様に実践しています。

    偽善など必要ないのです、
    余すことなく全てのエネルギーを、
    自分の為に使い尽くすのです。

    しかしそれは、
    時に他人の大きな助けになっているのです。

    自分本位に他人の為にと思ったことは、
    大抵本当の意味で、
    他人の為になっていない事がほとんどです。

    自分の為に真剣に懸命に生きていける人こそが、
    他人の大きな助けになるのです。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/09/06(木) 18:07:40|
    2. 経済
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    宗教が信じれない時代に、宗教ではない宗教っぽいものに熱狂する人々(全ての価値はコモディティ化される)

    資本主義の原理って、
    お金持ちを観て、
    あんなお金持ちになりたいっ!!!
    っていうリビドーが、
    結局のところ資本主義のガソリンなのです。

    つまり、
    みんながみんな、
    お金持ちを羨ましく思わなくなった時点で、
    「資本主義は崩壊する」のです。

    これを体現しているのが、
    「銀行」であって、
    「銀行」というのは、
    大企業で、資本も沢山あって、
    働いている人も超一流大学卒業生ばかりで、
    という「信用」自体が「商品」なのですが、
    これが、
    ある時みんな一斉に「信用」しなくなれば、
    「銀行」は潰れるわけです。

    つまりこの様な事から何が言いたいのか、
    というと、
    「資本主義」というのは、
    「お金」に対する「信仰」から、
    成り立っているという事です。

    つまりその「信仰対象」を、
    全く疑わない、
    お金を持っている人が羨ましい、
    銀行は信用できる。

    この様な盲目的信仰こそが、
    私たちの世界、あるいは社会の原理なのです。

    私たちは近代に入り、
    「宗教」を「信仰」しなくなり、
    「資本」に「信仰」をシフトしたのです。

    「宗教」を信仰しなくなったのは、
    「知性のコモディティ化」によるものです。
    今その波が「資本」にも訪れ、
    まさに、
    「お金のコモディティ化」が進んでいます。

    例えば、
    「宗教」が圧倒的な力を持っていた時に、
    誰が「誰も」宗教を信じなくなると考えたでしょうか。

    つまり、
    「資本」にもその様な事が必ず起こります。
    かといって「お金」がなくなるわけではなく、
    現在でも「宗教」はなくなっていないのと同じで、
    意味や形を変えて残るでしょうが、
    それは社会的に重要なことではなくなるわけです。

    この様に、
    この世界には「絶対」というものはありません。
    つまり、
    「絶対治る」、
    「絶対儲かる」、
    「絶対成功する」、

    この様なものはそもそも存在しません。

    つまりどんなものでも、
    あなたが疑いを持たなくなった時点で、
    それは「信仰」となるわけです。

    ではなぜ「信仰」は起こるのか、
    というと、
    それは人間の弱さでもあり、
    人間の本質でもあります。

    そして人間は何かしらの「信仰」によって、
    支えられ生きているわけです。

    私は「信仰」が全て悪いとは思いません、
    むしろ「己の信仰」を自分自身で認知し、
    それを「反省」できる。
    その様な振る舞いができるのであれば、
    「信仰」とは人間にとって、
    よりよく生きていくためのエレメントとなります。

    しかし世間を見渡してみますと、
    「盲目的信仰」に「熱狂」している、
    その様な方々を散見します。

    つまり「宗教」ではない、
    「宗教っぽい」もので、
    自分では気づけないんですね。

    それってあからさまに、
    「新興宗教」「セミナー」「MLM」、
    そんなのでなくても、
    「会社」「趣味」「政治」「アート」「友達」「家族」、
    そんな普通の人々の生活に、
    実はたくさんの「信仰」があります。

    もっと簡単に言えば、
    「身近な強い思い込み」、
    これってなかなか抜け出せないわけです。

    じゃどうやってそういった、
    「信仰」から抜け出せばいいのか、
    それは簡単なことで、
    そこから「離脱」することです。

    しかし、
    それはその人にとって、
    「信仰」の対象ですから、
    そこから「離脱」することは、
    「死」と同じ様な恐怖を感じるわけで、
    なかなか難しいのです。

    それはオウム信者が、
    麻原に洗脳されていたのと同じで、

    自分の思い込みから、
    自分を引き離す、
    その様な行為は、
    「脱洗脳」と同じです。

    あなた自身、
    またはあなたの周りで、
    何か最近様子がおかしい人はいませんか?

    そんな人に一番必要な事は、
    その人自身が自ら気づく事です。

    そんな事で悩んでいる方がいらっしゃれば、
    ご相談ください。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/09/03(月) 19:00:49|
    2. 経済
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    前のページ 次のページ

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (263)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (30)
      美学 (5)
      美学・哲学 (55)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (29)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.