FC2ブログ

    machromatic

    machromatic (マクロマティック) 美学者母のブログ

    アーティスト、芸術家、美術家だから馬鹿でいいって誰が決めた?

    「アーティストは馬鹿だ!!!」
    これを感じたのは、
    私が現代アートを始めた頃、
    今から20年以上前の事だ。

    その頃から考えると、
    今は少しだけ、
    「アーティストのあり方」は、
    変わってきたのかもしれない。

    しかしそれから、
    様々なアーティストと直接的間接的に、
    話やその人の思考を聞いてみても、
    頭のいいアーティストに出会った事がない。

    少し頭のいいアーティストはいるが、
    本当に数える程度で、
    99パーセントは「アホ」だ。

    「アート業界」で、
    何か気の利いた話をするのは、
    「批評家」や「評論家」で、
    それらは「気の利いた」言説をするのであって、
    これまた「頭がいい」わけではない、
    それなりに学歴があるので、
    アーティストよりは、
    少しはマシな様に社会では認知されている。

    どちらにしろ、
    「頭がわるい」のである。

    アーティストだから、
    アート作品だけ創ってるアホ。
    アートの批評家、評論家だから、
    アートの批評、評論だけしているアホ。

    これはアートに限った話ではないのだが、
    そもそも歴史的にカテゴリされた領域だけ、
    それだけを馬鹿みたいにやってるのはアホなのだ。

    私が「頭がいい」と言っているのは、
    そのカテゴリーをブレイクスルーする力だ。
    私はこのことを「頭がいい」と言っている。

    つまりこのカテゴリーの壁こそが、
    養老孟司の「バカの壁」そのものである。

    私はアート活動をしているわけだが、
    既存のアートから文脈的に考えれば、
    私がアーティストと名乗っている事自体、
    「おかしな話」なのである。

    なぜならインターネットで文章を書く、
    その様な一般的にはアートとみなされない事、
    それをアートだと言ってるわけで、
    まぁただの理解できない対象にすぎない、
    もっというと、
    私という存在すら見えていない、
    つまりスコトーマの状態である。

    その人にとってみれば、
    印象派やキュビズムがアートで、
    抽象画やポップアートがアートである。

    しかしそれはアートのクラシックなのであって、
    アートそのものは、
    カテゴリーをブレイクスルーしていく事こそ、
    アートなのだと考えている。

    つまりアートとは、
    「アートではあってはならない」のである。

    同時代的にアートが評価される、
    これこそが私から言わせれば異常である。

    ある意味、
    「アートのまがい物」である。

    すなわち、
    現代美術、現代アートの時代というのは、
    その「アートのまがい物」すらも、
    アートに取り込もうとする運動であり、
    現在はアートのまがい物の時代なのである。

    一人のアーティストとして、
    この現状を考えるに、
    現在アーティストは、
    色々な意味で「消費の対象」でしか、
    ないのである。

    この様な状態は、
    アーティストが馬鹿でアホだから、
    資本や経済に完全に取り込まれた末である。

    結局アートも「資本」に媚びてしまったのだ。

    これからのアーティストは、
    もっと知性的でなければならない、
    つまり「頭のいい」人間でなければ、
    カテゴリを逸脱する事が不可能な時代なのだ。

    それは既存のカテゴリに埋没する事が、
    馬鹿でアホであると気づく事が必要である。

    例えば「お金」一つとってみても、
    近いうちに「お金」の概念は変わる。
    つまり「価値」という概念が変わる。
    すれば「社会」という概念が変わる。

    「お金」というカテゴリーをとっても、
    私たちはそのカテゴリに埋没し、
    決して「お金」の「価値」を疑わない。

    だからこそ「現代美術」「現代アート」は成立する。
    こんな簡単なレトリックさえ、
    実際作品を創っているアーティストは、
    理解していないのである。

    つまり私たちアーティストは、
    まず世界を知らなければならないし、
    その世界に無数に存在する、
    あらゆるカテゴリーを知らなければならない。
    そしてそのカテゴリーの壁は、
    常に更新されていて、
    破壊と再生を繰り返し、
    ある種のアポトーシスとして、
    「動的平衡」として、
    私たちは刹那を体験しているのである。

    つまりアーティストは、
    科学、経済、宗教、政治、哲学、経営等。
    あらゆる幅広い知識を有しなければならないし、
    自らそのカテゴリーを体験しなければならない。

    その上でやっとブレイクスルーを起こせるのである。

    なぜなら現在の世界は、
    非常に複雑で、
    非常に抽象度の低い世界なのであるから、
    クラシックが産まれた時代、
    つまり抽象度が高かった時代とは、
    私たちアーティストのスタンスも、
    全く変わっているのである。

    特に現在においても、
    芸大美大でクラシックな芸術や美術を学ぶ、
    それはただ単なる時間の無駄なのである。

    若い人にはそれに早く気づいて欲しいし、
    私はその様な知性を育む場として、
    狭山美学校という私塾を創った。

    私のこの言説を読解できるレベルの知性は、
    最低限必要とするが、
    志高い若人を歓迎する。

    狭山美学校
    https://www.machromatic.biz

    美学者母
    1. 2018/08/06(月) 00:05:12|
    2. アート
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    敢えてこの宿へ泊まりたいと思う宿。(民宿狭山美学校が目指すもの)

    皆さまどもっ!!!
    今年の夏は異常な暑さですが、
    私たちが運営している民宿狭山美学校は二年目になり、
    リピートしてくれるお客様が非常に多く、
    宿屋という業態で、
    二年目でこれだけ多くのお客様に、
    リピートしていただけているのは、
    私たち狭山美学校の誇りになっています。

    宿屋というのも、
    普通の人なら年に何回かしか使わない、
    そんな人も多い中、
    わざわざ大阪の中心地に用事があっても、
    大阪中心地から遠い、
    狭山美学校でご宿泊いただく、
    そんなお客様が多くて、
    本当に嬉しく思っています。

    私たちは、
    大阪狭山市という、
    大阪でも不便な場所に立地しており、
    周りに特に観光地があるわけでもなく、
    温泉があるわけでもありません。

    そんな中で私たちは、
    アートという美的体験を用意し、
    狭山美学校でしか体験できない、
    そんなアートと宿をクロスオーバーさせた、
    宿を運営しております。

    やはり皆様も宿を探すときに、
    立地とか料金とか、
    その様なことで探されて、
    敢えてこの宿に泊まりたい、
    そう考えて宿を選ぶことは、
    あまりないのではないかと思います。

    私たちは、
    狭山美学校の立ち上げ当初から、
    「敢えてこの宿へ泊まりたいと思う宿。」
    を目指しています。

    観光資源や温泉など無いわけですから、
    私たち「狭山美学校」自体が、
    「観光資源」になる。
    それ以上に、
    「狭山美学校」へ泊まることが、
    「目的」になる。

    究極的には、
    「この宿に泊まる事が目的」、
    そんな旅を皆様に提案しています。

    その上で、
    私は美学者として美術家として、
    「美学者母」、そして相方「哲学者大和」の、
    二人のアート作品として、
    こだわりぬいた「作品としての宿」を、
    皆様に体験していただける様、
    日々精進しております。

    宿屋にとって最高の体験は、
    一度来て頂いたお客様が、
    二度目、三度目と、
    またお客様の顔を観れる事以上に、
    幸せな体験はありません。

    また、
    まだご宿泊された事がない方には、
    お近くにお出での際は、
    是非一度狭山美学校へご宿泊おまちしております。

    https://machromatic.biz

    美学者母

    テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

    1. 2018/08/03(金) 19:06:23|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    若い頃に怖いものなんて何一つなかった。大人になって色んなものが怖く思えた、でもその怖いものを全てぶっ殺すんだと決めた。

    あつはなつい美学者母です。
    先日エルサルバドルという中米の国から、
    狭山美学校にゲストが宿泊していただき、
    約一週間くらい連泊していただいたのですが、
    あまりコミュニケーションをとることができず、
    少し残念でした。 

    しかし狭山美学校という場で、
    世界中の人々と交流できることは、
    私にとって宝となっております。

    まぁそんなこんなで、
    狭山美学校も運営しながら、
    狭山美学校のブラッシュアップや、
    新規事業、野望、展望、
    毎日いろんな事を考え模索してるのです。

    そんな日常を過ごす中にも、
    私自身の美学というもの、
    決してぶれない芯のようなものがあります。

    若い頃というのは、
    なんというか無知をベースにした、
    全知全能感というものを持っていました。

    どこから沸き起こってくるのかわからない、
    とめどない自信、不死身感。

    そしてそんなメンタルですから、
    とにかくなんでも無茶苦茶な事をします。
    暴力、犯罪、その他色々www、
    実際私は三回死にかけています。

    死ぬことも全く怖くなかったのです。

    そうなるとある意味無敵です。

    そんな若い頃を過ごして、
    死なずにこうして文章を書いている。
    それこそが私にとっては奇跡です。

    今から思えば、
    よく死ななかった?
    殺されなかった?
    と思うわけですwww

    しかし大人になると、
    若い頃と違って、
    色々なものを知って、
    色々な事が観えてくるわけです。

    もう無知で不死身な自分では、
    本当に死んでしまう、
    殺されてしまう、
    その様な状態を理性的に知る。

    大人になるとそうなって、
    ある意味あらゆる事が怖くなってきます。

    しかし私がある種若い時に持っていた思想、
    それはヴァンダリズムだったので、
    その私の美学を曲げたくはなかったのです。

    そこから私はいろんな事を学ぶ事にしました。
    私は正当に破壊していく方法を考えたのです。
    それは教養や知性を高める事です。

    この大人の世界で、
    全てをぶっ壊していこうと思えば、
    それなりの教養や知性がなければ、
    自分が殺されるだけです。

    私が教養や知性を高めているのは、
    若い頃と同じ様に、
    全てをぶっ壊していきたい、
    ただそれだけの欲望です。

    若い時に私は周りから、
    「あいつはイカレテル」と、
    よく言われていましたが、

    私は大人になっても、
    そこは変われない所であり、
    この生き方は私の美学なのです。

    大人には大人のバトルの仕方があるし、
    大人には大人のサバイヴの仕方がある。

    私の中で、
    ヴァンダリズムというのは、
    私が私である為の美学なのです。

    私の事をただ過激な人間だという人は、
    多くいますが、
    もう一歩踏み込んで、
    私がなぜ過激なのかという事を、
    少し考えていただければ、
    さらに美学者母を楽しんでいただけるでしょうwww

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/07/27(金) 17:03:47|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    絶対的体験、つまり悟りや空、縁起の体験をせずに心や意識を議論しているのは、童貞が人生を語る様に無意味である。

    「意識」とはなんだろうか?
    「心」とはなんだろうか?

    それはすべての人が語れ、
    そしてすべての人が理解でき、
    そしてそれは記述できるものなのだろうか?

    はて?
    科学や哲学は世界の全てを記述できるのだろうか?

    私たち人間は身をもって知っているはずで、
    科学や哲学では記述不可能なものがあると。
    私たちが日々過ごしているこの日常さえ、
    私たちが日々体験しているこの日常を、
    記述することさえできない。

    体験とは絶対的に再現不可能かつ記述不可能である。

    つまりそれは刹那的体験である。

    その絶対的体験、刹那的体験。
    「全体が私であり、私が全体である。」
    ある種その様な体験、
    しかし体験を記述した時点で、
    それはもう体験ではなくなる。

    釈迦は何を悟ったのだろうか?
    「空」や「縁起」とは一体なんなのか?

    私は20歳で悟りました。

    釈迦は教えを説いているのではないのです。
    曼荼羅やお経は、
    悟りの概念化なのです。

    ですから、
    そもそも「意識」というものは、
    記述不可能なものです。
    なぜなら「意識」とは体験です。

    それを概念化する、
    イメージや言語化する、
    それを可能だとすることは、
    人間としての未熟さです。

    まずそういったことを、
    大きな顔をしていっている人は、
    「悟り」や「縁起」「空」、
    その様な、
    「絶対的体験」を、
    そもそも体験していないのです。

    私は以前から言説していますが、
    例えば私が考え言説する「心」や「意識」、
    それらは仏教的に言えば、
    「曼荼羅」や「お経」です。

    そもそも、
    「悟り」や「縁起」、「空」、
    それらの体験をしていない人間が、
    「心」や「意識」について、
    いくら議論しても、
    私から観れば無意味なのです。

    この様な話は、
    「非科学的」とか「オカルト」と、
    一見見られがちですが、
    それは絶対的な間違いです。

    なぜなら、
    あなたは「今」を体験している。
    それは誰も疑いようのない「真理」です。

    余談な話をすれば、
    大抵最先端の哲学や科学は、
    LSDなどドラッグに支えられています。
    それは手っ取り早い、
    「絶対的体験」を、
    体験させてくれるからです。

    この様な事は、
    なかなか表立って話は出てきませんwww

    理由は明らかですが、
    「絶対的体験」をしている人間と、
    「絶対的体験」をしていない人間で、
    次元が違うのです。

    「絶対的体験」をしていない人間が、
    いくら「心」や「意識」を議論したり、
    それを考察、研究しても、

    それは「絶対的」に、
    到達しえない領域があるわけです。

    美学者母
    1. 2018/07/20(金) 18:31:49|
    2. 美学・哲学
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    現代の人工知能議論が不毛すぎる理由(有機性と無機性を統一的に思考するべき)

    私は人工知能などの見解として、
    Love Singularity、
    情報一元論、
    以上の様なもので回答していますが、
    最近見る人工知能の議論が、
    不毛過ぎて、
    こいつら馬鹿ちゃうかと、
    思ってしまうのです。

    そもそも人工知能の議論をしている人たちは、
    そもそも人工知能をどうしたいのか?

    そもそも人間を超えるということも、
    色々な意味がある。
    というか、
    あらゆる部分でテクノロジーは、
    もうすでに人間を超えているわけです。

    ではそもそも人間を超えるテクノロジー、
    その様な議論をしたいのか?

    そんなものは産業革命以後、
    人間はテクノロジーと折り合いをつけ、
    現代の様に共存してきたわけです。

    では人間のコピーを創りたいのか?
    テクノロジーで人間のコピーを創る、
    それはもうすでにできることです。
    クローン人間を創ろうと思えば、
    創れる世界なのです。
    しかしそれは倫理的に、
    許されてはいません。

    そしてここで考えるべき点は、
    有機性と無機性の問題です。
    有機性とは、
    医学や生理学など。
    無機性は、
    機械やコンピューターなど。

    そもそもこの、
    有機性と無機性を分けて考えるから、
    不毛な議論になるのです。

    これを情報という統一した場で捉え、
    有機性と無機性の壁をなくせばいいのです。

    そう考えると、
    そもそも機械やコンピューターという、
    テクノロジーの延長線上の、
    「人工知能」で、
    人間のコピーあるいは同様のものを、
    創る、創りたい、創ってしまう、
    その様のことが、
    そもそも医学や生理学では、
    すでにできてしまうのであるから、
    不毛な議論であることが理解できる。

    私が考える未来は、
    極端に表現すれば、
    ロボットの体に脳が載っている、
    であるとか、
    人間の体にコンピューターという知性が、
    載っている。

    その様に人間というものと、
    ある種機械やコンピューターというものが、
    融合しているというのが、
    私の考えている未来です。

    さらに、
    人間は機械やコンピューターとの融合で、
    人間そのものの能力が拡張されていく、
    その様に考えています。

    つまり、
    無機性である、
    機械やコンピューターだけが、
    能力や知性を爆発的に拡張し、
    人間の存在を脅かすというのは、
    非常に幼稚な議論です。

    人間はそれらの拡張した能力を、
    人間の能力の拡張として、
    私たち人間そのものを、
    アップデートしていくのです。

    どうも人工知能議論の不毛さに、
    最近嫌気がさしているのですが、
    もっと根源的に考えると、
    人工知能の議論をしている人間が、
    男性ばかりなのに気がつきます。

    「女性」は「存在としてのファルス」として、
    「人間」を産むことができます。
    これは「人間の創造」です。

    つまり「男性」は、
    「部分としてのファルス」として、
    「人間」を産むという事の、
    「絶対的な欠損」を、
    ある種、
    「人工知能」というもの、
    「擬似的人間」で補おう、
    その様な光景に私は観えるのです。

    それは、
    「人工知能」の議論に、
    女性を今まで見た事のない経験から、
    私が考えている事です。

    この第三次人工知能ブームが、
    不毛なもので終わらないことを願うばかりです。

    美学者母

    テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

    1. 2018/07/18(水) 18:38:38|
    2. mama (美学者母) ブログ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    前のページ 次のページ

    Profile

    FC2USER590191GYW

    Author:FC2USER590191GYW
    mama Artist Promotion Video
    http://www.youtube.com/watch?v=mR12s6MhMS8



    美術家 「mama」 Official WebSite
    http://www.mamalab.info





    facebook
    http://facebook.com/machromatic






    COMPOSITE ART COMPANY "machromatic"
    マクロマティックは大阪・岸和田に拠点を置く総合芸術企業です

    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会



    マクロマティック心理芸術療法研究所
    http://www.artstherapy.biz/







    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    本日、2010年5月9日。
    インターネットという虚像と実像が共存する場。
    虚像と実像が表裏一体であり、媒介する。
    その媒介した場所が空虚である。
    インターネット上のウェブはまさに空虚である。
    その空虚であるウェブで。
    己が己である事を確認し。
    ウェブインスタレーションと定義する。

    http://www.machromatic.net

            現代美術作家 田中智和
                   (mama)






    Macromatic is an composite art enterprise in Kishiwada city, Osaka area.



    "Web art declaration"

    Today, May9th,2010
    Place where the internet exists together between virtual image and real image.
    The virtual image and the real image are consistencies, and it mediates.
    The mediated place is empty.
    The web on the Internet is exactly empty.
    With the empty web.
    The thing whose yourself is yourself is confirmed.
    It is defined as the web installation.

    http://www.machromatic.net

    Artist Tomokazu Tanaka (aka.mama)
















    マクロマティック
    http://www.machromatic.net

    SELECT ART SHOP マクロマティック
    http://machromatic.shop-pro.jp/

    美学者母ブログ
    http://www.aesthetics.jp/

    machromaticメールマガジン登録
    http://www.mag2.com/m/0001288712.html

    ショップメールマガジン登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01073629

    Twitter
    http://twitter.com/machromatic

    skype名 machromatic




    office
    〒596-0021
    大阪府岸和田市松風町25-18
    美術商 第622122106978号 大阪府公安委員会
    TEL/FAX 072-447-4066
    MAIL office@machromatic.net





    【本名】田中智和 (mama、母)
    現代美術作家・アートディレクター
    (専門分野)
    ストリートアート・ストリートカルチャー

    日本会議 正会員

    One JAPAN project 代表
    http://www.onejapan.jp

    Art×Street(日本アート×ストリート協会)
    http://artxstreet.com



    【略歴】

    ※1978年
    ・大阪府岸和田市に生まれる

    ※1994年 
    ・鳥取県へ移住

    ※1996年 
    ・スケートボードをはじめる

    ※1997年 
    ・大阪に帰ってくる
    ・アーティスト活動開始

    ※1998年 
    ・グラフィティライターとしてストリートで活動開始

    ※2002年6月 
    ・大阪のスケートボードショップOVAL NETWORKで個展

    ※2002年7月 
    ・大阪の古着屋MAX FIELDで個展

    ※2002年8月 
    ・村上 隆が主催するアートイベント 「GEISAI-2」(東京)に参加

    ※2003年7月 
    ・大阪のclub NEOのクラブイベント「NEO SUMMER FESTIVAL」に参加

    ※2004年6月 
    ・大阪・岸和田の岸和田中央会館ギャラリーで個展
            mama Art Show 2004 「春 風 花」

    ※2005年5月 
    ・大阪・岸和田の町家 光輪庵で二人展
       machromatic Art Show 2005 「こころ、であう。」

    ※2005年12月 
    ・大阪府公園協会・泉佐野市公園緑化協会主催
    「Twinkle Park in Rinku 2005」でアートパフォーマンス

    ※2006年4月 
    ・「第3回 ART BASE NULL 作家交流展」(泉佐野 新井邸)に参加
       後援 大阪府、大阪府教育委員会など。
    ・遊び心創作家として活動開始

    ※2006年9月 
    ・主催 文化庁 共催 田尻町教育委員会
     「こどもアート体験 北欧~日本展」参加

    ※2006年11月
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    2007年4月
    ・東京・下北沢のclub WEDGのアートイベント参加
      1seam「New Born Babys☆」

    ※2007年5月 
    ・第4回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2007年10月 
    ・食の専門学校レコール・バンタン臨時講師(大阪市)
     展覧会「食とアートのコラボレーション」プロデュース

    ※2007年12月 
    ・Joint Art Battle -JAB-(富山)参加

    ※2008年5月 
    ・第5回 ART BASE NULL 作家交流展(泉南市 山田家)に参加
      後援 大阪府、大阪府教育委員会など。

    ※2008年6月
    大阪・大阪市中央区「ぎゃらり かのこ」で個展
      mama exhibition「アートバイブレーション」

    ※2009年11月
    東京・有楽町でのアートフェア
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」参加

    ※2010年5月
    『ウェブアート宣言』(Web art declaration)

    ※2010年6月
    雑誌「プライベートアイズ」の特集へ参加
    きこえをアートする デコレーション補聴器の作品提供





    ■■ machromaticホームページ ■■

    PC用  http://www.machromatic.net

    Latest journals

    Latest comments

    Latest trackbacks

    Monthly archive

    Category

    mama (美学者母) ブログ (255)
      映画 (4)
      アート (63)
      日常 (28)
      美学 (5)
      美学・哲学 (51)
      美術作品 (3)
      美術理論 (18)
      政治 (30)
      デザイン (4)
      セックス (0)
      オリンピック (0)
    愛犬武蔵 (1)
    ヒップホップ (3)
    映像 (2)
    ワールドカップ (0)
    経済 (25)
    スポーツ (1)
    福島原発 (1)
    高校野球 (1)
    だんじり祭 (4)
    在日問題 (0)
    インターネット (3)
    宗教 (1)
    ファッション (1)
    展覧会 (1)
    音楽 (1)
    オムニアート (1)

    Search form

    Display RSS link.

    Link

    add link

    Friend request form

    Want to be friends with this user.